家族と変わらないペットの供養方法

家族と変わらないペットの供養方法

ペットブームだからこそ

日本も空前のペットブームといわれるようになりました。大切な家族と同様の存在となっているところも少なくありません。ですが、寿命は人間よりもはるかに短いことがほとんどで、いつかはお別れをしなければいけなくなります。生きているものの宿命ともいえますが、人間と同様に病気になることもありますし、寿命がくることもあります。いずれ亡くなってしまうということを前提にしておくのは、飼い主として心構えをしておくことは大切です。供養の仕方などは考えておかなければいけないところです。

ペットも葬儀をおこなうことができるようになっていることは、最近よく知られるようになりました。人間のように決められたスタイルがいくつかあり、そこから選択するということではありません。飼い主の自由に決めることができることから、自分たちが考えるお別れの仕方にすることができます。人間と同じようにすることもできますし、もっと簡素な形式をとることも可能です。

専用の施設を利用するという方法もあり、専用の墓地になっているところもあります。施設の場合には、人間同様の流れができあがっており、さまざまなサービスも考えられているため、十分に供養できる方法です。

火葬から納骨まで人間と変わらないサービス

ペットの供養方法としては、火葬してくれるサービスも出ています。いくつかのプランが作られていることが一般的であり、立ち合いや返骨ができるかどうかといったことまで細かく決められていることもあるため、希望のかたちをとるといいでしょう。施設に自分で運ぶことが一般的ではありますが、自宅に火葬装置を取り付けた車両を持ってきてくれるといったサービスも出てきました。内蔵しているため、庭などでも火葬してあげることができるため、大型犬で運ぶのが大変といったときでも利用できます。見た目には、火葬専用車両であるということがわからないようになっているのもポイントです。

火葬後の遺骨に関しても自宅に置くという選択だけではありません。ペット専用の霊園もできあげってきており、人間のサービスとほぼ変わらない形をとることができます。火葬から納骨まで、一括でできるようになっているところもあるため、1カ所で終わらせることも可能です。

墓地に関しても、複数のかたちが存在するのは、人間と同じといえます。個別の墓もありますし、集合や合同といったかたちも取ることが可能で、人間とほとんど変わりません。散骨することができるようになっているケースもありますが、中には一般の墓地で埋葬することができる場合もあります。自分の家の墓の敷地の中に、ペット専用の墓を作ることができるもので、一緒に埋葬することが可能です。

ただし、どこでもできるわけではないため、事前に確認しておかなければいけません。墓ではなく、納骨堂になっているサービスもあります。小さく棚分けされており、人間の納骨堂とあまり変わりません。費用的な負担を考えても、かなり軽減されることから増えてきました。

場所も少なくなり、永代供養墓なども増えてきていることを考えると、現代的な選択になってきています。基本的には屋内施設になっていることから、営業している時間であればいつでもお参り可能です。天候にも左右されないことを考えると、供養としてもメリットは高い方法となっています。

飼い主が悲しみから抜け出すためにも

ペットの供養ということでは、手元供養もあります。もっとも負担の少ない方法であり、遺骨を骨壺に入れて自宅で供養する方法です。ペンダントに遺灰を入れて身につけたりする方法もありますが、手軽な方法であるともいえます。メモリアルアクセサリーといったものも数多くなってきており、いろいろな方法が考えられるようになりました。ペットロスに襲われたとしても、自宅で供養してあげることができれば、だんだんと軽くしていくことができるでしょう。一緒に暮らしていた時のように過ごすことができることは、精神的な負担も軽くすることができるようになります。

自然葬という方法も採られています。人間の供養方法に近い方法で、自然に帰してあげるという考え方です。専用に用意された山野に散骨する方法もありますが、かなり数が少ない方法といえます。散骨する方法のひとつですが、樹木葬といったかたちも取ることもできるようになっています。苗木を一緒に植えてあげることによって、土に返っていくというだけではなく、樹木は成長していく姿を見ることができるのがポイントです。精神的な負担も軽減することができるようになるため、多く選択されてきています。

供養ということを考えるのは、飼い主が悲しみから抜け出すきっかけになることのひとつでしょう。ちゃんとしたかたちにしてあげることが重要となってきますので、飼い主としての義務というだけではなく、悲しみ続けないためにも考えておくことが重要です。

関連キーワード

関連記事