京王線沿いで霊園を考えるのであれば

京王線沿いで霊園を考えるのであれば

お墓を建てる場所はいろいろとある

お墓を探すというのは、決して簡単なことではありません。様々な条件を加味していかなければならないでしょう。その要因は非常に多く、単純に買えるから買うといったものではありません。将来的なことも見越して購入を考えていく必要があるのです。

いくつかの種類に分けることができますが、もっとも安上がりなのは公営墓地です。自治体が運営を行っているところがポイントで、利益を上げるということだけが目的ではないため、価格は造成や運営に必要な価格だけになり、割安といえるでしょう。その代わり、希望者が多いため空きがあるかどうかが問題となり、なかなか簡単には手に入りません。

京王線沿いでも最寄りに霊園が存在しており、お墓参りで使うことも考えられる路線であるため、その周辺に住まわれている方の中でも同様の問題を抱えている人もいるでしょう。制約も少なく利用はしやすい半面、いくら待っても手に入れることができないこともあります。

また、お墓を考える前に寺院の檀家になることが条件ですが、寺院墓地もその一つです。経営母体が寺院になるため、檀家になることが条件で、宗教的な制約もついてきます。宗派も様々というわけにはいきません。その代わりに、管理はしっかり行き届いており、駐車場やアクセスの良さが光ります。

近年、お墓は自分好みの墓石にすることもできますし、お墓の種類も多様化が進んできています。民間なので、サービスも充実していることが多く、環境も良いことから便利に使うことができるようになっています。どうしてもお墓を選ぶことを急いでいるときには、重要な選択肢となってくるでしょう。

霊園にもいろいろとある

交通の便に優れた京王線沿いということで見てみると、多くの霊園を見つけることができるはずです。すぐ近くになくても、アクセスのいい場所はいろいろとあるでしょう。新宿から乗ることができて東京西部への霊園もアクセスがよく、地域の墓地といった形が無くなりつつあります。公共交通機関が優れた東京ならではの霊園選びとして、大規模なところで探すという選択肢が出てくるでしょう。必要なものが霊園内で購入できたり、お墓参りに必要が道具を借りれたりするなら、お墓参りの後にショッピングやレジャーに行くきっかけもできるのが京王線沿いの魅力です。荷物も少なくすることが可能で、手ぶらでお墓参りができ、家族そろってどこかへ休日に行くときでも、気持ちが楽になるでしょう。

歩いたときに不安がないのか、お参りに来ることができるのかということも考えておかなければなりません。将来不安になる要素があるのであれば、よく考えておく必要があります。また、近年では電話1本で無料送迎までしてくれる霊園もあります。そういったサービスを利用することで、高齢のご家族も気持ちが楽になることでしょう。

霊園を選ぶ際に気になる点は、法事や法要から近場にあるか、バリアフリーか、駐車場の規模はどのくらいか、などが挙げられます。また、葬儀から法事、お墓の管理までが一貫して問い合わせできるところがあれば、若い世代でも安心できます。次の世代のことまで考えたうえで、霊園を選んでいきましょう。

取得費用と見学会の重要性

霊園を探すのであれば、価格ということも重要です。永代使用料の決め方から考えておくと、失敗がなくなるでしょう。実際に開発予定地の地価価格である程度計算することができます。そこに、駐車場などの施設が入り、緑地面積も必要となるでしょう。参道なども含めて考えていくと、1区画当たりの金額が見えてきます。これを他のところと比較していくと、地価から検討することができるため、高いか安いかも見えてくるようになるのです。

さらに管理費も必要となります。逆にすさんだところは安いかもしれませんが、雨が降ったときの足場の悪さなどの環境を考えて墓を建てるということを考えると、決して適切とは言えないでしょう。

また、送迎バスのサービスなどもある霊園も存在するので、自分が求めるサービスと比較して考えることも必要です。他にも墓石や工事費も考えておかなければいけません。車両も入りにくいようなところになると、工事費がかなりかさみます。

思っている以上に費用が必要になることもあるので、土地ということだけで考えない方がよいでしょう。京王線で考えると、多摩方面など霊園が見られるようなところまで広い範囲でつながっているので、都内では南に位置する町田方面も視野に入れて考慮しておくと選択範囲が広まっていいでしょう。東京23区などの都心部よりは、かなり価格が落ち着いていますしいろいろな霊園があるため、比較もしやすくなるでしょう。

できるだけ多くのところを周ってみることが必要で、専門業者もうまく利用するべきです。専門業者を使うことができれば、情報の量が多くなるため、見学の予定を決めてうまく回すこともできるようになります。

京王線沿線のの霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事