犬の葬儀について

犬の葬儀について

犬の葬儀を行う魅力について

現在、ペットと生活をする人は多くなりました。飼われているペットの種類は複数挙げることができますが、その中でも人気が比較的高いのが犬です。今ではホームセンターやペット専門ショップでも購入することができ、生活をスタートさせることができます。しかし、当然寿命があります。種類によっても異なりますが、大型のものの中には10年以下で寿命を迎える子も多いです。また、小型の種類でも10年以上経過すると高齢になります。寿命を迎えると飼っていた愛犬とお別れする機会に遭遇することになります。

大切に飼っていた犬ですから、人間が亡くなった時と同様に葬儀を検討している人も多いです。現在では人間だけでなく犬などのペットにも対応する業者があるので、その業者を利用すれば行うことができます。基本的に火葬を扱う業者が多いです。従来においてはこのようなサービスを提供するところは少なかったので、今年を重ねた子と一緒に生活をしており、もし寿命を迎えた時には葬儀をしてあげたいと考える飼い主の中にはどのような魅力があるのか知りたいと思う方もいるでしょう。

魅力の一つとして挙げられるのが、立ち会うことができる点です。基本的に自治体を利用して火葬する人もいますが、自治体を利用すると立ち会うことができないので、寂しさを感じる飼い主は珍しくありません。最後まで面倒を見てきた飼い主の多くは、大切に育ててきた人でしょうから、最後まで立ち会ってあげたいと考えるのも自然な感情の一つです。葬儀を利用すればお骨拾いができることも魅力です。自治体を利用する場合、当然お骨拾いはできませんが、葬儀をすれば骨を持ち帰ることができます。例えば骨を拾い三途の川の橋渡し等ができるので、最後まで飼い主の責任を全うできると感じる人もいるのではないでしょうか。

その他の魅力としては区切りを付けることができる点です。現在では飼っている犬にとても愛着を感じる飼い主は珍しくありません。実際に飼っていたペットが亡くなってしまった飼い主の中で、ペットロス症候群を発症させる人も珍しくありません。葬儀をすることで区切りを付けられるので、再びペットがいない生活を気持ちを切り替えてスタートさせられる人もいます。このように犬の葬儀を行うことには様々な魅力があるので、大切なペットを最後まで見送ってあげたいと考える人は利用を検討しましょう。

犬の葬儀の流れについて

犬の葬儀の利用を検討している人の中には流れをあらかじめ把握しておきたいと考える人もいます。流れとしてはまず初めに業者に連絡をしてプランを決めることになります。業者によって取扱プランなどが異なります。そのため、利用したいプランを選択します。業者によっては相談も受け付けてくれるのでアドバイスを受けながら選択することも可能です。

次に安置をします。基本的に業者によって異なりますが、申し込みをして次の日に葬儀を行うケースは少ないです。一般的にその日が来るまで家で遺体を安置しておくことが求められます。夏の時期は気温が高いので季節に応じてドライアイスなどで遺体を管理する人も多いです。業者によっても異なりますが、個別火葬や合同火葬の時、霊園に足を運べる人は霊園でペットとお別れになります。また、合同火葬は合同に火葬をすることになるので、お骨を受け取ることができません。一方で個別火葬においては一体のみ火葬を行うことになるので、骨を拾うことができます。立ち会い火葬では霊園のお別れができる部屋にて家族だけでお別れが可能です。

また、立ち会い火葬も一体だけ火葬することになるので、骨拾いが可能です。骨に関しては業者の人が拾ってくれるケースが多く、火葬後に個別火葬や立ち会い火葬では業者から受け取ることができます。さらにご返骨の後に供養や埋葬も実施してくれるところがあるので、そのような業者では供養や埋葬も流れの中に含まれます。

葬儀を行うための業者の選び方のコツ

葬儀を行うために業者選びを検討している人も多いですが、コツを参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。コツの一つとして挙げられるのが情報収集を行い自分に合った適切な業者を選択することです。例えば業者の中にはホームページから情報配信をしてくれるところもあるので、インターネットを利用して情報を集めることが可能です。また、ホームページだけでなく資料請求も受け付けている場合もあるので、資料を自宅に送ってもらいその業者ではどのようなサービスを扱っているのか知ることができます。

情報収集をしたら値段の比較を行いいます。値段は業者のプランによっても異なりますので、サービス内容に見合った価格かどうかを検討することで後悔の少ない選択をすることが可能です。葬儀を検討している人でもし何か質問などがある時は、業者のホームページや電話から質問をしてアドバイスをもらうことで疑問点や悩みを解決できる可能性があります。

関連キーワード

関連記事