ペットの火葬から埋葬までの流れについてご紹介します

ペットの火葬から埋葬までの流れについてご紹介します

大切な家族の一員が亡くなったときには

家族の一員であるペットの埋葬ができる霊園や墓地も増えてきましたが、初めて利用するという方にはどのように埋葬されるのかわからないものです。人間と同じようにされるのか、また別の方法があるのかと不安に感じられることもあるかと思います。特に最近では愛犬、愛猫への飼い主の愛情につけこんだ、悪質な業者が存在しているという話もあり、飼い主としては大切なペットがどのように扱われるのか心配になるところです。

もちろん、こういった悪質な業者は少なく、ほとんどの業者は動物を人間と同じように大切に供養してくれますが、一般的にどのように埋葬されるのかということを知っておけば、おかしい点に気がつくこともでき、悪質な業者を避けることにもつながります。こちらでは一般的にペットはどのように埋葬をされることが多いのか、ということについてご紹介していきます。

動物の葬儀でも人間の葬儀でも、基本的な流れは同様になります。ペットが亡くなってしまった場合、まずは体を綺麗にして冷やしておくことが大切です。綺麗な状態を保つために、保冷剤などで冷やしてタオルで体を拭き、お布団に寝かせてあげてください。

その後葬儀社に連絡をすることになります。その際には人間の葬儀の際にお迎えに来てくれるように、送迎バスなどで自宅までお迎えに来てくれる場合もあります。もちろん、車などで直接霊園までペットを連れて行ってあげることもできます。お迎えの場合は電話で連絡した際に日時などの希望を聞かれますので、電話をかける前にスケジュールを決めておくとスムーズです。

ペットの火葬法は一般的に三種類

霊園に着いたら、その後お別れ室で最後のお別れをします。そこから火葬を行っていくのですが、火葬をするよりも先に葬儀を行うこともできます。後に紹介しますが、葬儀と火葬の順番を選ぶこともできるようになっています。火葬についてですが、ペットの場合は何種類かの火葬から選ぶことができます。一般的に多いのは立会火葬、個別火葬、合同火葬の三つです。それぞれ当然メリットとデメリットが存在していますので、この三種類の特徴について見ていきます。

立会火葬はその名の通り火葬炉の前で立ち会うことができるようになっているタイプです。人間の火葬と全く同じもので、火葬炉の前まで見送ることができ、火葬が終わるまで待ち、終わった後はお骨をご家族が拾うことができます。個別火葬の場合は火葬炉までの見送りはできず、お骨も葬儀社のスタッフの方が拾うタイプです。合同火葬は他のペットと一緒に合同での火葬を行います。こちらも火葬炉の前までのお見送りはできなくなっており、お骨も他のペットと混ざってしまうため拾うことはできません。

このようにペットの火葬には一般的に三種類が存在しますが、火葬料金はどれを選ぶかによって変わってきます。合同火葬は料金としては最も低くなりますが、他の子たちと合同での火葬で、遺骨を拾うことはできません。立会火葬は人間と全く同じ方法で火葬を行い、お骨をご家族が拾うこともできますが、料金は最も高くなります。お葬式の場で料金という現実的な面は考えたくないかもしれませんが、やはり料金も大切なことではあります。火葬の内容と料金のバランスを考えて、最も良いと思える方法を選択してください。

葬儀と埋葬の方法、その後の法要について

そして埋葬の前にしなければならないことが葬儀です。ペットの葬儀の場合は、火葬してからの葬儀にするか、葬儀をしてから火葬をするかで選ぶことができます。葬儀ではペットの遺影を飾ることもできますし、棺なども用意してもらうことができます。また、ご自宅で家族だけで行いたいという場合でも相談すれば可能な場合も多くなっています。

葬儀が終わればいよいよ埋葬とありますが、埋葬にも種類があり、火葬の種類によっても埋葬法が決まってきます。合同火葬であった場合はお骨を拾うことができませんので、永代供養墓下への散骨という形での埋葬となります。霊園の中にある大きなお墓に他の子たちと一緒に入る方法で、いつでもお参りをすることはできます。

立会火葬と個別火葬を選んだ場合には、その後の埋葬法も何種類かから選ぶことができるようになります。種類としては四種類があり、人間のお墓と同様に個別のお墓を建てる方法と、骨壺にお骨を入れて棚に安置する方法、石碑をレンタルしてある程度の期間だけ埋葬する方法、石碑にペットの名前などを刻みその奥に骨壺を安置する方法などです。

このように埋葬方法にも様々な種類がありますが、個別のお墓にしても永代供養墓にしても、年に二回は法要を行ってくれるのが一般的です。法要も人間のものと同様、お経をあげてご焼香を焚くというものになりますので、飼い主の方も安心して預けておくことができます。大切なペットのために最善と思われる方法を、この中から見つけてください。

関連キーワード

関連記事