おすすめしたいお供え物について

おすすめしたいお供え物について

おすすめしたいお供え物について

ある程度の年齢になったら、冠婚葬祭のマナーは身につけていて当然だとされています。特に仏事に関わるようなことは、無知であると恥をかくだけでなく相手を不愉快な思いにさせてしまうことさえありますので、注意しなければなりません。仏壇やお墓には適したお供え物があります。また、気を付けなければならないこともあります。例えば、仏壇にフルーツ類を供えたいと考える方も多いかもしれませんが、避けた方が良いのはあまり日持ちしないものです。

また、数についても注意すべきことがあるのですが、ここは必ず奇数を持参するようにしましょう。お菓子をお供えしたい時も、フルーツと同様に日持ちするものを選んでください。また、最後にみんなで分け合うことも考えて、小分けになっているものがおすすめです。仏壇にお供えする時の向きについてですが、お供えする時はこちらに向くように置くのが一般的です。のしは、四十九日までは黒白の結びきりを使います。それ以降は、黒白、もしくは双銀の結びきりを使うようにしましょう。そして、表書きには「御供」または「粗供養」と書き、下には贈り主名を記載します。

また、お花をお供えしたい時は棘があるような花は避けた方がいいと言われています。中には故人が好きだった花ということでバラなどをお供えする場合もあるのですが、何を選んだらよいか迷う時は棘がないものを選ぶことをおすすめします。亡くなってからあまり経っていない場合は、白をベースに用意すると良いでしょう。四十九日以降は、白色の中に淡い色を増やしても構いません。中にはこういったことを気にしない方もいますが、マナーという点で理解されるかどうか難しいところですので、無難なものを用意する方が間違いはないでしょう。

一周忌におすすめのお供え物

一周忌におすすめしたいお供え物は、お菓子であれば故人が好物としていたものを選んでみるのも良いでしょう。定番の和菓子の他にも、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子でも良いのですが、いずれにしても常温で保存しても大丈夫なものを選びましょう。特に暑い季節は、チョコレートを使ったものなどは溶けてしまうことも考えられますので慎重に選ぶ必要があります。他にも、缶詰やフルーツなども良いでしょう。フルーツであれば、できるだけ日持ちするものを選んだり、季節のものを選んだりすると良いでしょう。

また、気を付けておきたいのが金額についてです。あまりにも高価なものを贈ってしますと受け取った方に気を使わせてしまうこともあります。ですから、その地域の相場に合わせるか、そうでなければ5

関連キーワード

関連記事