霊園の選び方について

霊園の選び方について

霊園の種類について

これからお墓を建てようと思っている場合には霊園を選ぶ必要がありますが、大きく分けると3つの種類が存在しています。選ぶ際に後悔をしたくないという方も多いと思うので、今回は失敗しないためにも種類について紹介していきます。

まず、一つ目は民営墓地ですが、これは宗教法人、公営法人が経営している墓地のうち、宗教、宗派不問の墓地として販売されている霊園のことを民営墓地と言います。民営墓地は基本的に遺骨がなくても申し込むことができ、基本的に縛りがないのでどういった条件でもお墓を建てることができます。例えば故人のために建てることもできますし、遺骨がなくてもいいのでご先祖様のために建てるということもできます。また、抽選などをする必要もなく、先着順で決められることが多いので、早く申し込むことで霊園を利用することができます。全国にある霊園の中でも民営墓地の数が他の墓地よりも多くなっています。

続いて二つ目は寺院墓地について説明をします。寺院墓地は一般的に寺院の中にあり、申し込みなども基本的には寺院の条件を守ることで利用することが可能になります。寺院墓地は公園墓地と比べると住宅地に建てられている事が多くなっています。その為、交通の便が良い事が特徴的です。車でお参りをするという方は駐車場が完備されているところが多いので手軽にアクセスすることができますし、駅から近いところも存在しているので車を所持していないという人でも通いやすくなっています。また、経営基盤もしっかりとしているので、お墓がなくなるということもほとんどなく、永久的にお参りをすることができます。

三つ目は公営墓地についての説明をしますがこれは地方自治体が住民のために建てている墓地になります。通常の企業ではなく、国が建てている墓地になるので、管理体制がしっかりとされています。お墓がなくなるということもないので、安心感もあります。申し込みをする際には民営墓地や寺院墓地と比べると抽選となっているので、誰しもが霊園を利用できるというわけではありません。しかし、抽選が当たれば石材店の制約が少ないことが多いので、自由に決めることができます。このように、大まかな説明になりましたが、種類は三つあり、それぞれ条件なども異なるので、予め調べておくことで選ぶときには後悔をすることは少なくなります。なるべく種類については知っておくと良いでしょう。

石材の選び方について

近年では時代の変化などもあって石材の種類も増えてきています。昔ながらのものから今風の石材までが存在しているので、今回はこれから石材について選ぼうと思っている方のために失敗しないための選び方について紹介していきます。

まず、昔ながらの石材としては和型墓石というのが存在しています。江戸時代から利用されているとも言われており、昔から受け継がれている伝統の墓石です。一般的に使用されているのは和型墓石が多く、いまだにたくさんの人たちから人気の石材になっています。大きさからしても存在感がありますし、堂々としているので高級感もある墓石です。

続いての石材としては洋型墓石です。近年では和型墓石も人気ではありますが、昔に比べると洋型墓石を選択する人たちも多くなってきています。洋型墓石とはヨーロッパのお墓を基にして作られたモダンな印象の墓石になります。和型墓石に比べると高さはそんなに大きくはありませんが、横幅が広い墓石になっています。開放感がありますので、近年では人気を集めてきています。

最後に三つはデザイン墓石です。その名の通りオーダーメイドで作る方法になりますが、理想のお墓を作るために選択する方法となります。例えば和型墓石と洋型墓石を選ぶ際にピンとこない人はデザイン墓石を選択することで思い通りのデザインで作り上げることができます。このように、石材はたくさん存在しており、自由に選ぶことができます。お墓は一生ものとなるので、後悔しないためにも選び方はこだわるようにしましょう。

墓地の選び方について

霊園は三つの種類が存在していますが、それぞれ利用料金などは異なります。これから霊園を選ぼうと思っている人で悩んでいる方も多いと思うので、今回は選ぶときのポイントについてを紹介していきます。

まず、管理費などについてですが、人件費や光熱費、その他墓地の維持費などを目安に決められています。その為、管理費を抑えたいと思っている場合には従業員がそれほど多くないところを選んだり、維持費などが高そうな大規模の場所を選ばないようにすると管理費は安く抑えることができます。料金は霊園によって異なるので管理費については詳しく調べておくと良いでしょう。また、立地も重要です。例えば駅から近い場所など歩いて通える場所もあれば車がないと行くのに苦労をするというところも存在しています。立地も考えながら選ぶようにしましょう。選び方は重要なので調べながら検討すると良いでしょう。

関連キーワード

関連記事