様々な選び方ができる墓石の選択、じっくり考えましょう

様々な選び方ができる墓石の選択、じっくり考えましょう

墓石の建立、選び方をじっくり考えてみよう

昔ながらのお墓というと、縦長で長方形のお墓が一般的です。お線香を立てる場所やお水をあげる場所、お花を生ける場所などがあり、これが日本のスタンダードともいえる形です。そして最近多くなっているのが、洋式、洋型と呼ばれる外国でよく見るお墓のデザインで、高さが低くデザイン墓石に近いような装飾を施す事もできる比較的自由度の高いお墓です。

最近よく見かけるようになったデザイン墓石ですが、どのような形でも石で作る事のできる形なら専門の職人が綺麗に仕上げてくれます。通常の和型や洋型と比較すると、デザイン費等が掛かりますが、たくさんあるお墓の中で、どこに自分のご先祖が眠るお墓があるのか分からないといったこともなくなります。例えば、音楽が好きな人にはピアノ型、サッカーが好きな人にはお墓にサッカーのオブジェ、本をこよなく愛していたという方は本型など個性豊かな墓石で故人を慕うことも可能です。さらに、歴史のあるデザインとして、輪型五輪塔というデザインもお墓としての人気もあります。

墓石のデザインというのは近年、非常に自由になっています。というのも、寺院のほかに霊園というお墓の建立場所が多くなり、お墓のしきたりや寺院の規則などに縛られない自由なお墓を建立できるようになったという理由があるからです。お墓のデザインをこれから決めるとしたら、どんなところがポイントとなるのかなど、選び方を詳しく調べることが必要です。いつ何時…なんていうと縁起が悪いと思う方もいるかもしれませんが、生前建立は縁起の良いことだとも言われています。自分が生きているうちにある程度のデザインを決めておけば、ご家族が制作されるときにも迷う事がありません。

石選びは慎重に石材店に相談しながら選ぶことが大切

御影石など昔から日本で墓石として利用されてきた固く丈夫な石は、実は年々少なくなっているのです。現在、利用されることが多くなった石は海外から輸入してきたものが多くなっています。もちろん、国内産のお墓に利用できる石もあるのですが、非常に金額が高くなかなか手が出ないという方も少なくありません。お墓の石として利用するものは海外輸入のものでも固く強いものが多いので、一般的には石の色などから決める方も多くいます。石の色は白系グレーやグレー、黒、赤系統、濃い目のグレーなどがあります。人気色としては白系グレー、グレーなどが人気です。昔は黒、赤など縁起が悪いなどと言われていましたが、現代では自由な発想で選ぶ方の方が多いため、お墓のデザインなどを考慮して決定される方がほとんどです。

石の種類としては、中国の北大青や日本の稲田石、インドのクンナムと呼ばれる石などがありますが、種類によって金額が大きく違い、また耐久性や吸水性なども違いがあります。霊園、寺院などでは提携している石材店などがありますので、石材店にパンフレットを貰ったり、説明を聞きに見本となる石を実際に見に行かれるといいでしょう。お墓を建立するための予算などもありますので、無理に高い石を購入されるのではなく、石材店に相談して選ぶことが大切です。

お墓は長く利用するものですし、いつか自分が永遠の眠りにつく場所となります。生前にお墓を建立される方が多くなっていますが、それは、やはり納得したお墓に入りたいという願いがあるからではないでしょうか。耐久性があり、年数が経過しても劣化などが少ない石を選択するためにも、石のプロがいる石材店の方にしっかりと相談して納得のいく墓石を選びましょう。

サービスと実績がある石材店で購入したい

お墓の石を購入する時、石材店というのはただ売るという事だけではなく、墓守をするという大切な役割があります。そのため、購入してからもしっかりとお墓のメンテナンスなど行ってくれる充実したサービス、実績のある石材店を選びましょう。石の選び方も、石材店のスタッフがしっかりと知識を持っていれば、お墓のイメージに近い予算内の石をしっかりと選んでくれることでしょう。石材店には見本の石がありますので、できれば石材店に足を運び、お店の方に相談しながら選ぶ方が良いでしょう。また、お店に行くことでその石材店やスタッフの雰囲気は良いのか、お客を大切にしてくれる所なのかよくわかります。

石に刻む文字や言葉、また種類なども宗教によって決められていることもあります。そのため、石材店を選ぶときにはスタッフの方々が知識を持っていることが必要なのです。ただ高い石を売ればいいというスタンスのお店では、こうした知識も「にわかじこみ」で、詳しい事をわかっていません。菩提寺があり宗派宗旨が決まっているという事ならその宗派を伝え、はっきりとこういう決まりがありますと説明してくれるお店を選択する事が望まれます。

また、墓石は霊園や寺院によって規格やサイズなどが決められていることもありますし、制限があるという所もあります。通常、霊園は業者指定がありませんが、寺院などは石を購入する業者が決まっていることもありますので、説明をしっかり聞くことも大切です。使用権や継承、譲渡などについても詳しく説明してくれる霊園を選択される方が後にトラブルが起こる事もなく安心して建立ができるでしょう。

関連キーワード

関連記事