お墓参りでもって行く供え物

お墓参りでもって行く供え物

お墓参りはなぜするの

故人に永眠してもらう場所としてお墓というものがありますが、日本では当たり前のようにお墓というものがあり、また納骨堂というものがあります。ほとんどの人が、このどちらかを選択して故人の遺骨を納骨する場所となっています。お墓に納骨をする場合、定期的なお墓参りをすることが日常的となっていますが、伝統でもあるお墓参りというものはなぜするのかと疑問に思う人も中にはいることでしょう。

お墓参りをするには、もちろん理由があります。理由がなければする意味がありませんし、ただ祖父母や親がやっていたからするのではなく、意味を理解してからお墓参りをすることが重要です。お墓参りをする理由としては、先祖に対する感謝の気持ちを込めてするもので、先祖がいなければ親が生まれていなかったであろうし、親が生まれていなかったら今の自分もこの世に存在していなかったことになります。そういったことを踏まえて、お墓に訪れて「ありがとうございます」という感謝の気持ちと、「これからも見守っていてください」という願いを込めてお参りをすることが大切です。また、お参りするときには必ずお供え物を持っていきますが、これは先祖に対する感謝の気持ちを込めて持っていくもので、情緒的な日本の文化の一つでもあります。

最近では、故人の願いで宇宙に遺骨をまく宇宙葬などといったものが世間で取り上げられていますが、その他にも、お墓を作らないでお骨は地中に埋めたり、海にまいたりなどと、後々まで残さないようにするパターンも増えてきています。ただこの場合は、管理したりする費用がかからなくて、子供や孫たちには負担をかけずに済むというメリットはあります。ただし、お墓や納骨堂がないということは、お墓参りをしたくても参る場所がないということでもあります。子供はまだしも、孫やその後の世代にしてみれば、写真は残っていたとしてもこの世に生まれてきた感謝の気持ちを伝える場所がないというわけです。そうなるのは寂しいだけではなく、日本人としての文化をなくしてしまうものにならないか心配になるものです。そう考えるとお墓や納骨堂は非常に重要ですし、大変ありがたいものなのです。

お墓参りに必要なものとマナー

供養するためだけではなく感謝の気持ちを伝えるためだったり、大好きだった祖父母など先祖に会いに行ったりすることが重要なお墓参りですが、現在ではそこへお供え物を持って行くことが一般的になっており、手ぶらで行くことはほとんどありません。例えば年に数回しか行かない場合、その数回のお墓参りのときに供え物を持っていくことになりますが、そのお供え物は故人の大好きだった果物や飲み物を持って行くといいでしょう。

その他にお墓参りのときに持っていくものとしては、お線香やお花でしょう。お線香は仮に供え物を持っていかないときでも必ず持っていくものです。お線香をもって行くときには、必ずライターやマッチを持って行かないと線香に火をつけることができません。そういったことを考えると、お線香とセットでライターなどはお墓参りのときに持って行かなければいけない必需品の一つになります。しかしこれはお墓の場合であり、納骨堂の場合は場所によっては線香が用意されているところもありますので、その場合は手ぶらで行っても構いません。

また、お墓は管理しているところが掃除なども定期的にしてくれるところもありますが、自分たちで掃除をしなければいけないこともあります。自分たちで掃除をしなければいけないお墓の場合は、掃除道具を持参してお墓参りに行きます。基本的にお墓をほったらかしにしておくことはありえませんし、実際に年に1回は掃除に行かないと、草は生え放題、墓石は汚れ放題ということになってしまいますので、ご先祖様のためにも綺麗な状態にしてあげましょう。

お供え物はいつどのようなものを

お供え物を持っていくときに、どういったものを持参するのが良いのかを紹介します。お供え物としておすすめできる品物はいくつかありますので、何を持って行けば分からない方は、これを持っていけば間違いがないというものをしっかり考慮してから、お墓まりのお供えの品物を決めないといけません。

納骨堂やお墓でお供え物を飾った後、誰がそのお供え物を墓から引き取るのでしょうか。お墓参りに行ってからお供え物を飾ってから、後始末は基本的にはしないのが一般的です。最終的に処分するのは、墓地の管理者や納骨堂があるお坊さんが処分することになります。お墓などでは、長い期間置いておいても問題にならないような品物を持っていく必要があります。そこで、故人に喜んでもらえる品物を備えるのが一般的で、故人が好きな食べ物や飲み物などを持参してお供えをします。そう考えると、日持ちするものや腐りにくいものを持っていくのが常識になっています。

そんなお供え物としては、お菓子類は欠かせない物として利用されています。このときに気をつけなければいけないのが、お菓子と言っても先述したようにクッキーなどの焼き菓子のように日持ちするものを選択しましょう。すぐに腐ったりするようなものであれば、処分されなければそのままお墓に残ってしまうものなので、腐りにくいお菓子を持っていくのが一般的です。また、故人が好きだったお酒をお供えするのもおすすめです。

関連キーワード

関連記事