利便性の高い京王線沿いの霊園

利便性の高い京王線沿いの霊園

何かと便利な京王線と霊園

利便性の高さということ点から考えて、挙げられる路線に京王線があります。特徴的な車両などがあるわけではありませんが、ベッドタウンである東京郊外を結ぶ路線としては、欠かせない路線なので、毎日利用している人も少なくありません。その状況から考えると、生活を支える重要路線であることは間違いありませんが、霊園をどこにするかということから考えても、利便性の高さが選択のポイントの一つになっています。

アクセス性の良さは、お参りをする際に関してもメリットになってくるでしょう。実際に特急を使ったりすることができる場所ならば、都心からでも短時間で到着することが可能になります。そういったことからも霊園開発もおこなわれてきた地域であり、将来的なことを考えた場合、通うリスクが少ない選択であると言えるでしょう。

霊園ということでも、公共が事業主体になった霊園が比較的少なく、民営墓地はたくさん存在するわりには、あまり公営霊園が見られないという特徴があります。そのため、募集ということでは難しい選択肢になってしまうことも出てきます。宗教不問ということでは多数見つけることができるメリットもありますが、宗教宗派は重要なポイントなので、それぞれの特徴を把握し、そういったことも考えながら探す必要があります。

永代供養ということを考えておく

さまざまな理由で霊園を探していくことになりますが、いくら便利な京王線沿線といっても、必ずお参りに行くことができるとは限りません。将来的にどういった状況になっているかはだれにもわからない以上、永代供養ということも選択肢の一つとして考える必要が出てきます。

お墓に関しては、以前は継承するということが当然のように行われてきました。しかし、お墓を受け継ぐと一言で言っても、さまざまな負担を担うことになるのは間違いありません。それを子供たちに背負わすということは、デメリットになってしまうこともあるということを考える必要があります。代々の墓を継承させるということは、大きな意味を持つことになってくるため、新たな選択として永代供養を考えるという人も少なくありません。

永代供養を考えるうえでは、いろいろなポイントが出てきます。霊園を選ぶ際には、自分の宗教の法要ができるかどうかということは確認しておくべきでしょう。基本的に自由となっていれば、一般的なことであれば可能となっています。経営主体も調べておく必要が出てくるのは当然のことです。しっかりとしたものでなければ、のちに困ったことになってしまう可能性があります。京王線沿いであるという利便性は魅力的であっても、信頼性が高いかどうかもきちんと確認することが重要で、そうすることによって将来的な不安を軽減することができます。

当然費用ということについても、実際どんなことをするからいくらかかるのかということを具体的に把握しておくことは大切です。

霊園を選ぶ際のポイントとして

霊園を利用するということは、墓地を購入することとは異なります。そういった勘違いが起きることがありますが、あくまでも使用できる権利を購入すると考えなければいけません。永代使用料となっているのも、権利を取得するための費用であり、購入して自分の資産にすることができるというわけではないということを理解しておくことが大切です。この費用は、区画の大きさなどによって金額が異なってきます。

実際に土地を使用するということに関しては、不動産の売買と似ている部分はあります。住宅と同じように、立地の良いところは高くなり、郊外へ離れていけば、土地の取得費用が下がることになるため、一般的には安くなると考えられます。また、設備的な問題もあって、駐車場などの施設が充実していれば、高くなる傾向もあります。この背景には、駐車場を増やせば、それだけ墓地に使える面積が減るということがあります。そうなると、面積単位の価格は上昇してしまうこととなるため、どうしても負担が増大することになるでしょう。

霊園を選ぶ場合には、地盤がどうなっているのかも重要になってきます。工事費は使用料に上乗せされてくることにはなるかもしれませんが、あとから地盤沈下したりすることを考えれば、しっかりと工事されているところを選ぶ方がいいでしょう。地震が起きた時にも安心して使うことができるからです。

いろいろな条件がありますが、口頭で聞いてもわからないことがたくさんあります。イメージできないこともあるでしょう。そこで重要になってくるのは、見学会の存在です。実際にどうなっているのかを見ることができますし、相談もできるいい機会になっています。疑問点はどんどん質問することによって、不安を解消することができます。せっかく取得を考える機会なので、納得がいくものにするためにも、気になることは、すべてクリアしておくことは大切です。かかる費用も少ないものではありませんので、心配なことはできるだけ確認するようにしましょう。

関連キーワード

関連記事