東京の霊園の利用するために知っておきたい知識

東京の霊園の利用するために知っておきたい知識

霊園とは

人が亡くなった場合には、その人のお墓を建てますが、そのためにはお墓を建てる場所が必要となります。その場所が霊園・墓所です。主に、公園のような明るくきれいな環境を持っている墓地の名称として利用されています。もともと日本では戦前期に東京市で井下清によって生み出され、専ら公共によって作られました。

戦後になり人口の大都市集中によって需要が高まり民間では収益をあげられるものも多くなりました。現在では、個人所有の土地であってもご遺骨の埋葬を行うことはできません。霊園・墓所のみが許可をされています。そのために、どのようなお墓を建てるかよりもどこにお墓を建てるかを考える必要があります。霊園のタイプは大きく分けて3種類あります。お寺によって経営されている場所や財団法人、そして宗教法人などが運営を委託している場所、地方自治体が運営を行っている公営での場所があります。時代とともにその形態を変えたり、逆に守り続けている部分も大きく存在します。それぞれの種類の特徴を知ることにより自分自身や家族、継承する子供の条件を満たす場所を見つけることができます。

誰もが最期には入る場所であるため、どこに墓を建てようか迷う人は多いです。ご先祖様から受け継いできた寺院墓地のお墓を改築したい方や、これから場所を探す予定の方もいらっしゃいます。一つ言えることは、衝動買いするものではないということです。家は一生に一度であるのに対して、お墓は数世代に一度のお買い物かもしれません。ご自身やご家族に会った最高の物件を見つけるためには、その場所をよく調べて選ぶポイントなど基本的な知識が必要となってきます。

使用料

霊園使用料とは、お墓を建てるために必要な土地の使用料です。これは永代使用料と一般的に呼ばれています。永代使用料を払えば、その後は管理費を払っていくことでお墓を使用し続けることができます。この時にお墓の使用期間が決められてしまっていたら将来継承した方が困ってしまいます。そして、遺骨の埋葬地ということもあり、尊厳をもって守っていかなければなりません。そのための永代使用料でもあるのです。

土地に建てるといった考え方をするという点では不動産みたいに考えがちですが、それは誤ったイメージです。お墓の土地の特徴として転売はできません。現在持っているお墓を別の場所に移して使用しなくなったお墓の土地はお寺や霊園に返すことになり土地の返金はありません。なので当然お墓の貸し借りをすることもできませんし、用途はお墓に限られてしまいます。これは墓地が墓地、埋葬等の法律によって都道府県知事から許可を受け、墓地のためだけの特別な区域としているからです。

お墓を購入するというのは厳密にいえば土地そのものを得るのではなく、その土地をお墓として利用するための権利の購入を行うことになります。

さらに、言葉として、「永代使用」というものと「永代供養」というものがあります。「永躰使用」とは永遠にお墓を使用できる権利のことであり「永代供養」とは未来まで永遠に冥福を祈るという違いです。少子化問題のためにお墓の継承者がいない方も出てきました。この場合、永代供養墓と呼ばれている墓へ埋葬し、お坊さんや宗教者に供養を行うことをお願いします。お墓は代々続くものとして考え、安心して守っていくことができる墓地にあることが大切です。

選び方と東京の例

利用者にとって最適な霊園を選ぶには押さえておきたいポイントがあります。何世代にもわたり守っていくお墓になるので建てる場所も情報をしっかり確認してきちんと選ぶようにしましょう。

選ぶにあたってまずは自分と家族のことについて確認することから始めます。現在信仰している宗教、お寺を利用している方であれば宗派によって選び方も変わってきます。そしてご遺骨の保管方法や生前墓を希望する場合であれば選べる場所は変わってきます。

そして、将来のお墓との付き合い方を考えてください。自宅からお墓までの距離や交通の便、墓参りにおいては重要な要素となります。お墓参りの回数を多くできればご先祖様の供養にもなりますし、自分自身が入るためのお墓を大切にすることができます。お墓参りの際に園内がバリアフリーを採り入れている霊園であればお墓参りに訪れる方がご高齢の方でも無理なく来ることができます。

東京都八王子市にある東京霊園では敷地面積は21万平方メートル、区画数は1万3千という規模で総合的なグレードの高さは日本屈指です。そこでまず驚かされるのはロケーションの良さです。東向きのなだらかな傾斜の丘陵に広がった墓域が、目の前に一大なパノラマとして広がっていますこの景観を引き立てているのは四季折々の豊かな花木で、訪れる方々の心を癒してくれます。また、園内の車道はゆったりとした幅があるので墓所の近くに車を止めて墓参りもできます。さらに、万全の管理体制も特筆すべき特徴で環境美化スタッフが毎日園内の清掃や植栽剪定を行っています。霊園の運営・管理を行っているのは事業団体の宗教法人高尾院から委託を受けた高尾山観光開発株式会社であることも安心感を高めてくれる所以です。

東京の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事