東京都だから考える必要があるペット葬儀

東京都だから考える必要があるペット葬儀

家族と変わらないペット

ペットブームにともない、ペットを飼う家庭は増えました。ペットの種類も多様化する中で、東京都でも夕方になって外を見ると、ペットの散歩に出ている人を見かけるのは珍しいことではないでしょう。データでは、子供の数をペットの数が上回ったといったことも言われるようになりました。それだけのペットがいるということは、悲しいことではありますが亡くなってしまう場合も出てきます。

基本的に人間よりも寿命が短いために、見送ってあげることになるでしょう。家族同様に過ごしてきたペットが亡くなるというのは、寂しいことであることは間違いありません。できることならば、お葬式を挙げてあげたいと思うのも当然のことといえます。ペットをかわいがり、身近な存在になればなるほど、こうした想いが強まるのも当然です。東京都でも、ペット葬儀ができるところが出てきています。ですが、まだまだ歴史の浅いサービスであることも間違いないでしょう。

実際にペットを弔う儀式として考えると、人間に行われたことがペットに行われるようになります。動物に対して行われるということに対して驚きを持って迎える人もいますし、疑問を持つ人もいるということを理解しておく必要もあるでしょう。愛情を持って接していることは確かであり、必然的に生まれてきたとしても、すべての人に当てはまるサービスではないということも確かだからです。それでも、ペットとともに暮らしてきた人にとっては、確かにありがたいサービスであるといえます。なぜかといえば、これまでは焼却場に運んで焼いてもらっていたからです。

ペットがなくなってしまったときの問題

ペットということで考えれば、昔は庭付きのところにでも住んでいるのであれば、小動物は埋めてあげることもできました。その方が一般的だったことは確かです。ところが、中型動物になるとそうはいきません。スペースといったことも当然のことながら起きることですが、それだけの遺体を埋めるということで、衛生上の問題も出てくるでしょう。近所に家がある場合には、大きな問題になってしまうことも出てきます。

これまでのペットの火葬といえば、地域に存在している保健所に依頼するということができました。ただし、扱いはもっとひどいもので、他に依頼があったペットとともに焼かれてしまいます。こうなってしまうと、すでに火葬というレベルでは語ることができません。まとめられてしまっているということで、火葬というよりも焼却処分という扱いになってしまうことが問題でした。ペットを飼っていることを考えれば、これが納得できるような対応ではないことがわかるでしょう。家族同然に過ごしていたという存在であることを考えれば、ペット葬儀をしっかりと行っていきたいと思うのは、こうした行政の理解不足という側面があるのも間違いありません。

ペット葬儀の場合には、火葬ということだけではなく、納骨まで行うようになっています。現在の墓地では、ペットの埋葬もできるようになっているところが多く、人間と同じように扱うことができることが増えました。改めてスペースを手に入れる方法もあり、現在お墓を持っていなくても、ペット専用のところを探し出すこともできるようになっています。特に東京近郊には、いろいろなサービスがあるため、見つけるのは難しくないでしょう。

実査のペット葬儀の流れ

実際にペット葬儀は、業者に取り仕切ってもらうのが一番確実な方法です。一般の葬儀に比べてわからないこともいろいろと出てくることでしょう。葬儀のプランまで決めてもらうことが重要ですが、個別にするのか集団でもいいのかという選択が出てきます。火葬に関しても立ち合いができる場合もありますし、遺骨を返してもらうかどうかということまで決めることができるため、打ち合わせが必須です。

葬儀をすぐに行えるのであれば、そこまで問題になることはありませんが、どうしても都合がつかないときがあります。その時には、ドライアイスなども必要になってくるのは人間と変わりません。頭とおなかは冷やしておいてあげなければいけませんので、打ち合わせの時に手配してもらうようにすることが大切です。特に夏場は必須といっていいでしょう。

火葬の時には、金属製とプラスチック製のものは入れてあげることができませんが、他のものであれば一緒にしてあげることができます。普段から使っていたものを入れてあげるというのもひとつです。遺骨を返してもらわない場合には、業者が納骨室に収めてくれます。この方法もしっかりとした供養をしてくれますので、埋葬する場所がない場合には依頼するというのも方法です。一時的に預かってくれるというサービスがあったりすることもありますので、相談してみるといいでしょう。

ペットの存在を考えると、東京都でも行政に依頼すれば一般廃棄物にされてしまうこともあります。費用よりも取り扱いが問題となりますので、事前にどんなサービスなのかを知るということも含めて相談することを考えておくべきでしょう。

東京の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事