おのじ通信

「おのじ通信」Vol.502018年5月17日(林編集員)

小野路通信タイトル

今年もまた、お盆の時期が近づいて来ました。今年初めて迎える方。毎年行っている方。皆様お盆の準備をしていると、色々と知らないことも出てきます。毎年お盆の時期になるとお客様からよく聞かれる「提灯」についての疑問を調べてみました。

“お盆提灯を灯す意味ってなに?”

子供の頃、おばあちゃんが「ご先祖さまが帰ってきたよ」と言いながらお線香を上げていたのを思い出しますが・・・

お盆提灯の始まりには諸説あり、鎌倉時代に精霊を迎えるために庭先や屋根の上に高い竿を立て、その先に提灯を付けた高灯籠が始まりと言われています。

光は庶民の必需品であり、仏教の教えでは人々を照らす仏様の智恵を象徴する物として大事にされました。

庶民がお盆提灯を灯すようになったのは、その後ろうそくが普及し始めた江戸時代からと言われています。

お盆提灯の光は、亡くなったご先祖様が迷わず家へ戻ることは勿論のこと、あの世へお帰りの時にも無事に戻られるように目印として灯すものです。行き帰りの道を照らす心遣いなのです。

“提灯を灯しておく期間は?”

7月盆、8月盆ともにお迎えの13日~お見送りの16日まで提灯の明かりを灯します。

ご先祖様をお迎えする「迎え火」は13日夕方から夜まで灯し、日中は消しておく。14日・15日も同様にし、「送り火」となる16日は夕方から夜まで灯し、ご先祖様を送ります。

親戚がお盆供養などで集まる際には夕方から夜の点灯に加え、昼間でも灯しておきます。

基本的には夜中は消しますが、地域や家の習わし、遺族の意向によっては四六時中灯す場合もあります。

最近は電気や一部LEDなどの明かりが増えたため、夜間も長時間灯していられますが、種類により電球が熱を持ち危険なこと、また省エネの面からや夜間に灯りの見守りがいない場合は消しておくのが一般的です。

お盆提灯は時代の流れ、生活環境の変化などで大きさや形、種類も様々です。大切な先祖、故人の道標となるお盆提灯の灯りは、日本の夏の風物詩とも言えるかもしれません。

先祖や故人を偲び、冥福を祈り、今日ある自分を顧みるというお盆の考えは昔から変わらず、感謝の気持ちを込めた供養の証がお盆提灯なのです。

合掌の郷 町田小野路霊園でも5月19日(土)よりお盆提灯をはじめ、様々なお盆に関する商品の展示・販売を行います。ご購入された方には特典もご用意しております。

是非お誘い合わせの上、ご来園ください。

お盆用品展示会

  • 日程 5月19日(土)~6月24日(日)
  • 場所 合掌の郷 町田小野路霊園 泰鳳閣 大ホール

町田小野路霊園お盆展示会の様子

「おのじ通信」Vol.492018年2月15日(小池編集員)

小野路通信タイトル

例年にない寒い毎日が続き、インフルエンザの流行や、寒波に大雪、そうかと思えば既に花粉症が始まっている方もチラホラといらっしゃる様です。

先日あるお客様に、「お墓参りは午前中が良いと聞いたのですが、午後は良くないですか?」とご相談を受けました。

地域などの考え方によっては昔から「お墓参りは午前中」と言われているようですが、基本的には決まりはなく、もともとは大切なお墓参りは「後回しにしない」、「一日の中でお墓参りを優先する」という考えから来たもので、大切なご先祖様の墓参りを後回しにする気持ちを戒めたものだそうです。また、“逢魔が時”と言い、“魔”が出やすく、霊がつきやすいなどの迷信もあったそうです。

実際は安全面から見ると、お墓は暗いところや足下の悪いところにあることが多いため(地域によりますが)、明るい日中のなるべく早い時間に訪れた方が、転倒などの危険も少なく良いとされました。

また、お墓参りの際はお線香やお花のお供えだけでなく、墓地の清掃も行いますが、墓石の汚れを拭き取ったり、周辺の雑草を抜いたりするのに意外と時間がかかることもあり、明るい午前中早めに行くことで、ゆっくり丁寧に作業や墓参ができる午前がよいと言われたそうです。

しかし現代人は忙しく、お墓がお住まいの近くではない方もいらっしゃいます。午前中に拘るあまりに行きそびれてお墓から足が遠のいてしまい、お参りに出掛ける機会が減ってしまっては意味がありません。

お参りは思い立ったとき、無理せず、天候や体調に合わせて行かれるのが良いですね。

立春も過ぎ、暦の上ではもう春が来ています。町田小野路霊園でも白・紅と梅の花が咲き、春らしくなってきました。

気候の良くなるこれからの季節。是非お天気の良い日にお参りください。

町田小野路霊園は花盛り

「おのじ通信」Vol.482017年12月28日

小野路ヘッダ画像

合掌の郷町田小野路霊園せせらぎ区

合掌の郷 町田小野路霊園は、2006年3月に開園し、以来12年間、皆様のご支援を賜りながら歩んで参りました。

平成30年、新たな年の幕開けに、心も体も引き締まる思いでございます。

いつお参りに訪れても開園したばかりのようにフレッシュで美しく、里山の自然が残る恵まれた周辺環境との調和を大切に、静かな祈りの時をお守りする霊園であり続けるよう、本年も精進して参ります。

倍旧のご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

合掌の郷 町田小野路霊園

「おのじ通信」Vol.472017年12月2日(山本編集員)

vol_47_00

 

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様におかれましては ますますご清栄のこととご拝察申し上げます。
本年も様々な方々に支えられ、お陰様で「地域ナンバー1の揺るぎない霊園」という高評価をいただけた、と自負しております。
これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
来年も更なる成長を目指し、より一層の努力をして参ります。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう、従業員一同、心よりお願い申し上げます。

 

さて、今年も数々の終活にちなんだイベントを実施させていただきました。その中から最近開催したイベントについてご報告させていただきます。

 

□10月22日(日) 「第12回 エンディングノートセミナー」□

「知っておきたいお葬式の事」をテーマにし、お葬式の基本についてセミナーを開催致しました。当日は台風が直撃した状況ではありましたが、多くのお客様にご参加いただき、セミナー中は皆様真剣に耳を傾けているご様子でした。
セミナー修了後も具体的な葬儀のご相談などあり、お葬式の具体的なイメージを持っていただけたのではないでしょうか。大嵐のなか無事に終えることができ、所員一同ほっと致しました。

onoji_1712_01

 

□11月21日(火) 「第5回 ベストショット撮影会」□

おかげさまで、こちらも5回目の開催となり、ご自身の遺影写真に、またご夫婦の記念撮影としてご参加いただいたお客様が多くいらっしゃいました。
今回もプロのメイクさん、プロのカメラマンさんなど写真スタジオの方をお呼びし、ナチュラルメークをしての撮影を行い、最後には皆様素敵な笑顔がとても印象的でした。

onoji_1712_02

 

町田小野路霊園では、来年も、終活に関するイベントを実施して参りますので、皆様お誘い合わせの上、ご参加いただければと存じます。

「おのじ通信」Vol.462017年9月7日(橋本編集員)

header1709

残暑もようやく和らぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回のおのじ通信は、この秋開催のイベントをご紹介したいと思います。

セミナーの様子

「第12回 エンディングノートセミナー」
2017年10月22日(日)10:00~11:50
今回のテーマは、「知っておきたい お葬式のこと」です。
もしもの時に後悔しないよう、お葬式の内容や費用について考える為のあれこれを、小野路霊園専属の葬祭スタッフ、葬儀担当者が、実際のお葬儀の話を交えながらお話しいたします。
ご夫婦で、親子で、是非ご参加下さい。
さらに詳しく聞いてみたい方は、セミナー終了後に個別での相談も承っております。
みんなの前では聞けなかった質問にも、小さな疑問にも お答え致します。

エンディングフォト・アルバム

「第4回 ベストショット撮影会」
2017年11月21日(火)泰鳳閣にて12名様先着順
おかげさまで、こちらも4回目の開催となりました。
・ベストなショットをエンディングフォトとして
・ご夫婦の記念撮影に
・記念日や御祝いとして
どなたも「今この瞬間」が一番お若い時です。
プロのメイクさん、プロのカメラマンが、皆様のベストショットをプロデュース致します。
お一人で、ご友人と、ご夫婦で、親子で、ぜひぜひご参加下さい!

どちらのイベントも、予約制となっております。
お申込みは、管理事務所まで。お電話・FAXにて承っております。
お時間ある方、興味のある方、その他詳細を知りたい方は、お気軽に管理事務所まで!