おのじ通信 10ページ目

「おのじ通信」 Vol.1(町編集員)

onoji-vol1

小野路霊園のある小野路町を知ろう!
町田小野路霊園が位置する町田市小野路町は、東京都で唯一「にほんの里100選」に選ばれた緑豊かな美しい里山を残す町です。東京都は思えない、どこか故郷を思い出す心安まる風景がここにはあります。 また、小野小町が眼病を治したと伝わる小町井戸や新撰組の近藤勇、沖田総司らが剣術の稽古に通っていた旧布田街道が当時のまま残る「歴史環境保全地域」でもあります。 のどかな風景と歴史的景観にふれあえる小野路にぜひ一度足をお運びください。

「おのじ通信」 Vol.162013年7月1日 (小池編集員)

おのじ通信 Vol.16 梅雨ですね

ジメジメと蒸し暑い梅雨の時期ですが、“梅雨”の語源は「梅の実が熟す頃」とか、「湿度が高くカビが生えやすいことから『黴雨』が同じ音の『梅雨』になった」など諸説あるようです。
雨の降り続く時は外出するのも少し憂鬱になりますね。お墓参りも梅雨の晴れ間を狙ってお越しになる方が多く見られます。 雨上がりの町田小野路霊園は木々も生き生きとし、青い空に白い雲、たくさんの緑が美しく、ついつい時間を忘れてのんびりとお参りしたくなります。
“恵みの雨”でもある梅雨。予想ではあと1ヶ月弱で梅雨明けのようですが、憂鬱にならずに梅雨を楽しめたらと思います。
管理事務所では、急な雨でもお参りいただけるよう、傘のお貸し出しをしています。また、お線香やお花、雑巾もご用意していますので、お参りしたいな、と思った時はどうぞ身軽にお出かけください。

「小野路霊園にいると、空がこんなに広かったのかと思います。」お参りの方の感想です。

「おのじ通信」 Vol.152013年6月1日 (橋本編集員)

おのじ通信 今年は早くも台風頼り お盆のご準備はお済みですか?

入梅の候、皆様いかがお過ごしでしょうか。
町田小野路霊園では、6月1日よりお盆用品展示会を開催しております。「お盆」は家族や親戚が集まり、ご先祖様や身近に亡くなったご家族を偲ぶ行事です。地域や宗旨・宗派によりしきたりは異なりますが、一般的にはご家庭で提灯を飾り、迎え火・送り火を焚き御霊を供養します。
長崎の精霊流しや京都の大文字の送り火、夏の花火大会や盆踊りも、お盆の迎え火や送り火の一つと言われています。
様々な盆飾りで、ご先祖様に感謝し、大切な人を偲びながら想い出を語り合うことがなによりのご供養となるでしょう。

【お盆用品展示会】

合掌の郷 町田小野路霊園 泰鳳閣大ホールにて、開催中!
ご来園の上お買いあげの方には、特別割引を適用致します。
6月30日まで。

「おのじ通信」 Vol.142013年4月1日 (町編集員)

おのじ通信 第3回エンディングノート・セミナー 介護制度入門編れぽ

先日、「第3回エンディングノート・セミナー/介護制度入門編」が開催されました。
前回は60名近いご参加で会場が一杯になってしまい、「もっと少人数でしてほしい」とのお声が上がりましたので、今回は定員30名様を予定していました。にもかかわらずお申込みが多く、やむなく40名様で打ち切りとさせていただきました。
介護セミナーの講師をしてくださったのは、川崎市でケアプランの作成や介護認定調査に携わっていらっしゃるケアマネジャーの和田由美さん・幸信さんご夫妻です。
介護保険を利用するにあたっての申請手順や介護認定の基準、ケアマネジャーの選び方などについてお話いただきました。介護保険と健康保険の区別が難しく、混同して考えていらっしゃる方もあり、セミナーを受けてすっきりしていただけたようです。
ご参加いただいた方からは、「わかりやすく、勉強になった(60代男性)」「未体験ゾーンに突入する年代なので、わからないことがいっぱい。学ぶきっかけをいただき嬉しいです。今後も期待しております。(70代女性)」などの感想をいただきました。
今回定員となってしまった為、ご参加頂けなかった方も多く、皆様の声にお応えして、次回エンディングノート・セミナーは10月6日に開催が決定しました!ご期待ください!

「おのじ通信」 Vol.13(山本編集員)

onoji-vol13-2

この春も花粉症に悩まされ続けた、おのじ通信部の山本です!!この度、開園当初から運行して参りました「無料送迎バス」が新旧交代、完全リニューアル致しました。ニューフェイスは自動昇降ステップが付き、車内の空間も広くなり、皆様から「乗り降りしやすくなった」と好評を頂いております!小田急・京王永山駅、聖蹟桜ヶ丘駅から毎日運行(水曜除く)しておりますので、お気軽にご利用ください。

onoji-vol13