大切なペットが亡くなった時のペット火葬の方法

大切なペットが亡くなった時のペット火葬の方法

ペット火葬と方法

世界的に人の平均寿命が延びる傾向にあります。これは医学の進歩も関係していますし、以前よりも食事の質が高くなっていることも関係しています。これは人だけでなく、ペットにも言えることです。人よりも寿命は短いものの、以前に比べてペットフードの質も向上していますし、飼育環境や動物医療も進化しているので、長生きをするペットが増えています。しかし、大半は飼い主よりも先に一生を終えます。家族同然で大切にしてきたペットが亡くなるというのは、飼い主にとって何より辛いことです。

しかし大切だからこそ、最後はきちんとお別れをしてあげたいと考える方は多くいます。自宅に広い庭を所有しているなら、庭に埋葬することができます。しかしマンションやアパートの場合は、庭がないので埋葬できません。こういう時は、ペット霊園に行くか、ペット火葬をしている業者に依頼して火葬をしてもらいます。家族同然の可愛いペットでも、亡骸をそのままにはしておけませんので、自宅の庭に埋葬できない場合は、火葬するのが一般的です。

ペット霊園には人間の霊園に併設したペット霊園や、ペットだけのために作られた専用の霊園があります。どちらもペットが亡くなってから申し込めば、火葬をしてもらえます。ただし料金は色々とプランがあるので、一律ではありません。

ペット霊園によってもサービスは違いますし、民間のペット火葬をしている業者なら、自宅まで来て火葬をしてくれます。お骨は自宅で供養することもできますし、ペット霊園に預けて供養することもできます。ペット霊園なら葬儀や法要も人と同じようにやってもらえますし、命日や誕生日にはお墓参りもできます。鳥やうさぎなどの小動物や体重50キロくらいまでの犬や猫なら対応してもらえます。

ペット火葬社の方法

大切なペットが亡くなったら、しばらくの間は悲しくて何も手につきませんが、そのままにしておくわけにもいきません。悲しいですが、きちんと最後のお別れをするのも、飼い主の努めです。ペットを埋葬する場所がない場合は、民間のペット葬儀社に依頼をすれば、対応してもらえます。自治体でもペット火葬ができるところがありますが、この場合は合同火葬になるので、ペットのお骨を個別に引き取ることができません。

お骨を手元に置いて供養したい、または霊園で供養してもらいたい場合は、ペット葬儀社かペット霊園に依頼をしましょう。民間のペット葬儀社なら、お葬式もできます。悲しい中でもお葬式という一つの儀式を済ませることで、気持ちに区切りをつけることができます。個別に火葬できるので、お骨や遺灰も丁寧に扱ってもらえます。ただしペット葬儀社にもいろいろありますし、サービスによっては料金も変わってきます。

主なサービスとしては、火葬、お骨拾い、返骨となります。最初に葬儀を行うこともできますし、火葬の立ち会いなどもできるようになっています。葬儀の流れとしては、人とほぼ同じです。ペット葬儀社に出向いて火葬してもらうことも可能ですが、自宅まで出張してもらい葬儀や火葬ができるサービスもあります。これはペット葬儀社によって対応が異なりますが、出向けない場合は出張火葬という選択肢もあります。この場合は、車に火葬炉を積んでくるので、自宅でペットを見送ることができます。

人間と同じように、24時間年中無休で対応しているペット葬儀社は少なくありません。多少費用はかかりますが多くの人が利用しています。

ペット火葬の種類と方法

ペットが亡くなって個別に火葬したい場合は、ペット霊園か、民間のペット葬儀社に依頼をします。火葬は人間と同じように火葬炉で行いますが、火葬に立ち会うか立ち会わないかによって、料金も変わってきます。最初から最後まで見守りたいという場合は、立ち会い火葬も可能ですし、見送りたいけど悲しくて耐えられないという場合は、一任火葬という選択肢もあります。火葬には立ち会いませんが、火葬後は個別にお骨を返骨してもらえます。

火葬にもいろいろな種類があり、ペット霊園やペット葬儀社による違いなどもあります。火葬する時にペットが大好きだったおもちゃを一緒に火葬してもらうことなどもできます。最初から最後まで立ち会いたい場合は、それも可能です。火葬後のお骨を個別で受け取りたい時は、ペット霊園かペット葬儀社に依頼をしましょう。

自治体が管理しているペット火葬もありますが、この場合はほとんどが合同火葬になります。料金は安く済みますが、お骨を後から個別に拾うことができません。火葬後は自治体のルールで廃棄されるので、家族同然の大切なペットにはあまりおすすめできない方法です。

このように火葬の方法によっても、その後の対応は変わってきます。ペット葬儀社にもいろいろな業者があります。そう何度も頻繁に利用するものではないため、見極めが難しいかもしれません。サービス内容や料金、丁寧な対応をしてくれるかなどチェックポイントはいくつかあります。信頼できる業者を見極めることが大切です。口コミなども参考になるので、余裕があれば口コミもチェックしておきましょう。

関連キーワード

関連記事