これから墓地を探すときに

これから墓地を探すときに

民間経営の2つの形

墓地を探す際には、さまざまな理由を抱えていることがあるでしょう。今現在持っていないということもありますし、引っ越したいということもひとつの理由になってきます。どこでもいいということはないのが、墓地探しということになってきますが、まずはさまざまな条件を考えていかなければなりません。後悔をしないようにするためにも、条件は細かく検討していく必要があります。

そして、墓地はいくつかの形に分かれることを理解しておくようにしましょう。公園墓地といった場合には、公園のような広大な敷地を利用しているのが特徴で、設備も充実していることが多くなっています。共有スペースも十分に整っており、休憩所も整備されていることがほとんどです。一般的には、宗教宗派不問ということが多く、好きなタイミングで購入できることができるようになっています。これは、民間の経営であることがほとんどで、競争入札のような方法をとっていないからです。その分、価格もかなり高価なものになってしまいますが、区画数も多くとられているため、必要な時に手に入れることができるというのは魅力となっています。

民間でも、寺が経営しているのが、寺院墓地です。寺が経営しているので、宗派は決まりがあり、不問となっていることはまずありません。他の宗派の場合には、改宗を求められることも考える必要があるところです。その代わり、手厚く見守ってもらうことができるというメリットがあります。供養に関しても定期的に行われることになるため、後々を考えると安心できる部分となるでしょう。寺ということで、檀家になる必要性が出てくることも理解をしておきましょう。特に新規で作るということでは、ハードルは低いわけではないことを把握しておく必要があります。

競争の激しい公営墓地

経営者が民間ではなく、自治体が管理しているかたちになるのが公営墓地です。価格ということを考えると、もっとも低く抑えることができます。営利団体ではないからということになりますが、地方自治体が運営管理するということは、その自治体に住所があるなど、細かな条件が出てくることになります。これは、各自治体によって違いがあるため、一定の条件があるわけではありません。ただし、応募資格はあまり簡単なものではないことも考えておくべきです。

もっとも安価な方法になってくることからも、競争はかなり激しくなります。入札制度をとっていることもありますし、いつ出てくるかも決まっているわけではありません。墓じまいをする人が出なければ出てこないこともあるため、欲しいと思っても手に入れられないことがあります。設備についても、民間経営ほどそろっていないことも出てきますが、宗教宗派に関しては不問となることが多いでしょう。埋葬できる遺骨があるかどうかといったことも問われるため、チャンスがあるのであれば、応募してみる価値は十分にあります。

さまざまな墓地がありますが、経営主体が違うというだけでもこれだけの違いが出てくることを理解しておくべきでしょう。単純にどこでもいいということにはなりませんし、経営主体がしっかりしていなければ、後々困ったことになることも出てきます。そこで、見学会なども利用して、本当にどういったところなのかを知ることが必要です。

将来後悔することのない墓地を探すこと

見学会に参加するということは、墓地選びをする人にとってとても重要な意味があります。すぐに見に行ける場合もありますが、一定の日で決められていることもあるでしょう。予約をしておくことが必要となりますので、墓石店などに問い合わせをしてみると確実です。

見学をする際には、どんな場所にあるのか、問題はないのかを知ることが重要になってきます。問題とは、本当にお墓を持った時に、お参りに行くことができるかどうかです。それも、現在ではなく、将来ということも考えて選ぶ必要があります。現在はどんな場所でも大丈夫だとしても、時間とともに歳をとり衰えていくのが人間です。その時に、歩いてお参りに行くことができるのか、公共交通機関を使ってどれぐらいの時間がかかるのかも知っておかなければなりません。墓地の中も歩いて負担がどれほどかかるのか、休憩できる場所はあるのかどうかも見ておくといいでしょう。こうした視点で考えておけば、将来後悔することが少なくなります。

値段の安さということも、もちろん重要な要素です。しかし、それだけで選べば後悔することも出てきます。日当たりといったこともその要件のひとつです。じめじめした場所にあるような場合、どうしてもお墓参りに行きにくくなります。足が遠のくということは、お墓の手入れなどがなかなかできなくなることを意味しますので、環境を細かく見てみるといいでしょう。あまり神経質にならないようにすることも必要ですが、長い付き合いになる場所ですので、丁寧に選ぶことが大切です。

関連キーワード

関連記事