「おのじ通信」 Vol.3(小池編集員)

onoji-vol3

いつか来る「もしもの時」のために
新緑のまぶしい季節となりました。小野路霊園の木々も今とても綺麗です。先日霊園のお客様からこんな相談がありました。「少し前にうちの主人が1週間ばかり入院したんです。そのときふと思ったのですが、私達夫婦ももう60才を過ぎ、、もし万が一のことが起きた時にお葬式のやり方や費用のことなど何も考えていなかったな・・・と思って。子ども達のことを考えても少しは準備しておかなければならないと感じたので、参考になる資料はあしますか?」というお話でした。まだまだ元気、だけど元気なうちにお葬式の話は家族としておきたい、今そんなお客様が増えています。小野路霊園では「終活」をテーマに、経験豊富な霊園専属の葬祭スタッフによる葬儀相談からちょっとした疑問・質問まで思い立ったときに気軽にご相談いただけます。もちろんご葬儀のお見積もりも無料です。 元気だからできること。笑って話せるから考えられること。皆さんも「終活」してみませんか。