お墓参りの常識とマナー

お墓参りの常識とマナー

お墓参りの時期

お墓参りは祖先や故人と家族や親族とを繋ぐ、神秘的で特別な習慣です。お墓参りのマナーは宗教やそのご家庭の好みや風習によって様々です。一般的には、亡くなった人々を弔い、供養したり弔意を伝えるために行われるものですが、生きている人々にとっても、お墓参りは亡くなった人たちに感謝を伝えたり近況報告をしたり心の整理ができる習慣として生活や文化の一部として深く根付いています。お墓参りはいつでもできるのが基本ですが、一般的には祥月命日、月命日、法事、年の暮れ、お正月、お盆、お彼岸、など、亡くなられた日に関連してのタイミングと季節や行事など年間のけじめの時期にお参りされることが多く、その時々のマナーもそれぞれあります。

一周忌以降の亡くなった日と同月同日の祥月命日には、法要や法事が執り行われ、お墓参りへ、毎月の亡くなった日と同日の月命日には自宅での法要が執り行われるのが一般的とされています。お盆はもともと、年に1度亡くなった人の魂が戻って来るという日本各地に根付いている信仰的な文化に基づいたもので、地方によっていろいろな行事が行われる期間です。その時期はところどころで違いますが、7月や8月にお盆の行事をし、お墓参りをする地域が多いです。

お盆のお墓参りには地域によってお供えされる物品も様々なので、その地域の風習に合った内容のお供え物でマナー良くお墓参りすることが求められます。お彼岸は春分の日を前後3日間に挟んだ7日間の春のお彼岸、秋分の日を前後3日間に挟んだ7日間の秋のお彼岸と年に2回あり、一般的にはお寺などで法座が執り行われ、読経や法話を聞いたりしてお墓参りが行われます。

お墓参りの必需品

お墓参りに行くときにマナーとして必要となってくるものは、掃除するための道具とお参りするために必要な道具です。備え付けの掃除道具がある墓園や霊園もありますが、持参する場合に必要となってくる掃除道具として、目的のお墓やその周辺を掃除するために、ほうき、ごみ袋、雑巾やたわしまたはスポンジや歯ブラシなどがあります。

お墓周辺の掃除には、雑草を除去しなくてはならない場合もあるので、そういったお墓へお参りに行かれる場合は、軍手や小型のスコップや草刈りガマがあると便利です。墓石の素材によって表面が傷つきやすいものもあるので、金属製のたわしや掃除道具はなるべく使わないようにしましょう。掃除やお供えで出た際のゴミや不用品は全て持ち帰るのがマナーです。墓園や霊園によっては、ごみを捨てられる場所やバケツと柄杓などが備え付けられているところもあります。

お墓参りに必要なお供え物としては、宗教や地域の風習によって様々ですが、お線香をあげたり、白いお花を供えたり、榊やお神酒などをお供えしますが、亡くなった人が好きだったものや、食べ物や飲み物、季節の果物など、特に決まったマナーはないので、心を込めて故人にお供えするといいでしょう。お供え物は必ず掃除が終わってからお供えするのがマナーです。食べ物や果物などのお供え物は、白い紙を下に敷いて供え、缶や瓶などの飲み物も墓石に跡がつかないよう敷物をして備えましょう。お花は倒れにくくなるようハサミで切り、短くして供えましょう。食べ物のお供え物はお参りした後は必ず持ち帰るようにしましょう。

お墓参りのマナー

お墓参りのマナーはその地域や風習によって様々ですが、一般的なマナーは一般常識として身につけておきたい知識であると言えます。手順を理解、把握しておくのはもちろんのことながら、目的のお墓だけでなくその周りに対する配慮、お墓周りの掃除やお供え物をする際の後始末などにもしっかりと心配りをして、マナー良くお参りできるように心掛ける必要があります。

そのマナーの一つとして服装があります。お墓参りでの服装として一般的なのが、普段着でも黒やグレー、ベージュなど落ち着いている色の服装ですが、納骨や初盆などの儀式の伴われる場合は喪服、礼服、準礼服などの正装が主流となっています。基本的に、日常的なお墓参りに行く際の決まった服装はありませんが、お墓とは神聖であり様々な感情のあるセンシティブな場所でもあり、墓園や霊園には他にもお参りに来られている方々もいらっしゃるので、TPOに合わせた服装でお参りするのがマナーです。

お参りの時間や時期に関しては、これと言って指定されている時間帯はありませんが、午前中や昼過ぎから夕方にお参りに行くケースが多く、どの地域もだいたいがこの時間帯でお墓参りをしているようです。地域や風習、ご家庭によっては仏滅はお参りにはそぐわないとされるところもありますが、カレンダーでよく見る仏滅や友引、大安、先勝、先負、赤口などの六曜を気にされていない宗教も多くあり、ご自分やご家族の気の向くまま、ご都合の合う日程で行くのも、お墓参りのマナーとしては全く何の問題もありません。

関連キーワード

関連記事