最近流行している神奈川県の葬儀の情報について

最近流行している神奈川県の葬儀の情報について

葬式のスタイルの変化

神奈川県など都心部では、葬式のスタイルが大きく変わってきています。一番の変化は、都心部は村社会ではなくなってきていることがあります。従来の生活スタイルでは生まれる前から自分のお墓というものがあり、更には葬式を担当してくれるお寺も決まっているというのが一般的でしたが、現代はそのシステムが完全に崩壊してしまっています。

つまり、都心部においては、自分のお墓は自分で探すことが求められるようになっています。といってもやみくもに自分のお墓を探すことは難しい部分もありますので、葬儀屋さんに助けを求めるのが良い方法になります。依頼者の要求に合わせたお墓やお葬式のスタイルを提案してくれますので安心です。お葬式はその場限りのものではなく、お墓を決めて、法事を行っていくことも必要です。そのため、自分が死んだあとも出費があるということを理解しておくことも必要になってきます。

一昔前であれば、子供がたくさんいましたので、多くの子供によって故人の法事が営まれるのが普通で、それほど一人一人に経済的な負担がかかることはありませんでしたが、最近は少子高齢化がすすんでおり、以前と同じような法事の形態を維持するのは非常に難しい状況になってきました。

そういった状況から、画一的な法事の方式は改められ、それぞれの経済状態に即した法事が営まれるようになってきています。長期的な展望に立って、無理のない形のお葬式と法事のプランを提供してもらえるようになります。また、あらかじめお子さんたちの負担を減らす目的で、故人が料金の一部あるいは全部を生前の内に支払っておくシステムもとられています。お墓も、高額なものを購入するのが無理な場合には、経済レベルにマッチしたものを提案してもらうことも可能です。

自分の好みで

神奈川県を含む都心部の葬儀屋さんからはこのような時代の変化に対応するために、自分の好みでお葬式をあげることが出来るプランが多数用意されるようになっています。遺族の経済的な負担を最小限にするために、驚くような格安のお葬式も可能です。また、お墓の場所も自分の好みを反映させて、アクセスの良い場所、海や山の景色を楽しめるような場所を選んでお墓を購入することも可能となっています。

また、都会に住んでいるような場合にはインドアタイプのお墓を購入することもできます。インドアタイプですとアウトドアに比べて、お墓の管理がしやすいというメリットがあり、遺族にかかる負担が少なくなるので人気を集めています。また、お墓はこまめに手入れをしないとすぐに傷んでしまいますので、遺族が頻繁にお墓の管理に来られないような場合には、お墓の管理を業者に委託してもいいでしょう。どんな場合においてもお墓が汚い状態ですと、故人は浮かばれないことになってしまうので、できる限りこまめにお手入れをするように心がけるといいでしょう。

また、人間の死というものは誰も予測できないものですので、急にお葬式をあげることになるかもしれません。多くの人が住んでいる都市部ではこのような事例が頻繁に起こってきますので、万が一の時には24時間でいつでもお葬式の相談に対応してくれる業者も多く存在しています。まさかの時に頼りになる存在であるといえるでしょう。また、急な場合にも遺族に迷惑をかけないように、お葬式に必要な写真や連絡先のリストなどはあらかじめ用意しておくほうがいいでしょう。

遺族がいない場合の対応

少子高齢化の時代を迎えるにあたって、自分のお墓をケアしてくれる遺族がいない場合も考えられるようになってきました。法事をあげることが出来ない場合には無縁仏になってしまいますが、永代供養をあらかじめ申し込んでおけば、仮に遺族がいなくても無縁仏になることはありません。神奈川県をはじめとする都市部では永代供養のシステムを備えた霊園が多く存在していますので、生前から葬儀屋さんに相談して、自分が死んだ後のことを決めておくといいでしょう。

また、都市部には多くの外国人が居住するようになってきています。日本にも国際化の波が押し寄せるようになり、更には永住するようなケースも増えてきています。永住の場合にはお墓を日本国内で探す必要があります。これまでの日本のシステムでは仏教徒でないとお墓を探すのは難しい部分もありましたが、仮にほかの宗教を信仰していてもお墓をスムーズに探せるようになってきています。これは、日本が外国の方にとってもとても住みやすい国に変わってきたことを意味しているのです。

更には、ペット用のお墓も用意できるようになってきています。動物に対する愛護の精神が高くなってきていますので、その死後も人間と同様の供養をすることも出来るようになりました。お葬式や法事に対する考え方が多様化してきていることなどもその要因になってきています。遺族がいない方の場合には、一人でお墓に入るのはさみしいと感じることも考えられますので、そのような場合には、ペットの遺骨と近くのお墓に入ることも可能となっています。様々な要望に関して、多様なアレンジができる時代になってきているのです。

横浜の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事