霊園の豆知識や横浜で選ぶ際のポイント

霊園の豆知識や横浜で選ぶ際のポイント

霊園の種類について

お墓を立てる時には基本的に霊園を利用することとなりますが、種類も3つほど存在しているので、選ぶ際に悩むこともあるのではないでしょうか?できる限り納得できる場所にお墓を立てるためにもそれぞれの特徴について知っておくことが大切となるので、霊園の種類について紹介します。

まず、一つ目は民営墓地ですが、その中でもまずは公園墓地について紹介します。

経営体制は基本的に宗教法人や公共法人が主体となっている事が多くなっており、多くの人たちが利用することのできるお墓となっています。特徴としては宗派や宗旨を問うことなく申し込みが可能となっているので、条件が比較的緩くなっています。その為、利用しやすくなっています。また遺骨がなくてもお墓を立てることが可能となっているので、亡くなった遺族へのお墓ではなく、先祖のお墓を作ることも可能となっています。

また、前もって作っておきたいと思っている人でも利用することが可能となっています。その他にも石碑の制約が少ないという特徴も存在しています。今では石碑は様々な種類があり、洋風のものまで存在していますが、こういった石碑の制約が少なく、イメージ通りのお墓が作れるのも魅力的となっています。

続いて二つ目は民営墓地の寺院墓地について紹介していきます。

公園墓地と異なる点としてはその名の通り寺院の境内にある霊園となっている事です。条件としては寺院の檀家になることが基本となっています。特徴としては法事や葬儀も寺院墓地で行うことができることです。同じ場所で行うことによって手間が省けるのが特徴的です。また、基本的に寺院墓地は住宅地にあることが多くなっているため、交通の便が良いのも特徴的となっています。例えば、車などを所持していない方は公共交通機関を利用することが多いと思いますが、駅などから近い霊園も存在しているので便利です。経営基盤もしっかりとしているのが特徴的なので、利用する人たちが多くなっています。

最後に三つ目は公営墓地について説明をしますが、これは民間の企業ではなく、基本的には地方自治体が住民のために運営している墓地となっています。

その為、特徴としては管理体制がしっかりとしている事や、石材店の制約が少ない為、自由に選べるのもメリットとなっています。しかし、申し込み時期が決まってない場合にはお墓を立てられるかどうかは抽選となる場合が多くなっているので、申し込みについての確認は必須になります。このように、霊園には大きく分けると三つの種類が存在しています。それぞれの特徴を見ながら個人に合ったものを選ぶと良いでしょう。

現代にはどのような石碑が存在しているの?

お墓を立てる時には石碑を選ばないといけませんが、今では作り方も大きく分けると三つの種類が存在しています。お墓を立てる前にはある程度の知識を知っておいた方が後悔をせずに立てられると思うので、次に三つの石碑について紹介をしていきます。

まず、一つ目は和型墓石です。

この石碑は最も知られているものとなっており、歴史も江戸時代から使われているものとなっているので古くなっています。雰囲気がどっしりとしているので、オーラがあり、 蓮華加工やスリン加工を施したり、五輪塔にすることによってさらに高級感が高まると言われています。昔から使われている日本のスタイルとなっているので今でも和型墓石を選ぶ人たちは多くなっています。

二つ目は洋型墓石ですが、その名の通り洋風のモダンな墓石となっています。

和型墓石と異なる点は形です。横幅は広くなっていますし、高さは和型と比べると低くなっています。今ではモダン風の石碑も増えており、スタイルを気にしない人は選ぶ人も多くなっています。

最後に三つ目はデザイン墓石です。

これは基本的にお墓を立てたいと思った人がオーダーメイドで墓石を依頼する方法となっています。既存のものではないため、より理想的なスタイルで立てることが可能となっています。

このように三つの石碑の種類について紹介しましたが、立てる前にある程度知っておくことで納得のいくお墓を立てることができます。

横浜で霊園を探す際のポイント

横浜でお墓を立てたいと思っている人は霊園を探さないといけませんが、実際に横浜だけでも数多くの霊園が存在しています。悩むこともあるかもしれないので、今回はできる限りスムーズに決めたいと思っている人のためにも横浜での選び方について紹介をしていきます。まず、大切なのが管理費です。例えば、維持費や光熱費など管理費が必要になってくる場合がありますが、これらの料金は霊園によって異なるので管理費についてはあらかじめ調べておくと安心です。

また、墓石の価格も大切なポイントです。例えば、デザインや産地によっても価格が異なってきます。納得のお墓を立てるためにも墓石の価格も大切になるので今回は二つのポイントを紹介しましたが、一生ものとなりますので、こだわって選ぶようにしましょう。

横浜の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事