千葉県でペット火葬をする際の注意点と斎場の選び方

千葉県でペット火葬をする際の注意点と斎場の選び方

ペット火葬が誕生した背景

近年では犬や猫以外にも爬虫類や鳥類などたくさんのペットが家庭で飼育されています。昔と違い今では家族同様の扱いがされており、日常の中で一緒に出かけたり体を気遣うために食事に気をつけたり、衣服をはじめとしたペット用品を揃えたりとペットに関わる環境は大幅に変わっています。ペット産業はどんどんとその業績を伸ばしており、たくさんの企業が参入している状況です。

家族にとってもペットのために良いとされていることはしたいと考えるようになっていますし、人間同様に大事にしたいという考えがあるために、ペット産業へのニーズはどんどんと高まっています。そのような動きの中で起こっているものの一つが、千葉県や東京都などで行われているペット火葬です。

ペット火葬やペット供養と言われるものは、人間と同様にペットの供養やそれに関連したビジネスを行っているものです。昔からペットの供養はされてきました。ただし、昔は人間同様に土葬で土に還すのが一般的でした。もちろん今でも自宅の庭に埋めて土葬にするという人もいますが、マンション住まいの人が増えたことで難しくなっていますし、後から野良犬や野良猫に掘り起こされることもあり最近ではあまり選ばれなくなっています。そこで、人間のように火葬をして供養をしようと考える人が増えてきました。

そこで、最近では家族化したペットのために、なくなった際には人間と同じように火葬をして、位牌や仏壇を用意したり埋葬をしたり供養をしたりという人たちが増えており、そういったことができる施設が増えているのです。ペットへの法事サービスやペット霊園がこういったサービスに該当し、ペット火葬サービス企業などでこういったサービスを受けることができるようになっています。

ペット火葬にはトラブルもある

ペットを火葬したり法要をするというのは、新しいサービスであるためにトラブルも色々と起こっています。そこで、きちんと依頼する業者を選ぶことが重要です。また、火葬の方法についても千葉県を含め各自治体での取り決めなど色々なものがあり、それぞれに長所と短所があります。そこで、きちんと両者の特徴を理解した上で自分たちの考えに合っている業者を選ぶようにしましょう。

一般的なペットの遺体の処理というのは、もともとゴミ処理場に持ち込んでゴミと同じように燃やす自治体が多いです。最近、少しずつペット専用の火葬炉を持つ自治体が出てきたものの、すべての自治体が持っているわけではありません。また、ペット専用の火葬炉を持っていても他のペットとまとめて火葬されてしまうこともあり、そうすると自分のペットの遺骨をきちんと判別できないケースもあるのです。このようにまだまだ法整備もされておらず企業によってそのやり方に違いもあるために、信頼して仕事を任せることができるようなところを選ぶことが重要となるのです。

こうしたトラブルを未然に防ぐためには、どのような形でペットを火葬してくれるのかしっかりと確認しておく必要があります。家族同然の存在である大切なペットとの最期の別れをしっかりとしてあげたいのなら、人間と同じように個別で火葬をしてもらって、お骨上げまで飼い主が行えるような形を選ぶのがベストでしょう。

千葉県内でペット火葬をする

千葉県でもペットを飼っている家庭はたくさんあり、そういった家庭の多くはペットが亡くなった際にきちんと埋葬をしたいということを考えます。そこで、千葉県内には様々な形態のペット火葬をしてくれる業者がありますし、斎場や霊園もあります。そこで、自分たちの希望する形での火葬や埋葬を選ぶことが可能です。

火葬場や霊園を見つけるにあたっては、いくつかのポイントがあります。まずは千葉県も広いので地域を絞って探すことが必要です。やはり自宅から離れてしまうと法要やお墓参りが大変になってしまいますし、火葬の際にも遺体を運ぶことが難しくなることがあります。

次に、斎場の種類や霊園の種類についても検討することが必要です。合同墓地のようなところにするのか、個別に埋葬してくれるところを選ぶのか、そして供養の方法としても合同での法事を行ってくれるところにするのかなど、検討する要素は色々とあります。霊園によっては、火葬を行った後、そのまま埋葬をしてくれるところもありますし、人間と同じような本格的なお墓に入ることができるところもあります。

このようにペット産業が活発化していることに伴って葬儀や火葬の種類も多様化しているのです。ペットが生きている間から亡くなった時のことを考えることは勇気が必要ですし、寂しい気持ちもあります。しかし、亡くなってからは気持ちが落ち着かず冷静に判断できないというケースも多いです。そこで、早いうちから少しずつ情報収集をしておき、亡くなってからは最終決定だけの状態にしておくことが望ましいです。そうすれば最後にしっかりとお別れをすることができ、ペットロスを防ぐこともできるでしょう。

ペット葬儀の詳細はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事