ペット火葬を東京都にある会場で行うには?

ペット火葬を東京都にある会場で行うには?

ペット火葬を東京都内で行う

大切な家族として日々一緒に暮らすペット。そんなペットですが、悲しいことに人間よりも早く死んでしまうことがほとんどです。日々の思い出とともに大切に供養をしてあげるためにも、ペットが亡くなった際にはペット火葬をすることが大切です。

ペット火葬をすることが出来る会場、寺院は近年増加の傾向にあります。その中でも特に近年増加の一途をたどっているのが東京都です。東京都内ではペットを飼っている人が他県に比べて多く、その分、需要も増えているといえるでしょう。東京都内はコンクリートジャングルとなっているため、自力で土葬をすることも難しいと言われています。一昔前までの東京都とは異なりますので、どちらにせよそのまま気軽に土葬することは出来ません。大切なペットを丁重に供養してあげるためにもペットの火葬場を利用するようにしましょう。

火葬場のみではなく、セットでお墓を利用することが出来る場所も少なくありません。ペット専用の墓地として、お墓参りに来ることが出来る場所も多いのです。遺灰を持ち帰り、自宅で仏前に供えるという方も多く、様々な形の供養の仕方があるといえるでしょう。ペットを人間と同じように丁重に供養したいという飼い主さんは多く、お盆の際などに、お墓参りに来るというご家庭も少なくありません。

ペット供養、ペット火葬にはこのように様々な形があります。東京都では特に、火葬して供養をすることが出来る寺院が多くありますので、大切なペットの最後を考えるときに、飼い主さんがしっかりと検討してあげてください。自宅から近い場所にするのか、景色が良い場所にするのか、判断基準は飼い主さん次第だといえるでしょう。

ペット火葬利用者は増えている

ペット火葬利用者は年々増加傾向にあります。その理由は主に、これらのことが考えられるでしょう。

まずは、ペットを飼うご家庭が純粋に増えているという事です。一昔前に比べると、現在はペットを飼っているご家庭が多く、家庭によっては何匹も飼っているようなご家庭も少なくありません。飼っているペットはご家庭によって異なりますが、犬、猫、ウサギやハムスター、は虫類など、幅広い種類がペットとして認知されるようになったため、その時になったら、供養をしたいと考える飼い主さんが増えたことが挙げられます。

次に、ペットを家族と同じように大切に考える傾向があるからです。近年では、自分の子供と同じように考え、自分の財産をペットに遺すという方も少なくありません。それだけペットの地位が上がった結果、人間とできるだけ同じように、安らかに眠ってもらいたいと考える飼い主さんが増えたことが火葬利用者の増加につながっているのでしょう。

そして、ペット火葬施設が雑誌などに掲載されポピュラーになったことが挙げられます。雑誌やメディアの影響で、近年では決して珍しい施設ではなくなりました。非常にポピュラーな施設となったため、認知度が上がり利用者が自然と増えていったのです。また、自分で土葬などの供養をすることが一昔前と比べて難しくなった事も、大きな理由といえます。

このように様々な理由がありますが、いずれにしてもペットを家族同然に大切に思う飼い主さんが、施設を利用する傾向があるといえます。

ペット火葬の主な流れ

ペット火葬を依頼する際には、主にこのよう流れで利用をすることがほとんどです。

まずペットが亡くなった際に、火葬場の方にご連絡をして自宅まで迎えに来てもらうタイプと、火葬場まで直接赴く場合の2パターンがあります。こちらは会場によって異なり、車の所有者であれば問題ないですが、車がない場合は自力で行くしか無い場合もありますので、会場をあまりにも遠い場所を選ぶと大変な思いをするでしょう。

会場に着いてから、ペットの火葬、葬儀、納骨が行われていきます。こちらは葬儀がセットになっている場合ですが、ほとんどの会場で納骨までセットで行われてます。火葬のみではなく、葬儀もきちんと行いたいという場合は、会場が葬儀プランを行っているのかどうか事前に確認をしてください。そして、法要を終えると火葬が一段落としている所が多いです。流れや実際に行う事は会場によっても当然異なりますので、事前によく確認するようにしましょう。

葬儀を行った後、ペットの遺灰を納骨するのか持ち帰るのかは飼い主さんの意思次第です。お墓に納骨をする方がほとんどです。人間と同じようにお墓でしっかりと供養をしてあげることで、ペットも安らかに眠ることが出来ると考えている飼い主さんは多いでしょう。墓石などはレンタルタイプを用意している会場も多いため、どんなタイプがあるのか、事前に比較をしてみてください。

ペットは人間と同じように、いつ何時、何が起こるかわからないからこそ、万が一の際にも対応することが出来るように、ご家族の方が考えておく必要があります。

ペット葬儀の詳細はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事