お墓の改葬に必要な費用と作業の手順について

お墓の改葬に必要な費用と作業の手順について

お墓を新しくするには

先祖代々使い続けてきたお墓はあるものの、転居や改宗などを理由に使用する墓地を変えなければならないことがあります。その際行われるのが改葬で、他の墓地にお墓を移動させたり、古いお墓を取り壊して、新しい墓地にお墓を用意し、それ以降は転居先のお墓にお参りすることになります。いざお墓を取り壊したり、新しい墓地と契約するとなると、何かと費用がかかりますし、手続きに時間がとられることもあるので、スムーズに作業を進められるように、前もって必要な情報は調べておくようにしましょう。

改葬には移動先の準備と既存のお墓の撤去にかかる費用が必要となります。移転先には用意した予算で購入できる土地があるのか、新しい墓石はどの程度のグレードのものにするか、更に移転した後のお坊さんなどの手配などが必要になりますし、撤去するお墓を取り壊して瓦礫などを回収したり土地をきれいにしたりといった作業を行わなければなりません。また、既存のお墓を転居先で使う場合も、輸送費を用意しなければならないので、どのようなプランを立てるかしっかり考えておかないと、必要な額を把握することは出来ません。

改葬の手順は人によって多少変化するでしょうが、基本的には移転先を確保してから、既存の墓地の管理や役所に許可申請を行ってから本格的に作業を行います。移転先は前もって見つけて購入しておかないと、スタートラインに立つことも出来ないので、良い条件の墓地が無いか探しておきましょう。現在使っている墓地には移転することを伝えておいて、墓地がある役場で許可証を発行してもらいます。この際印鑑や転居先の墓地の永代使用許諾証が必要となるので、きちんと準備を済ませておきましょう。それ以降も移転作業や納骨法要といった儀式も必要となるので、全て把握してスムーズに作業を進めましょう。

何にお金がかかるのか

先祖代々同じ場所にお墓があるという方も、いつどんな理由でお墓から離れなければならなくなるか分かりません。今の墓地でお墓を管理することが難しくなったときは、他の墓地にお墓や遺骨を移転する改葬を行う必要があります。他の墓地の土地を購入し、移転作業を行うには、当然それ相応のお金が必要となるので、なるべくお金をかけたくないのであれば、どこかのポイントで費用を抑えることが出来ないか考えてみましょう。

改葬を行う際は、移転先の確保と既存のお墓の撤去が必要となります。移転先については全国各地にある墓地を選択することになりますが、場所によって一部の宗派は利用することができなかったり、利用できるスペースが限られていたり、そもそも一杯になっていることも多いので、なるべく複数の墓地を当たってみて、一番お得に利用できたり、アクセスが快適なところを探してみてください。更に新しく墓石を用意する場合は、どんな墓石にするかで費用に大きな差が出るので、特殊な加工を行ったり、質の良い石を使いたいという方は、予算に十分余裕を持つようにしましょう。

改葬にかかる費用は遺骨を移動させた後も必要となります。まず既存の土地はもう使えないので、古い墓石を処分することになりますが、撤去作業にもお金が必要になりますし、既存のお墓を移転させる場合も、移動距離によっては新しい墓石を購入するよりもお金がかかることもあります。また、お坊さんを呼んで納骨法要を依頼する必要もあるので、その分の出費も考えると、予算には十分に余裕を持たせておかないと心配です。

作業の手順と費用

殆どの人は先祖を祀るお墓を所有しており、その管理も行っていますが、転居したり利用している墓地が閉鎖したりすると、他の場所にお墓を移動しなければならなくなります。この作業を改葬といい、古い墓地の撤去や移転、新しい墓地の契約など、何かとお金がかかるので、本格的に作業を進める前に、前もってどれだけの費用がかかるのかチェックして、時間に余裕があれば積み立てを行うなどの準備を進めておく必要があります。

改葬のための費用を用意する際は、作業の手順をきちんと把握して、どれだけかかるのか正確にチェックすることが肝心です。まず新しい移転先を探す際は、現地で直接墓地の情報をチェックする必要もあるので、転居先まで距離がある場合は注意が必要です。更に土地を借りる際も、永代使用料と管理費が求められるので、土地の大きさなどに応じて提示される額を確認してください。やはり移転先の選択に一番お金がかかりやすいので、良いお墓を用意したい方ほど余裕を持った予算組みを行うことが大切です。

今まで使ってきた墓地にもいくらか費用をかけなければなりません。例えば古いお墓を処分するか、移転先に墓石も一緒に持っていくかどうかで、必要となる費用が変わってきます。移転先が近いならそれほどかかりませんが、距離がある場合は新しい墓石を用意したほうが安上がりになることも多いので、どちらのほうがお金がかかるか、移転先と既存の墓地の方とも相談してから判断しましょう。また移転した後の法要も行う必要があるので、普段お世話になっているお寺などにも相談しておいたほうが良いでしょう。

関連キーワード

関連記事