墓石の豆知識や種類について

墓石の豆知識や種類について

墓石はどうやって選べばいいのか

これからお墓を建てたいと思っている方もいるかと思われますが、お墓を建てる時には霊園や墓石を選ぶことになります。その中でも重要と言われているのが墓石の選び方です。実際に選び方と言っても色々とチェックしておきたいことがあるので、ここでは選ぶときのポイントについて説明します。

そもそもお墓に適したいい石とは何かと気になっている方もいるのではないでしょうか。特に初めて選ぶ人は何がいい石なのか疑問に思う人も多いでしょう。後悔をしないためにはいくつか知っておきたいことがありますが、その中でも大切なのが判断する基準を持つことです。基準はいくつかありますが、その中でも大切だと言われている事柄の1つは耐久性が高いことです。お墓は人によっても異なりますが、基本的には数年、数十年と長い間建てておくものとなるので、簡単に壊れてしまっては意味がありません。耐久性は重要になるので、選ぶときはまずは耐久性がしっかりとしているかどうかを確認しておくと、失敗をする可能性も低くなります。

またもう1つが見た目の美しさが長続きするかどうかです。お墓によって美しさは異なりますが、お墓を建ててよく見てみると本来は黒系の石材のはずが光沢がなくなり、白くなっているような場合もあり、これでは美しさを維持することができません。また石の内部からさびがでて赤く変色してしまっている場合も美しさを保つことは難しいでしょう。これは墓石の種類によって異なりますが、何も考えずに選んでしまうとこういった劣化が早く出てきてしまう可能性もあります。

修理などとなるとまた費用が必要になってしまうので、できる限り長い間美しさを維持することができる墓石かどうかをチェックして選ぶ必要があります。このように、ここでは選ぶときに必要な2つの条件について説明をしましたが、しっかりと基準を知っておくことで選ぶときにもあまり悩むことはなくなります。また、選んでから失敗をするということもないので、後悔をしないためにも知っておきたいところです。

墓石の石碑の種類について知っておこう

お墓を建てる時にはどの石材を選ぶかも重要になりますが、石碑も種類がいくつかあるので選び方が重要になります。石碑は人それぞれ好みが異なるので、種類を知ったら好みのタイプを選ぶようにしましょう。実際にどんな種類があるのか知っておきたいという方も多いので、ここではどんな種類があるのかについて具体的に説明します。

まず1つ目は昔から存在している和型タイプです。これは日本にとても多いタイプのデザインで、背が他のタイプと比べると高いのが特徴的です。また、細かく彫られているのも特徴であり、色々なデザインがあります。他のタイプと比べると高級感があるため、種類が増えている今でも和型タイプを選びたいと思っている方が多いです。昔からある日本の伝統的なお墓を建てたいと思っている方は和型タイプの購入をすると良いでしょう。

続いて2つ目は洋型タイプです。近年では日本の文化よりも外国の文化を好む人たちが増えています。実際に家の作り方も洋風なものが増えており、中には畳がないという家も存在しています。こういったことから和型タイプを選ぶ人たちもいますが、昔よりは減り、洋型タイプを好んで選ぶ人も増えています。デザイン的には和型タイプと比べるとシンプルですが、手入れもしやすく、モダンな印象を与えられるという特徴もあります。その他にも3つ目はフルオーダーで作成できるタイプの石碑もあります。

例えば和型タイプや洋型タイプの中間となるようなデザインのお墓を建てたいと思っている人や、他にはない個性的なお墓を建てたいと思っている人など、それぞれ好みのデザインは異なります。フルオーダーで作成することができれば自分だけの特別なお墓を建てることができるので、一からデザインなどを考えたい人はフルオーダーを選択すると良いでしょう。

墓石を選ぶときの注意点について

これから墓石を選ぼうと思っている人はたくさんいらっしゃるかと思われますが、選ぶときにはいくつか注意点も存在しています。注意点を理解しておくことで失敗を避けられるので、ここではどんなことに注意して選べばいいのかについて紹介します。

まず1つ目の注意点としてはサンプルだけを見て決めないことです。サンプルは用意してくれるところが多いですが、サンプルだけではどのように劣化していくのかなどを知ることができません。そのため、サンプルだけで判断はしないように注意しましょう。

続いて2つ目の注意点はお任せにしないことです。基本的にある程度知識を知っておかないと購入する時に後悔をする可能性が高いです。例えば見ても分からないからと言ってお任せで石材を選んだりすると、失敗したと後悔をする可能性もあるので、できる限り選ぶときはお任せにせずに事前に知識を付けて、細かいところまでこだわって選ぶことが重要です。

関連キーワード

関連記事