墓地を選ぶにあたっての豆知識

墓地を選ぶにあたっての豆知識

墓地を選ぶときに重視したいこと

これから墓地の購入について検討している方もいるかと思いますが、選ぶにあたってどこを重視して選んだらいいのか分からないという方もいるでしょう。理想の墓地を建てるためには、いくつか重視するポイントがありますが、その中でも霊園については慎重に選んだ方がいいでしょう。霊園の選び方で後悔をしてしまうと、理想の墓地を建てることはできないので、ここでは霊園を選ぶときのチェックポイントについて話します。

まず通いやすさについて見ておきましょう、お墓参りは定期的に行うかと思いますが、基本的には毎年のように通い続けると思うので、選ぶときは自宅から通いやすい距離にあるかについて見ておくといいでしょう。中には家から離れた場所を選択する人がいますが、行くまでに時間がかかるとお墓参りをするのに大変になり、通わなくなってしまう可能性もあるので、まずは通いやすい距離にあるかについて確認をしましょう。

続いてのチェックポイントは駐車場などの設備が完備されているかについてです。お墓までのアクセスは車を使用するという方も多いのではないでしょうか。しかし、場所によって異なりますが、特に関東方面など都心部の場合は駐車場の設置がされていないところもあります。駐車場の設置がないと車を停めることができないので、なるべく選ぶときは駐車場が完備されているかについても見ておくといいでしょう。

続いて見ておきたいポイントは日当たりが良いかどうかです。基本的にお墓は外に設置されることが多いので、日当たりについてはチェックしない人が多くいますが、霊園によっては他の建物によって日が当たらないという場合もあります。日があたらないと苔やカビなどが生えやすくなり、劣化スピードも早くなる可能性があります。特に雨のあとや梅雨時期などは、日当たりが良くないと環境が悪くなるので、選ぶときには日当たりなどは問題ないかも確認しておくといいでしょう。

このように、選ぶときに重視したいポイントについて話しましたが、ここで説明したことはしっかりと確認した方がいいポイントになるので、参考にして納得の墓地を選ぶようにしましょう。

霊園で墓地を建てる時のアフターサービスの重要性

霊園を選択して墓地を建てる時には、見学して気に入ったところを選びますが、霊園を運営している会社はそれぞれ異なります。サービスやサポート体制も異なるので、後悔をしたくない人は事前にサポートやサービス内容についても確認しておくといいでしょう。

実際にその中でも見ておきたいと言われているポイントが、アフターサービスです。墓地を建てた後も何かと不安に思うことがあるでしょう。こういった場合の不安を解消するために、アフターサービスがある業者を選ぶようにするといいでしょう。

では実際にどのようなサービスがあるのでしょうか。例えば万が一身内が亡くなってしまった場合に、霊園で墓地を建てていれば電話一本でサポートを受けられるサービスなどがあります。特にその中でも葬儀についてですが、葬儀社は複数存在しているので、どこに頼めばいいのか悩むことがあります。また亡くなった後だとバタバタしていて、冷静に葬儀社を選ぶことができません。そのため不本意なことになり、後悔をすることもありますが、霊園を使用していれば万が一の葬儀のサポートも受けられるので安心です。

また、霊園のアフターサービスによっては、お墓参りになかなか来ることができない人のために代行してくれるサービスも存在しています。一般的にお墓参りは長年行いますが、年齢を重ねると体の調子も悪くなることもあり、なかなか行くことができないという事態も起こります。お墓は定期的に掃除をする必要がありますが、これらについても、業者に依頼すれば代行してくれるので安心です。このように魅力的なアフターサービスがあるところも存在しているので、選び方にはこだわりましょう。

墓地に必要な石碑・石材の種類について

霊園が決まったら墓地を建てることになりますが、その中でもどの石碑・石材を選んだらいいのか悩むことがあるでしょう。こういった方のためにもここでは石碑・石材の種類について説明します。

まず1つ目は和型墓石です。これは日本でも昔からあるタイプで、縦に長く他のタイプに比べると高級感があります。昔ながらのお墓のタイプを選びたいと思っている人は和型墓石について検討するといいでしょう。

続いて洋型墓石についてですが。これはモダンな印象の墓石で、外国にあるお墓にタイプは似ています。コンパクトな設計になっており、高さもそれほどないので掃除などもしやすいのが魅力的です。

また最後にデザイン墓石について話しますが、これはオーダーメイドで作成をする墓石です。自分の好きなデザインで作成することができるので、思い通りの墓地を作り上げることができ、こだわりのある方にはおすすめです。

関連キーワード

関連記事