神奈川県でお墓を購入する際、墓石はどのようなものがあるか

神奈川県でお墓を購入する際、墓石はどのようなものがあるか

神奈川県で墓地購入と墓石

神奈川県は人口が多く、東京の次点に位置しています。これだけ多くの人が住んでいるということは、高齢者も多いという事でしょうから、お墓の需要等も、これから先は増える可能性があります。

お墓をそろそろ考えたいと思った場合、まずは墓地をどこにするかということから考えなければいけません。神奈川県は広いですから、墓地も沢山ありそうですが、希望に合うものを探すとなるとなかなか大変です。まずは、インターネットで検索して、霊園、墓地を案内してくれるようなサイトを見つけてみましょう。そういったサイトには霊園、墓地の案内の他にもどんなお墓があるか詳しく書かれていたり、永代供養墓についての案内等がありますので、お墓全般について良い参考になるでしょう。また、このようなサイトでは希望すれば霊園情報のパンフレットも送ってくれますから、資料請求をしてみるとより詳細な内容がわかります。

このようにして、霊園を探して契約したら、次に墓石を考えましょう。お墓を建立する際に石碑等にこだわるという人も少なくありません。確かに石碑等には様々な種類がありますから、こだわるとなると、なかなか選ぶのも大変です。そういう時も霊園の情報を探したサイト等が、良い参考になることがあります。

お墓の種類を見てみると、どのような墓石があるかも調べることができます。石碑、彫刻、石材の種類について、その材質やデザイン等、わかりやすく説明されていますので、イメージがつかみやすいです。長く使われるものですし、自分だけでなくいずれは家族も入ることになるものなので、値段も大事ですが、材質も考慮した方が良いでしょう。また、家族の方にも様々な意見があるものなので、トラブルを未然に防ぐためにも家族間の話し合いを持つことは大切です。家族の意見も参考にして、イメージに合った墓石を考えることをお勧めします。

墓石の種類

神奈川県で墓地を購入して、墓石を考えるとなると、予算もそうですが、種類等、様々なことを考えなければなりません。特に、神奈川県の中でも横浜市の場合、一般的に墓地の価格が高いので、石碑等の予算をどうするかということが問題になることがあります。但し、おなじ神奈川県でも西部となりますと、墓地のお値段が横浜、川崎よりも比較的安価なところもありますので、その分石碑等にお金を掛けられるかもしれません。

ここで、墓石の種類を説明しますと、江戸時代にその様式が確立されたと言う歴史ある和型のものがあります。こちらは、いわゆる昔ながらのお墓のイメージそのものでしょう。蓮華加工、スリン加工を施す場合もありますし、五重塔にすることで高級感が一層漂うようなお墓になります。そして、洋型のものを選ぶと言う選択肢もあります。こちらは、モダンな雰囲気が人気を博しているようで、横長で高さが低くなっているものが一般的です。こういった型のものはイージーオーダーができますので、形のバリエーションを工夫したオリジナル石碑が作れるのも魅力の一つです。その他に、個性的なデザインのものもあります。こちらは、その人なりの特別なお墓で、建立する人の想いを石碑にすることができることから、近年人気が高まっている個性豊かなお墓です。

このように、墓石にも種類がありますので、予算や好みで考える必要があります。何か困ったことがありましたら、霊園等のサポートをしてくれる会社がありますので、霊園見学の際に、電話でお問合せをしてみても良いでしょう。参考になるアドバイスをしてくれますので、安心できます。

墓石にこだわったお墓

神奈川県でのお墓を建立は横浜、川崎等は値段が高いので、予算を抑えたいのであれば、県西部地域は比較的安く、人気もあるようです。西部は比較的自然に恵まれた緑豊かな地域といわれていますから環境もいいでしょう。特に石材等にこだわりたい人は、場所にこだわって考えるのも一つの方法です。

お墓の石碑の文字やお花の彫刻も種類が様々です。こだわりたい場合は石材店との話し合いが必要になります。その種類をざっとご説明しますと、線彫り、彫り込み、レーザー彫刻等あります。好みのものを石材店の方の意見を参考に選んでいくといいでしょう。霊園等の案内のサイトも良い参考になります。

そして、石材の材質もこだわりをもちたいと言う方もいます。石材は国内産、外国産と大きく分かれますが、彫刻との兼ね合いもあるでしょうし、石碑のデザインとの組み合わせも大事でしょう。石材店の方に様々な材質について、よく説明してもらい、自分なりのこだわりやご家族の意見も考えて決めると良いでしょう。何と言いましても、人生のフィナーレを飾る大切なお墓ですから、後悔のないように納得された上で選択をお勧めします。石材の材質ひとつでもお墓のイメージはがらっと変わってきますので、イメージを持って、色や石目の細かさ等を念頭に選ぶと良いです。

関連キーワード

関連記事