町田市の霊園

  • 合掌の郷 町田小野路霊園

    合掌の郷 町田小野路霊園
    受付中宗教自由
    所在地町田市小野路町
    管理事務所042-737-1515
    最寄駅聖蹟桜ヶ丘駅or永山駅
    P
    190台収容の大型駐車場
    墓域内バリアフリー
    ペット共葬区画有り
    休憩所完備
    緑地付区画有り
    大・小ホールあり
    法事・法要

    多摩丘陵の自然と調和した美しい環境。町田・多摩を代表する大型霊園。葬儀・墓地・法要をサポートする安心の総合力。

    詳細はこちら
    footer
  • 梅花の郷 光明浄苑

    梅花の郷 光明浄苑
    受付中宗教自由
    所在地町田市高ヶ坂
    管理事務所042-721-8101
    最寄駅町田駅
    P
    駐車場:70台
    全区画段差がないバリアフリー
    休憩所完備
    会館併設
    永代供養墓「やすらぎの苑」
    法事・法要

    町田駅から唯一徒歩圏内の霊園。 園内はバリアフリーで段差や階段もなく安心。 町田市・相模原市の方を中心にたくさんのご縁を頂いております。

    詳細はこちら
    footer
  • 梅花の郷墓苑

    梅花の郷墓苑
    受付中寺院墓地
    所在地町田市高ヶ坂
    管理事務所042-721-8101
    最寄駅町田駅
    P
    駐車場:70台
    休憩所完備
    総合斎場「瑞祥閣」
    永代供養墓「やすらぎの苑」
    法事・法要

    町田駅から徒歩圏内の好立地。 閑静な住宅街に佇む、町田市内の墓地です。 初春には可憐な梅花がお参りする方を優しく迎えてくれます。

    詳細はこちら
    footer

アイコンの説明

各霊園のアイコンにカーソルを合わせると詳細説明文が表示されます。
  • 駐車場完備
  • バリアフリー
  • ペット可
  • 休憩所
  • 緑地付区画
  • 催事ホール
  • 永代供養墓
  • 法事・法要
  • その他

【町田市の『お墓』シンプルQ&A】

【町田市の霊園・墓地の宗旨・宗派は?】

町田市民は東京都民として都立霊園に応募する権利を持っていますが、多磨霊園、小平霊園、八王子霊園などの多摩エリア西部にある都立霊園へは車でも1時間以上かかる為、実際公営霊園に応募する方は少ないようです。しかし、町田市内には様々な民営霊園があり、その殆どが多摩丘陵の豊かな自然を生かした宗旨宗派を問わない墓地です。ご遺骨が無くても申し込むことができ、区画の広さや場所も自由に選ぶことができます。
10数年前までは町田市にも檀家になる必要がある寺院墓地が多数派でしたが、現在は宗教の制限を設けない霊園が8割を越します。
但し、中には申し込みを仏教のみに限定したり、仏教のなかでも新宗教は不可としている墓地もありますので、よく確認しましょう。

【町田市の霊園・墓地の立地・アクセスは?】

町田市内には1本のJR(横浜線)と2本の私鉄(小田急線と東急田園都市線)が走っています。新宿や渋谷への通勤が便利なことから新都心のベッドタウンとして沿線一帯に閑静な住宅街が広がっています。小田急線・横浜線沿線の住民は町田市北部と西部、東急線沿線の住民は町田市だけでなく横浜市青葉区や緑区も墓地の検討範囲となっています。
町田市内にはまだまだ里山や自然林が残っている所が多く、そういった自然豊かな場所に霊園が点在しています。特に鎌倉街道沿いは「霊園銀座」と呼ばれるほど数多くの霊園が集まっています。
住宅街から少し離れた所にある霊園は、路線バスが通っていないか、または本数が少ない為、お参りの便宜を図って鶴川駅や永山駅から専用送迎バスを運行している霊園もあります。
購入時は「お墓参りは自分で運転していくから大丈夫」と考えていても、いずれ免許を返納することも想定されます。年を取っても家族や他人の手を借りず、好きな時にお参りできる自由はとても有り難いものです。
将来を考えて、公営の交通機関を使ってのアクセス手段を確認しておきましょう。

【町田市の霊園・墓地の値段は?】

町田市のなかでも、最寄り駅が町田駅や鶴川駅等の霊園は1㎡あたり40万円から50万円、八王子市に隣接するエリアでは1㎡あたり20万円から25万円と若干相場に差があります。
墓地の土地代である永代使用料は、住宅と同様に地価に影響されますが、その他に開発にかかった費用も含まれます。墓石は1㎡あたり平均1トンの重さがあると言われています。墓石建立後時間の経過とともにその重量による不等沈下が起こらないか、また地震発生時の倒壊を防ぐ意味でも、しっかりとした地盤の上にお墓を立てる必要があります。
重量や地震の脅威に耐えうる地盤改良の費用も土地の値段に反映されますから、価格を検討する際には「場所」だけでなく、どのような地盤に墓石を建てるのかについても確認しましょう。

【町田市の霊園・墓地の環境は?】

町田市は、自然あふれる緑豊かな街です。その景観を生かしつつ霊園内にも美しい植栽を施し、緑地をふんだんに取り入れている公園墓地スタイルの霊園が多く見られます。顧客の好みに合わせて区画毎に和風、洋風など雰囲気を変え、特徴を打ち出している霊園もあります。高台にある霊園では、墓域から富士山が臨めるところもあり、清々しいお参りを希望する方に選ばれています。
しかし購入後に隣接地域に高層マンションや商業施設が建設され、静かだと思っていた環境が変わる可能性も考えられます。
霊園を選ぶ際には、園内の景観だけでなく、周囲の環境も変わらないかを確認しましょう。

【町田市の霊園・墓地の施設やサービスは?】

町田市内の霊園は、「法事・法要ができる会館がある」、「法事ができ、葬儀部門もある」、「管理棟は休憩と事務手続きのみ」という概ねこの3つに分類されます。
親戚やご近所とのつきあいが薄くなった現代の日本では、葬儀や法事についての経験がなく、相談できる人もいないと悩む方はたくさんいらっしゃいます。また家族の人数も少なくなっていますので、葬儀の喪主や法事の施主をしたことがある、という方も減っています。
「法事・法要ができる」「葬儀部門がある」という霊園では、霊園内の会館で法要を行えたり、専属の葬祭部門があって葬儀のサポートしてくれ、とても心強いものです。今、墓地や霊園に望まれるのは、お墓を建立してお参りすることだけでなく、家族が亡くなったらどうすればよいか、といういわゆる「終活」全般に亘るサポートと言えるでしょう。
霊園とのつきあいは、墓石を建てておしまい、ではなく、子や孫、その先の世代にも関わってきます。建立後にどんなサポートを受けられるかについても確認しておきましょう。

 

【町田市の霊園事情】

machida_reienjijo

1960年代から東京都区部のベッドタウンとして発展してきた町田市。大部分が多摩丘陵の恵まれた環境に広がっています。特に小野路町をはじめとする市内北部エリアは、「にほんの里百選」に選ばれた里山や谷戸などの豊かな自然に囲まれ、古くは防人がこの地を離れる際に詠んだ惜別の詩が万葉集に残っており、また後に新撰組となる近藤勇や土方俊三が出稽古に通った小野路宿の庄屋屋敷など歴史の香り高い風光明媚な地区です。
小田急線とJRが乗り継げる町田駅周辺エリアは、デパートや商業施設が軒を連ねる大型ショッピングゾーンとして休日、平日を問わず多くの人が訪れ、賑わいを見せています。市内南西部エリアには玉川学園や成瀬台、つくし野といった景観に配慮した落ち着いた住宅街があり、約42万人が暮らす東京都の中核都市です。
町田市には市が事業主体の公営霊園がなく、唯一、隣接の八王子市が運営している「南多摩都市霊園」に町田市民区分がありますが、募集は不定期です。その他の公営墓地としては、都立霊園があげられますが、最も近い多磨霊園でも車で1時間以上かかってしまうため、候補に入れる人は少なく、町田市民が公営墓地を申し込むのは非常に難しいといえます。
一方、市内中心部を貫く鎌倉街道沿いには、多くの民営霊園が集中しています。民営霊園は、宗教法人や公益法人が経営主体となって運営されている霊園で、宗教自由または宗旨宗派不問のいわゆる「霊園」と呼ばれる墓地と、寺院の檀家になって墓地を申し込む「檀家墓地」の2種類に分かれます。いずれの霊園もそれぞれの特色を出すため雰囲気作りに力を入れており、公園墓地として園内が美しく整備されているところがほとんどです。民営霊園は、遺骨がなくても申し込むことができ、区画の場所を選ぶことができる、ペットも一緒に眠れる区画がある、お墓の隣に草花を植えて四季を通じて緑を絶えないゆとり付墓地がある、など公営墓地に比べて選ぶ自由度が高いのが特徴です。
近年は車で30分圏内に墓地を求める傾向が強く、町田市在住の方達の多くは、自宅近くの霊園から見学を始めているようです。年をとると自分で運転できなくなる状況も起こりえます。公共交通機関や霊園の送迎バスを利用してお墓参りができるか、も考慮すべき大切なポイントです。
お墓は永代にわたって家族の御霊を守っていく場所。民間霊園を検討するときには、今現在の家族の状況だけでなく、未来の家族のことも考えて「宗教が限定されるか」、「経営主体は確かか」、「地震等への対策はされているか」、「法事ができる会館があるか」、「葬儀の対応ができるか」、「管理体制はしっかりしているか」「送迎バスがあるか」「墓地周辺の環境が変わらないか」などに注意して見学しましょう。