東京都で自分らしい葬儀を行うためのポイントとは

東京都で自分らしい葬儀を行うためのポイントとは

人生の終焉の迎え方

人生の終焉の迎え方は人それぞれであり、最期を締めくくる儀式にもさまざまな種類があります。東京都で執り行われる葬儀にもいろんな形があり、家族や親戚、近しい友人や知人などが参列する一般葬のほか、最近では、費用を抑えて家族や近親者のみで見送りをする家族葬も多くなっています。突然の不幸をのぞいて、最期の儀式について生前に話し合いや終活を行うことも珍しくなく、自分らしい形で最期を迎えたいと考えている方も少なくありません。

近年、よく見られる形として、一日葬と呼ばれるものがあります。通常、通夜、葬式、告別式を2日にかけて行うのが一般的ですが、前日の通夜法要を省略して、1日の間に火葬まで済ませる形のものです。徹夜しながら斎場で過ごし、弔問客の対応に追われることがなく、身内だけでゆっくりとお別れができるというメリットがあるため、規模の大きい儀式を催すことが必要でない場合の一つの方法として検討される形式と言えるでしょう。

人生の最期を病院で迎える方も少なくありませんが、覚悟をしていても、臨終のときを迎えると少なからず気が動転してしまい、どのように動けばいいのか、何を準備すればいいのかがわからなくなることもあります。なるべく普段から、万が一の時に備えて用意するものを整理しておくのも、慌てないで済む方法の一つとなります。もしもの時に連絡すべき肉親や親戚、葬儀社などの電話番号などをメモしたリスト、遺影用の写真、印鑑、着替え用の浴衣など、あらかじめ準備できるものについては整えておくことが大切です。生前から相談できる葬儀社があると、細やかなアドバイスをしてもらえるため、いざというときにも焦ったり、慌てたりすることもなくなることでしょう。

信頼できる葬儀社は強い味方

一般葬で、斎場を借りて儀式を行う際には、弔問客の利便性などを考慮して選ぶことが必要となります。斎場によっては、高齢者の体に負担をかけてしまう構造のところもあるため、参列者に高齢者が多く見込まれる際には、バリアフリーなどにも考慮して斎場を選ぶことになります。また、火葬場が併設された斎場は、移動時間のロスや移動が大変な高齢者への配慮ともなるため、こちらも条件の一つとして検討されることをおすすめします。

このように、斎場一つをとってもさまざまな配慮が必要となるため、悲しみにくれる遺族が慣れない儀式の全てを背負ってあれこれと決定して動き回るのは、とても大変なことなのです。東京都の葬儀社には、亡くなった直後から信頼して全てを任せられるところがあります。

どのくらいの費用がかかるのか、料金には何が含まれて、何がオプションとなるのかなどについても明確な提示をしてくれるところであれば安心できます。死亡届や火葬許可書など役所での手続きも全て依頼できるので、遺族がバタバタと動き回る必要もありません。当日の進行、運営、香典返し、読経の依頼、受付など考えなくてはならないことが山積みで、しんみりと故人とのお別れができない遺族に代わって、冷静沈着にぬかりなく業務を遂行してくれます。法要の準備や返礼品、位牌や仏壇の手配など、本来ならば、遺族がギフト業者や仏壇仏具店、菩提寺、料理屋、霊園などさまざまな場所に足を運ばなければならないところを、全て依頼することができるのでとても心強い存在となります。

永代供養墓を選択する理由

故人への思いが落ち着き始めた頃、目の前に立ちはだかる現実的な問題の一つにお墓の問題があります。通常、四十九日を過ぎたところでお墓にお骨を収めます。最近では、墓地の不足も問題となっていて、立体駐車場のようなコンピュータ制御の納骨堂も登場しています。

また、土地やスペースの問題だけでなく、墓を代々守る人間が時代とともに少なくなってきているという深刻な問題もあります。核家族化、少子化、生涯結婚を望まない独身主義者、高度高齢化など、さまざまな事情から先祖代々受け継がれていくべき墓が放置されることも少なくないのです。高齢になった親が子どもに迷惑をかけたくないとして、お墓を建てることを遠慮するケースもあります。

お墓は、命日やお盆、彼岸などだけでなく、先祖に安らかに眠ってもらいたい、遺族を見守ってもらいたいという思いから、ことあるごとに訪れて、清掃やお参りをするものです。お参りする人がいないお墓は、荒れ果ててとても無残なものとなってしまいます。今後も、社会構造に大きな変化はないことを考えると、お墓の承継者がいる、いないに関わらず、寺院が永代にわたって供養、管理してくれる永代供養墓も新しいお墓の形として検討してみてもいいのではないでしょうか。

東京都の葬儀社のなかには、永代供養墓を生前から申し込みすることができるところがあり、万が一の時にも子どもや周りの人間に迷惑をかけることがありません。終活の一環としてお墓のことを処理しておけばそれがよりどころとなり、安心して余生を送ることができるでしょう。自分の最期を自分らしく締めくくるゴールとなるお墓について考える機会をもってみてはいかがでしょうか。

東京の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事