千葉県でも増えてきているペット葬儀

千葉県でも増えてきているペット葬儀

家族として大事なペットがなくなったときに

ペットを飼うということは、日常的なことになってきました。高齢化が進む中、ペットと暮らすということは、ひとつの癒しとして重要な意味も持っていることは間違いありません。社会問題ともなってはきていますが、孤独で暮らすよりも、大きな支えとなってくれる存在ですので、大きな意味があるでしょう。それだけ家族同然であり、子供のような感覚となっていることも確かです。

そんなペットですが、現実ということに目を向けると、ペットのほうが短命であることは間違いありません。必ずお別れするときが訪れますが、その時にどのような形にするのかということが問題となってきています。ペット葬儀ということも、その選択のひとつでしょう。実際に千葉県などでもペット霊園が大きな注目を集めるようになってきています。

地方ごとに数多くの葬儀社がある中、ペット葬儀を行えるところも確実に増えてきているため、目にすることもあるでしょう。千葉県でも目につきますが、自分たちだけではどうやって進めていいかわからないことも多いはずです。社会的にもペットが増える中、知識や経験も豊富なため、安心して任せることができるのは間違いありません。ペット霊園を紹介してもらったりすることもできるため、すべてお願いすることもできることがあります。サービスも充実しており、納骨だけではなく、法要まで人間のように執り行っていくことができるため、家族として過ごした日々も忘れることなく弔ってあげることができるでしょう。

火葬する方法はいろいろとある

千葉県でもおこなわれているペット葬儀といっても、なにもひとつのかたちではありません。さまざまなかたちが存在し、家族が喪主となって選ぶことができるようになっています。大型犬のように、簡単に移送できないようなときには、お迎えに来てもらえるようなサービスもあります。実際になくなってしまうと、簡単に運び出すことができなくなるでしょう。体重もかなりのものになってしまうため、お願いしたほうが安全です。

火葬をおこなうときも、立ち合いすることができる方法から、合同火葬といったことまで分かれています。立ち合いの場合、希望の日時を指定することができる方法です。もちろん、混雑状況などもありますので、すべて希望通りに行くわけではありませんが、最後まで見送ることができるのは、大きな違いとなるでしょう。1体だけで火葬をおこなうため、収骨もできます。そのまま自宅に連れて帰ることもできますし、納骨堂のように預けることもできることがあるでしょう。ペット霊園があれば、納骨も可能です。この辺りは、サービスによって違いがあるところになります。個別で火葬はするものの、立ち合いはしないという方法もひとつの選択です。最後の場面に立ち会うのはつらいということもあるでしょう。その時には、スタッフにお任せできる方法を取れる場合があります。

合同火葬は、自宅でお別れした後は、他のペットと合同で火葬する方法です。合同ということで遺骨を分けることができませんので、そのまま永代供養墓に埋葬するという流れになります。永代供養墓は、いつでも好きな時に訪れることができるようになっており、お参りも自由になっているところも多くなっています。

供養の方法と葬儀までの準備

ペット葬儀には、いろいろな方法があり、供養にも違いがあります。自宅に持ち帰り、祭壇や仏壇を作り供養する方法もひとつでしょう。千葉県でもありますが、納骨堂のようなかたちになっている預骨棚と呼ばれる方法もあります。専用の棚になっており、ここにお参りすることができる方法です。個別に並べることになるため、専用のスペースと考えるとわかりやすいでしょう。

ペット専用のお墓を作る場合、レンタルという方法がとれることがあります。レンタルの場合には、貸し出されているものを利用する方法で、代金を支払っていくことになりますが、比較的安価にすることが可能です。コンパクトな石碑にすることもできるため、負担を軽くすることができるでしょう。永代供養墓の場合も、費用は抑えることができる方法で、写真をつけたりする方法が可能な場合もあります。

ペット葬儀をおこなう場合には、葬儀社にどんな準備をするべきか問い合わせてしまうほうが確実です。対処方法もしっかりと指示してくれますので、安心もできるでしょう。なお、亡くなってしまったときには、まずは箱やキャリーケースに収めることになるはずですが、その時には給水シートを敷いてあげることが大切です。おなかを中心に保冷剤や氷を当てておき、タオルをかけてあげましょう。これだけでも、かなりの時間を過ごすことができます。葬儀まで時間がかかることもありますので、できるだけ涼しい所にしてあげることも必要です。こうした指示も受けることができますので、早めに問い合わせて確認するようにしましょう。

千葉の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事