改葬をするためにかかる費用はいくら?どんな費用が必要?

改葬をするためにかかる費用はいくら?どんな費用が必要?

改葬を考えたときに必要になる費用は?

様々な理由で改葬を考えている方もいらっしゃるでしょう。これはお墓を引越しすることですが、気になるのはその費用です。お墓と言えども引越しをするのですからいくらか金額がかかるものですし、実は改葬するには引っ越しをするための料金だけでは済まない場合もあります。改葬をしようと考える理由はいくつか考えられます。自宅の引越しをする、現在のお墓の管理に不満があるなどの理由もあるでしょうし、永代供養墓にしたいという場合もあります。

引越しをするという場合はやはり遠方ですとお墓参りも頻繁には行くことができなくなり、故人に寂しい思いをさせてしまうので、自宅に近い場所にお墓を置くことが必要になります。そしてお墓の管理がずさんである、管理が行き届いていないという場合も、そのままでは大切なお墓が朽ち果てていくばかりになってしまいます。

永代供養墓にしたいという場合は、遺族への負担を考慮して永代供養墓にする場合もありますし、お墓の継承者が存在しないからという場合もあります。お墓を継承する遺族がいないのであれば、お墓が建っていても管理することもできないので、やはりこれは永代供養墓にするのが正解です。いずれにしてもこれらの理由は改葬をした方が良いと言えるものです。

そこで気になる改葬にかかる費用について調べてみました。家を引越しするように、お墓の引越し料金もかかりますが、お墓の移転にはそれ特有の料金が発生します。これらにかかる金額について知っておけば、改葬をするときにも慌てずに済みます。それでは、さっそくその費用についてご紹介していきます。

現在の墓地からお墓を撤去して移動するまで

まずは改葬にかかる金額としては、現在の墓地でかかる料金と、改葬後の墓地でかかる料金の二つに分けられます。こちらでは現在の墓地から撤去して墓石を移動させるまでの費用についてご紹介します。これらの作業に必要になる料金は、いずれにしてもお墓の立地や墓石の状態、現在の霊園や寺院によっても異なってきますので、一概にいくらとは言えないものとなっています。

最初に墓石を撤去するための費用です。お墓が建っている場所が寺院や霊園から借りている土地である場合は、お墓を撤去して綺麗にする必要があります。まずは墓石を解体するための費用が必要になりますが、これはその墓石の量や大きさ、撤去の容易さによって変わってきます。撤去の容易さはその墓地の立地によって変わってきて、クレーン車が入れないような立地であれば、その分金額も高くなることが多いです。

次は閉眼供養の料金です。お墓を解体した後には、遺骨を取り出すという儀式が必要になります。お墓には魂が宿ってると言われているので、その魂を抜くための儀式を閉眼供養といいます。これは儀式ですので、かかる費用はお布施という形で支払うことになります。

その後撤去したお墓をそのまま新しい墓地に移動させるなら、その墓石の運搬費が必要になりますし、新しい墓地で新しい墓石を用意するのであれば、当然墓石を作るための費用が必要です。二つの内のどちらかの方法で新しいお墓を建てることになりますが、どちらにしてもやはり費用は必要です。ここまでが墓石を撤去するための段階となります。

新しい墓地に墓石を建てるための費用について

それでは次に、改葬先の墓地に墓石を建てるために必要になる費用についてお話していきます。新しい墓地に墓石を据えるためにも費用が必要になります。墓石の工事料金と、新しい墓地での永代使用料を支払わなければなりません。永代使用料はその寺院や霊園によって決まっていますので、問い合わせれば教えてもらうことができます。もちろん新しい墓地でも管理費は必要になります。

そして改葬先に無事お墓が建ったら、次は開眼供養という儀式が必要になります。これはお墓の撤去の際に行う閉眼供養の逆の儀式で、新しいお墓に魂を入れるための儀式です。これもお布施という形で支払います。そして最後に新しいお墓に納骨をするための費用が発生します。

もし永代供養墓に新しく入るというのであれば、もう少し料金は抑えられる可能性が高くなります。お墓を現在持っていたとしても、永代供養墓に入るのであれば運搬料も掛かりませんし、新しいお墓を準備するための工事料金なども不要になります。その分、改葬するための料金はかなり低くなります。ただし永代供養墓であっても永代供養料や管理費などは必要になってきますので、墓石の移動と建墓料金以外はそれほど変わりません。

また、現在お墓のある墓地が寺院であった場合、離檀料というものが発生することがあります。これは寺院の檀家から離れるための費用ですので、現在のお墓が霊園に建っている場合は不要です。このように改葬にはいくらかの金額が必要になりますが、故人のためにも、今後入られる方の為にも大切なお墓ですので、納得が行く場所に改葬したいものです。

関連キーワード

関連記事