横浜市のペット霊園はどのようなところがあるか

横浜市のペット霊園はどのようなところがあるか

横浜市にある霊園について

最近、ペットを飼う人が本当に多くなっています。場所にもよりますが、外に出ると犬を散歩させている人を見る機会が多いです。しかしその裏でペットを亡くしてしまう人もいます。そのような時に利用するのがペットの霊園です。霊園は基本的に人が亡くなった時に使うのですが、最近ではペットも利用できるところが多くあります。横浜市でもかなり多くの場所がありますので、横浜市でペットの霊園を探している人は、問い合わせをしてみるといいでしょう。

霊園によって多少のサービスの違いがありますので、その点をしっかりと確認するようにしてください。例えば、どのような火葬をしてくれるか、ということがあります。基本的には人間と同じように専用の場所で火葬することになりますが、場所によっては火葬車というのがありますので、そのようなところもあることを覚えておいてください。あとは、納骨堂がどうなっているかです。葬儀はするが、納骨堂は別というところがありますので納骨堂を必要とする場合は注意しましょう。他にも細かい部分でサービスが異なる場合がありますので、よく確認しましょう。また、料金設定も場所によって異なりますので、よく考えて選ぶようにしてください。

横浜市でも様々なサービスを設けているところがありますので、自身の考えに適したところを探すようにしましょう。問い合わせをしたり、一度足を運んで自分の目で確認してみるのもいいかもしれません。何も確認していないで葬儀をとりおこなってから、問題が発生することが稀にあります。すぐに葬儀をしないといけないと焦って利用しづらいところを選ぶのは避けましょう。そのためにも、前もっていろいろなところの情報を集めておくことが大切です。

料金やサービスについて

横浜市にはペット霊園がいくつかあります。その場所によって料金やサービスが異なりますので、しっかりと調べてから利用してください。まずサービスについてですが、どのような納骨方法があるのか、どんなグッズが扱われているかなどを確認してみてください。特にグッズはその場所によっては取り扱ってない場合がありますので注意しましょう。他にも、どのような火葬方法があるかを確認してください。人間ですと1人1回が基本ですが、ペットなどの場合は合同火葬というのがあります。これは複数のペット、要するに他の人のペットと一緒に火葬するものです。このようなやり方もありますので、どの方法を選択するのか考えてください。

次に、料金です。ペットの大きさによって料金が異なります。それも場所によって結構金額が異なりますので、注意が必要です。また、先程説明した合同火葬でするか、それ以外の方法でするかによっても料金が異なります。ですから、利用方法をよく確認してください。さらに埋葬料金も異なります。執り行い方で料金が異なるところもあれば、場所で料金が異なる場合もありますので、しっかりと説明を聞いて判断するようにしてください。ちなみに、納骨だけは他でするというやり方もあります。埋葬後の供養のやり方もさまざまです。しっかりと読経供養を行っているところもありますし、そうでないところもあります。このように場所によってサービス内容や料金が異なりますので、大事なペットを供養してもらうためにもよく考えて選びましょう。

埋葬形式について

霊場によっては、埋葬ができるところもあります。横浜市で埋葬も可能なところがありますので、ペットの埋葬を考えている人はそのようなところで埋葬をするといいかもしれません。ただし、埋葬のやり方がその場所によって異なりますので、しっかりと確認するようにしてください。

基本的な方法としては、墓地を使用する人間と同じような方式です。ただし、あくまでもペットですのであまり大きな墓地を使用できるところは少ないです。また、場所によっては共同で墓地を使用する方法をとっているところがあります。それがいいという方なら共同を使うといいですが、個人で扱う墓地を希望する場合はそれができるところを利用するようにしてください。ちなみに、共同墓地によってはかなり大きなものやひな壇方式など様々ありますので、その点をしっかりと確認するようにしてください。

次に、納骨堂と呼ばれているものがあります。棚に置くタイプで場所によってはかなり多くの場所があります。サイズの方も様々ありますので、しっかりと確認してください。サイズにもよりますが食べ物などのお供え物をすることができる場合もあります。他にも特殊な墓地があり、中には石碑のモニュメントに入れるというものがあります。場所にもよりますが、犬の写真や絵柄をモニュメントそれぞれのところに入れて骨壷を安置するものもあります。コンパクトなお墓ですのでスペースはあまりありません。故に、お供え物などはできないこともあるので、注意しましょう。しかしその分費用が安く、多くの人が利用しており、メリットがあります。このようにお墓の状態もさまざまありますので、どのような埋葬方法をとるのかしっかり考えて選びましょう。

ペット葬儀の詳細はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事