神奈川県でお墓を購入するにはどうすればよいか

神奈川県でお墓を購入するにはどうすればよいか

神奈川県でお墓を購入するには

あまり考えたくないことですが、ある程度の年齢になるとお墓の購入等について考えなくてはなりません。特に親御さんが高齢となって、先祖代々のお墓が遠くにある場合は、お住まいの場所の近いところに墓地があってほしいものです。そこで、今回は神奈川県でお墓を購入するにはどうしたら良いか、説明をします。

まずは、神奈川県のどこに購入したいか、場所を決めることです。お宅の近くか、近くではないけれど、お参りに行きやすい場所、家族の思い出の場所というのも良いでしょう。ご家族のご意向があるでしょうから、よく話し合うことをおすすめします。

ここで、神奈川県横浜市のお墓の価格、相場についても解説します。その種類によって価格は異なるので、一般的な屋外の公園墓地、霊園の価格、相場ですが、神奈川県内でも価格差はあり、横浜市が神奈川県の平均より高くなっています。横浜市は東京都内でも価格が低めの多摩市エリアの価格、相場よりも高くなっているので、東京都内とあまり変わらない可能性があります。墓石の価格は、ほぼ同じなのですが、横浜市の方が永代使用料が高めなことが墓地の価格に影響しています。

このようなことを参考にして、家族で話し合いができたら、霊園等に関するサイト等を参考にして、霊園の資料を取り寄せると良いでしょう。この資料を基に霊園見学に行ってみます。その際、サイト内にある霊園見学チェックリストが参考になるので、サイト内から印刷しておくと見学時に役立ちます。まずは、こういったことから、購入のための活動を始めてみることをおすすめします。また、霊園等に関するサイトではお客様の声等もあるので、参考にするのも良いでしょう。

お墓の種類

一般的には、あまり知られていませんが、お墓には種類はあります。まずは墓地の種類ですが、宗教法人、公益法人の管理の公園墓地、寺院の境内にある寺院墓地、地方自治体が運営する都立霊園や市営霊園の公営墓地があります。それぞれの特徴ですが、公園墓地は宗旨、宗派を問わずに、遺骨がなくても申し込めます。抽選はなく先着順で、石碑の制約もありません。寺院墓地はその寺院の檀家の墓地で先祖代々のお墓が多いでしょう。公営墓地は管理体制が地方自治体なので安心ですが、抽選があるので、確実ではないですし、居住年数、ご遺骨の有無による制約はあります。

神奈川県内にもこのような霊園は多数あります。神奈川県民でも、先祖代々のお寺の関係で県内ではなく、近隣の東京都や千葉県、または故郷に埋葬という場合もあるでしょう。そのお宅によって、考え方などはそれぞれです。

次に墓石ですが、石碑にも種類があり、伝統的な和型墓石、ヨーロッパのお墓を基にしたモダンな印象の洋型墓石、故人の想いを形にしたデザイン墓石があります。その他に正面の文字やお花の彫刻もさまざまな種類があり、石材も外国産、国内産と多岐にわたります。こういった墓石の種類、彫刻、石材は個々のお宅の考え方で決めるものです。故人の意思によるということも多いでしょう。

このようなことについては、日頃から家族で話し合うことが大事になります。あまり話したくないことではありますが、家族が集まったときに、こういった埋葬に関することを相談しておくと良いでしょう。こうした話し合いが万が一の時に良い参考になります。

墓地購入の流れ

墓地の申込から購入までの流れを説明します。

まずは、霊園を決めます。神奈川県内であれば、地域により価格差などもあるので、そういったことも考慮に入れた上で、宗旨、宗派、交通の便、園内の施設や環境等、さまざまなことを考慮して決めます。霊園が決まったら、区画の検討に入りますが、区画は予算やお好みによります。それが決まれば、申込金を添えて墓地の申込となり、2週間以内に永代使用料、管理費を支払います。建墓ローンもあるので検討してみても良いでしょう。

永代使用承諾証発行後に、墓石工事の相談、契約です。石種やデザイン等、家族でしっかりと話し合いをしてゆっくり考えましょう。担当者もよく相談に乗ってくれます。価格は石種やデザインによって異なりますから、後悔のないようによく考えることをおすすめします。しっかりとした見積りを出してもらい、納得のいく価格になったら注文をしましょう。その後、墓石工事代の支払いです。この際にローンを組むことも可能ですから、必要な方は検討しましょう。そして、彫刻文字に間違いないかをチェックして彫刻開始になります。

このようにして、墓石が完成され、墓地ができるというわけです。墓地も申し込みから購入まで手続きがいろいろとありますし、決めることも多いでしょう。家族の話し合いが何よりも重要ですから、日頃からお墓の話をしておくようにしましょう。まだまだと思っても、時が経つのは本当に早いものです。考えたくはないことですが、いつ何が起こるか分からないので、家族が元気なうちにさまざまなことを聞いておくと、故人の意思が尊重されることになるでしょう。

関連キーワード

関連記事