ペット葬儀を千葉県で考えている方へ

ペット葬儀を千葉県で考えている方へ

ペット葬儀とは

人間は亡くなると葬儀や火葬などを行いますが、犬や猫などペットも近年では同じように葬儀や火葬を行っている人たちが増えています。そもそもペット葬儀とは何かというと、その名の通りペットを弔うための儀式です。特に葬儀は人間が行うイメージがありますが、人間のペットへの愛情が近年では大きくなり、葬儀を行うケースがほとんどとなっています。

これまではどうだったのかというと、ペットが亡くなった場合、自治体のクリーンセンターの焼却場に運んで供養してもらうというのが一般的でした。また、小動物なら自宅の庭の土に埋めるという人たちも多く存在していました。しかし、土にペットを埋めるというのは衛生面上あまり良くないこともあるので、近年ではほとんど土に埋めるということは少なくなっています。

他には保健所などに依頼する人もいますが、保健所では他の動物と一緒に処理されてしまい、焼却場は処分とも捉えられるのでそれを了承する飼い主は近年では減っています。また、他のペットと合同のため骨を拾って帰ることができません。さらに供養という概念もないため、亡くなったペットを保健所に依頼するということも減っているのです。ペットの葬儀業者でも合同火葬のプランがありますが、その後業者の霊園で永代供養墓にきちんと埋葬してくれます。

昔は番犬として飼われていた犬たちやペットも多く、外で飼われていることも多かったですのが、近年では外で飼われるということも減っており、家族の一員として愛情を与えて育てている飼い主が増えています。家族の一員と思っている人が多いため、人間と同じように葬儀をし、火葬、納骨まで行う時代となっています。このように、人間と同じような流れで葬儀を行うことが可能になっていますが、こうなると気になるのが費用です。葬儀はそれなり費用も必要になるので、ペット葬儀も諦めている人がいますが、基本的にそれほど多額な費用が必要になるということはありません。ペットの大きさなどによっても異なりますが、数万円程度で行えるので大事なペットのために依頼をする人は増えています。

亡くなった時の準備

ペットも人間と同様、寿命を迎えたら亡くなってしまいますが、亡くなったら飼い主は最後までペットの面倒を見るようにしましょう。実際に亡くなったときに何をしたらいいのか分からないという方もいるでしょう。事前に知っておくことで焦ることもないので、まずは何をしたらいいのかについてここではお伝えします。

まず1つ目に行うことは、体をタオルで拭いてあげることです。なぜ亡くなったら身体を拭くのがいいのかというと、口、鼻、お尻から体液や汚物などが出てきてしまうことがあります。特に亡くなった直後は出てくることが多いので、綺麗に拭き取ってあげましょう。亡くなると身体が次第に固まってくるので、体液や汚物が出てくるのもいずれ止まります。落ち着くまではしっかりとタオルで拭き取り、体を綺麗にしてあげましょう。

続いて2つ目にやることとは、生前に使用していた布団やキャリーケース、または適当な大きな箱に吸水シーツや新聞紙などを敷いて体を安置するようにしましょう。最後に3つ目は、氷や保冷剤などを使用して身体を冷やしましょう。亡くなったあとはしっかりと保冷しないとニオイも充満してしまうことがあります。飼い主による手入れが必要になるので、身体などを綺麗に拭きとって、安置させたら保冷剤や氷でしっかりと冷やしてあげるようにしましょう。

このように、3つのことが亡くなった直後には行うことです。亡くなったあとは放置をしないようにするためにもしっかりと準備しておくようにしましょう。その後ペット葬儀業者に電話をし、指示に従うようになります。

ペット葬儀の流れについて

千葉県でペット葬儀を検討している方は、千葉県で行える葬儀場を選ぶ方と思いますが、どのような流れでペット葬儀が行われるのか事前に知っておきたいと思っている方も多いのではないでしょうか。流れについて知っておけばしっかりとお別れをすることができるので、焦らないためにもどんな流れになっているのかについてここでは説明します。

まず初めにしておくことは、業者に連絡をし葬儀のプランを決めることです。人間と同様ペット葬儀もいくつかプランが存在しており、例えば立会火葬、個別火葬、合同火葬かを決めます。プランによって特徴が異なるので、どんなプランが存在しているのかは事前に確認しておくと後悔することもないでしょう。続いて業者に連絡をしたら、業者を自宅まで呼んだ場合は迎えが来るまでペットを安置しておきます。実際に葬儀のプランによっては、迎えに来てもらうプランと直接来園するタイプのプランが存在していますので、都合に合わせて変更することが出来ます。

続いて葬儀場に着いたら、お別れの時間を設けてくれる業者も存在します。この際に、お迎えの場合はご自宅でお別れの時間を設けることとなります。その後火葬という流れになりますが、火葬にはペットの大好きだったおもちゃやおやつ、お花などを入れて一緒に火葬を行うこともできます。一般的な流れについて紹介をしましたが、特に千葉県ではペット葬儀のサービスも充実しているところがあるので魅力的です。例えば火葬前か収骨後に葬儀としてお寺で読経してもらうこともできます。最後のお別れになるので、後悔したくないと思っている人はペット葬儀について考えるといいでしょう。

ペット葬儀の詳細はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事