ペット葬儀のマナーや葬儀の種類、戸塚区で利用可能な業者選び

ペット葬儀のマナーや葬儀の種類、戸塚区で利用可能な業者選び

ペット葬儀のマナーについて

戸塚区でペット葬儀を執り行うことを検討しているご家族も少なくありません。実際に現代の日本のご家庭では犬や猫などと一緒に生活をしている人は多く、小型犬だけでなく大型犬も室内で飼っている人は珍しくありません。高速道路のサービスエリアでもドッグランが設けられているように、旅行の際にも飼い犬と一緒に外出するご家庭は珍しくありません。ホテルにおいては飼い犬と一緒に泊まることができる施設も多く存在しており、今では家族同然に扱い、一緒に生活をしている飼い主とペットは多いです。しかし、人間よりも犬や猫などのペットは寿命が短いので、最期まで看取ってあげたペットの葬儀をしなければならない戸塚区在住の方も少なくないでしょう。実際に葬儀をするのが初めての方もいるので、マナーを知っておくと参考にできます。

まずは服装です。一般的に私服で参加されるご家族もいますが、お坊さんなどにも来てもらい執り行う方は、礼服や黒がベースの格好で参加します。持ち物に関しては生きていた時の写真や数珠などを持って行く方が多いです。また、お気に入りだったおもちゃなどを持って参加する方も少なくありません。

基本的にお焼香をすることになりますので、お焼香をする時のマナーも把握しましょう。お焼香の際のマナーは静かに参加することです。大人だけでお別れをするところは騒いだりする人は少ないですが、子供がいるご家庭ではお子様が騒いでしまったりすることもあるので、静かに過ごすように前もって知らせておきます。お焼香の回数に関してはそれぞれの宗派などで異なるので、宗派に合わせて回数を決めるのが一般的です。しかし、宗派や適切な回数が分からない方は一回お焼香をする人が多いです。

霊園施設によっても異なりますが、撮影はできるだけ控えます。スマホや一眼レフなどで何回も撮影すると周囲の迷惑になる恐れがあります。もし周囲の人が少なく、撮影を許可しているところではシャッター音を小さくするなど周りに配慮して撮影をします。立会火葬の場合は、お骨上げをすることになります。お骨上げをする時は自分の手でお骨を拾うのが一般的です。このようなマナーがあるので、マナーを守って周囲に迷惑をかけないように飼い犬や飼い猫にお別れをします。

ペットの葬儀のそれぞれの種類について

戸塚区ではさまざまなペットの葬儀を扱う葬儀業者がいます。そのため、これから利用を検討している人の中にはどのような葬儀の方法が適しているのか分からない方もいます。種類を知ることで選ぶ際に参考にできるでしょう。

種類の一つには合同火葬があります。合同火葬は他のペットと一緒に火葬する方法になります。そのため、遺骨を返骨してもらうことはできませんが、価格が安いなどのメリットがあります。その他の種類には個別火葬があります。個別火葬は合同火葬とは異なり、他のペットと一緒に火葬しないので、遺骨を返骨してもらうことができる可能性があります。しかし、業者によって異なりますが、ご家族が拾うのではなく業者の人が拾うことになります。立ち会い火葬は立ち会いをすることができ、拾骨もご家族がすることができるので、大切に育ててきた方の中には立ち会い火葬を選択する人も多いです。

このようにそれぞれの葬儀の仕方でメリットがありますが、料金などもプランによって異なるので、それぞれの種類によって得られる魅力だけでなく、予算なども考えて選択するようにしましょう。料金はプランによっても異なりますが、体重によっても変化します。例えばペットの体重が1キログラム以下であれば安く利用できます。一方で40キログラムの犬や猫がお亡くなりなった時は料金は比較的高くなるケースが多いです。このように体重によっても変化するので体重も考慮してご家庭に合った種類の火葬を選択しましょう。

戸塚区の業者の選び方について

戸塚区に住んでいる人の中には戸塚区で営業している業者にペットの葬儀を依頼したいと考える人は多いです。実際に戸塚区には個別火葬や立会火葬をしてくれるところも多くあります。そのため、選び方に迷う人も少なくないでしょう。

選ぶ際にはまず料金を比較しましょう。料金はそれぞれの業者で異なるので、複数の業者に見積もりを依頼したり、ホームページなどで料金を確認したりして、自分が利用しやすい戸塚区在住の人でも利用できる業者を選択している人もいます。

戸塚区在住の方が利用できる業者を選ぶ時は丁寧に対応してくれるところを選択しましょう。対応の仕方に関してはお客様の声などを見て把握することができます。お客様の声は実際にその業者を利用した人の声になるので、選ぶ際に参考にできるでしょう。実際に火葬施設に向かうことになるので、選ぶ時にはアクセスの利便性なども確認します。アクセスの利便性が高ければ向かう際の手間を削減することができます。このような選び方があるので、コツを参考にペットの葬儀をしてくれる業者を選びましょう。

関連キーワード

関連記事