墓地の選び方や種類について

墓地の選び方や種類について

お墓の種類について知っておこう

近年終活という言葉が広く知られるようになりました。これは人生の終焉に向け、自分自身を見つめ直す、また、自身が亡くなった後どうしたいかを考えるといった意味合いで使われます。例えば今やっておきたいことなどを考えるのはもちろんのこと、保険や年金などのことを考える、遺産のことを考えることなども該当します。さらに亡くなった後のお墓をどうしたいかを考える方もいらっしゃいます。

特にお墓は自分自身が入ることを考え、じっくりと検討したいという方が多くいます。検討にあたり、お墓にはどのような種類があるかを知っておくことも重要です。選び方を考えるにあたり、いくつかある種類をご紹介しましょう。

数多くあるのが公園墓地と呼ばれているタイプですが、これは主に宗教法人や公営法人が管理をしている霊園です。墓地の中でも最も多いタイプと言われており、全国各地に存在しています。数が多い理由としては、メリットとなる部分がたくさん存在しているからです。具体的にメリットを紹介していくと、宗派や宗旨を問わず申し込みをすることが可能です。霊園によっては決まりがあるところも存在していますが、基本的に公園墓地の場合は宗旨や宗派に関係なく申し込めるのが特徴です。また、遺骨がなくても申し込めるのも魅力の一つです。人によっては故人のためにお墓を建てる人も多く存在していますが、中には先祖のためにお墓を建てるという人たちも多く存在しています。場所によっては遺骨がないと申し込むことができないところもある中で、公園墓地の場合はそうでなくとも申し込むことができます。

その他にも公営墓地と呼ばれているタイプがあります。これは地方自治体が住民のために管理をしている霊園となっています。基本的にそれぞれの都道府県が運営をしており、管理体制がしっかりしています。何らかの事情によってお墓がなくなるということも基本的にはないため安心です。

お墓の選び方で気を付けたいこと

お墓を選ぶときには種類について知っておくことも大切ですが、その他にも考えなければならないことはたくさん存在しています。亡くなった後にも基本的に永続的に残るのがお墓ですから、手入れに関しても考えておく必要があります。家族で話し合っておくと理解も得られ、満足のいくお墓選びができるはずです。

永続的に、と記載しましたが、これには家族の理解は非常に重要です。お墓選びの際は継承者について考えておく必要があるためです。例えば例えば寺院墓地や霊園で墓石を建てる形でお墓を持つ場合、基本的に永代使用料を支払うことによって利用することが認められます。お墓を持ち続けるためには永代使用料を支払い続けていくこととなりますが、承継者がいなければこの永代使用料を払うことができず、お墓の権利を失ってしまうことがあるのです。先祖代々のお墓やこれから家族が入っていくお墓と考えるのであれば、継承者についてはお墓を選ぶ前に決めておく必要があります。

また、経済的に無理をしないことも大切です。お墓や葬儀、法事などを行う場合には費用が発生しますが、それぞれ業者によって費用は異なります。どういったお墓にするか、葬儀をあげるかによっても異なりますが、場合によっては考えている以上に資金が必要になることもあります。あまりにも費用が必要になる場合は経済的な負担も大きくなってしまうため、葬儀などトータル的に費用を考えた上で選ぶことも大切です。

お墓参りのことなども考えよう

先にお墓の種類をご紹介しましたが、霊園選びはお墓選びで重要になるポイントです。それぞれの地域に霊園を紹介してくれる業者などがあり、そうしたところは希望を伝えることで出来る限り希望に則ったところを紹介してくれます。

選ぶ際にはアフターサービスが充実しているかどうかの確認をしておくと良いでしょう。例えばお墓を建てたのはいいけれど、忙しくてなかなかお墓参りに行くことができない、ということも十分に考えられます。そのような場合にアフターサービスが充実していれば、代行でお墓参りに行ってもらうことも可能です。

もちろん代行業者だけではなく霊園によって管理費なども異なるため、そうした点も事前に知っておくようにしましょう。

霊園の中には寺院墓地というものもあります。これは寺院の境内にあるような霊園のことで、その寺院の檀家になることでお墓を建てることが可能となります。こうしたところであれば住職の方がいらっしゃるため、ある程度の管理もお願いすることができるでしょう。特に寺院墓地の場合は檀家が通いやすいよう住宅街の片隅にあることも多く、交通の便も比較的良いところが多くなります。車ではもちろん、公共の交通機関を使用して行くことができるという点も嬉しいですね。

お墓の選び方にはその人によってこだわりことが密接に関わってきます。公共の交通機関でも通えるという点を重視する方もいれば、広さを気にする方などもいます。いくつかのお墓の種類を知っておくことで、自分がこだわりたいポイントを確認するようにしましょう。

関連キーワード

関連記事