「おのじ通信」Vol.53 2018年12月10日(山本編集員)

小野路通信第53号

仕事や学校などの関係で年末年始にしかまとまった休みがとれない…という方も多いですよね。また、命日が年末年始の期間にあたる場合は、命日にお墓参りをしたいという気持ちもごく自然なことです。
そうでなくても、皆が集まる機会の多い年末年始は、家族そろってお墓参りをするよい機会とも言えます。

年末のお墓参りは、特にこの日に行なうという決まりはありません。
関東圏のほとんどの地域で、年末頃のからっと晴れたお天気はお墓周りの掃除に丁度良い時期になります。ふだんは手の回らないところまで、墓石の周りをきれいにしてあげると良いかと思います。
年末に大掃除を済ませておけば、お正月の三が日は、清々しく晴れやかな気分でお墓参りができます。ご先祖様に旧年の無事を感謝し新年の挨拶の気持ちを込めて、お花とお線香をお供えしましょう。
町田小野路霊園のお客様のなかには、お墓参りを済ませてから初詣に向かうという形で、お正月のお墓参りを年中行事にしているご家族もあります。

お墓のお掃除のコツ

そもそもお正月は、歳神様と先祖の霊をお迎えしお祀りするためにあります。お正月飾りで歳神様をお迎えし、お墓参りでご先祖様と仏様に新年の挨拶を行ないましょう。
新年に子孫の元へ戻ってきたご先祖様は、私たちの今後の繁栄を温かく見守ってくださることと思います。