ペット火葬の現状と神奈川県でペット火葬をする際の注意点

ペット火葬の現状と神奈川県でペット火葬をする際の注意点

ペット火葬の現状

日本では、ペットの飼育件数が増加傾向にあり、多くの家で犬や猫をはじめとしたペットが飼育されています。昔は番犬であったり家畜であったりと人間のために飼われているペットも多くいましたが、今では家族の一員であり、洋服を着たりトリミングサロンで散髪をしたり、食事に気をつけたり、外出時や旅行にはペットを同伴させる家庭も多く、その扱いも人間と同じようになってきています。

これを受けてペット産業はどんどん仕事の幅を広げています。そのようなサービスの中の一つとして行われているのがペット火葬です。昔は飼っているペットが亡くなったからといって火葬するというケースは稀でしたが、近年では大事な家族との別れということで、きちんと斎場で火葬してもらうことを選ぶ家庭が増えているのです。

とは言え、まだまだ新しいサービスであり、日本でも取り扱いをしている斎場に限りがあるために、きちんと情報収集をしてから行うことが必要です。中には斎場でトラブルが起きたという人たちもいて、最期のお別れで後味悪い思いをしたり、不快な気分を味わったりするというケースもあります。そこで、斎場選びというのはどこでも同じと考えるのではなく、事前に情報収集をして選択することが重要なのです。

最期のお別れがきちんとしたものにならないと、ずっと後悔が残ってしまい、近年問題視されているペットロスを深刻化させることにもつながります。最期の別れを気持ちよく行い、ペットが旅立つことを心から安心して見送れるようにすることは、家族同様に過ごしてきた飼い主にとっては大きな意味があります。そのためにも、飼い主にとってもペットにとってもしっかりと斎場を選ぶことが求められるのです。

ペット火葬の斎場選びでのトラブル

ペット火葬というのは名前の通り亡くなったペットを弔うために行う儀式のことです。昔は行政に連絡をしたらゴミ収集車で回収に来たり、ゴミ処分場に自分たちで運んで焼いてもらったりと地域によって違いはあるものの、基本的にゴミと同じ扱いがされることが多くありました。

地域によっては保健所で焼却をするということもあるのですが、その際に他の動物も一緒に焼却をするため、どの骨が自分のペットのものであるのかがわからなかったり、他の動物の遺骨を見なければならなかったりという問題がありました。このような火葬の方法では、長年連れ添った家族にとっては気持ちよく送り出すことができないと感じる人もあり、そういったニーズによって、ペットも人間同様に火葬をしたり葬儀をしたりということが行われるようになったのです。

しかし、行われるようになってまだ時間が経過していないサービスであるために、トラブルも多くあります。ニュースでも取り上げられたことがありますが、費用を浮かせるために引き取った動物をそのまま投棄していたという事件もあります。他にも犬を火葬してもらったはずが他の動物の骨が戻ってきたという事例もあるのです。そこで、きちんと火葬をしてもらえる、自分のペットの遺骨をちゃんと引き渡してくれる業者を選ぶことが重要となっています。最近ではホームページなどで、葬儀の形態や一連の流れ、料金体系などについて事前に調べることが可能になっています。家族同様に時間を過ごしたペットとの最後のお別れの儀式ですから、火葬方法や業者の遺骨の取り扱いについては特にしっかりと確認をして業者を選ぶようにしましょう。

神奈川県のペット火葬業者選び

神奈川県はペットを飼育している家庭も多いので、ペット火葬については先進的な取り組みが行われている斎場も多いです。自宅まで迎えに来てくれるケースもありますし、火葬場まで連れて行き火葬をしてもらうこともできます。また合同でのものだけでなく個別に対応してもらえたり、立ち会いの上で行ってもらえたりするところもあります。そこで、自分たちの希望する形式での火葬ができるところを探すようにすることが重要です。

神奈川県のペット火葬について調べるとかなりの数の火葬業者や斎場が出て来ます。それらの中にはその火葬場に斎場や霊園があり、そこで永代供養であったり納骨ができたりするというところもあります。そうすると、自宅から離れたところにペットの遺骨を納めることになってしまうので、極力足を運べるところを希望する場合には、距離についても検討するようにしましょう。納骨までを合わせて行うことを検討する場合には、神奈川県で調べるだけでなく近隣地域に限定をして調べた方が良いでしょう。

神奈川県内には、火葬、葬儀、納骨、法要全てに対応をしてくれるという業者も多くあります。自宅まで迎えに来てくれて火葬をしてくれるので直接来園できなくても問題ありませんし、個別火葬であれば遺骨に他の動物の骨が混じるという心配もありません。しかし、その場で火葬をするためにトラブルが起こることもあるので、利用する場合には注意が必要です。

ペット葬儀の詳細はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事