様々な種類の墓石から墓地にあわせて理想のデザインを探す

様々な種類の墓石から墓地にあわせて理想のデザインを探す

安心して休めそうな場所に

墓地選びや墓石選びは非常に重要です。亡くなった方のことを悼むための場所として、失礼の無いものを選ぶのはもちろんですが、将来自分が入ることにもなるので、後々残された家族が管理するときの負担を考えるなど、自分にとって重要と考えるポイントを決めた上で、ご先祖様と自分たちが安心して休めそうな場所を作っていきましょう。具体的にどのような内容にするかは、利用する墓地などの都合もあるので、優先したい条件をいくつか考えてみて、徐々に候補を絞り込んでいきましょう。

墓地選びで重要なポイントは、人によって色々と分かれるといいます。例えばお墓参りのために比較的近い場所や、交通アクセスが便利なところを選ぶようにしたり、余裕を持って墓石を設置することが出来るように、広いスペースを確保できるところを選んだり、経済的な負担を減らすために、管理費などが安いところを選んだりと、様々な条件を元に選ぶことが出来るので、自分たちはもちろん、他の親族のことも考えつつ、理想の条件を満たしているところが無いか探してみましょう。

墓石の選び方も、人によって大きな差が出てきます。日本で最もポピュラーな形である和製デザインの場合も、使用する石材の違いやサイズの違いで値段に大きな差が出てきますし、彫刻のバリエーションも非常に豊富なので、同じようなデザインでも他とは違う個性を着けることが出来ます。それ以外にも、開放感や安定感が魅力の西洋デザインもありますし、最近では亡くなった方の生前の要望を受けたり、遺族が生前の思い出を形に残すために、非常に凝ったデザインを注文されるケースも増えてきているようです。こうした要望や質問に答えてくれる企業も多いので、気になる点や疑問に思った点があれば、積極的に資料を請求してみることが大切です。

どのタイプか選ぶ

故人を悼み、将来は自分も中に入ることになるかもしれないお墓ですが、人によっては新しく用意する必要があるかと思います。墓地の選び方によって管理費用やお墓参りにかかる時間などが変わってくるので、なるべく慎重に選んでおきたいところですが、それと同時に今度は墓石についても考えなければなりません。墓石にはそれぞれにデザインなどの個性があり、より印象強い見た目にすることも出来ますし、出費を可能な限り抑えることも出来ます。

墓石には色々な種類があり、それぞれ違った個性を持っています。和製デザインは最も人気があるので、見た目にはそれほど大きな変化はありませんが、予算のかけかた次第でより大きなデザインのものにしたり、特殊な彫刻を彫り込んだり、石材の種類を変えたりと、色々なアレンジを加えることが出来ます。こうしたちょっとした変化で、デザインがより洗練されたものになり、魅力を増すことも出来るでしょう。

特殊なタイプの墓石だと、サイズが小さいものも最近は増えています。デザインはどちらかというと洋風で、縦に短く横に長いものが一般的とされています。こちらは小さいスペースに設置できるタイプも多いので、土地にかかる費用を抑えたいという方からも人気です。更に特殊なタイプだと、オーダーメイドでデザインを考えてもらうタイプで、一見するとお墓には見えないようなものを採用するケースも多いようです。特殊なデザインは料金が大きく変わることも多いので、まずは見積もりを確認してみて、どれだけの費用や時間がかかりそうか確認してから決定するようにしてください。

費用やスペースをチェック

自分の家族や親族が亡くなった際、殆どの場合はお墓に入ってもらうことになりますが、以前から使われているお墓がなく、自分で一から用意しなければならないときは、どの墓地を利用して、どれだけの墓石を用意するか考えなければなりません。自分の家族が亡くなった後にそういうことを考えるのは心苦しいかもしれませんが、なるべく早く決定しておかないと、遺骨を納めることも出来なくなるので、早めに決定するようにしましょう。

墓地を決める際はどれだけの費用を用意することが出来るのか、その上でどれだけのスペースを用意するかを考える必要があります。まず費用ですが、土地の値段はもちろん、管理費やその後の修繕やメンテナンスにかかる費用なども考えておかないと、その後の経済的な負担がどんどん大きくなります。更に用意できる土地のスペースによっては、あまり大きなサイズや凝ったデザインの墓石を入れることが難しくなるので、立派なお墓を用意してあげたいという方はより広い土地を、経済的な負担を減らしたいなら、その分小さいスペースが無いか探してみましょう。

用意できる土地のスペースや広さによって、用意できる墓石のタイプも変わってきます。コスト削減を第一に考えているなら、土地のスペースは自然と狭いものになることが予想されるので、お墓の大きさについても小さいものになるように、なるべくコンパクトで見た目が良くなるようにデザインを変更してもらったり、調整してもらうことも不可能ではありません。より見た目のインパクトを重視して、石材の種類を通常とは変えて、彫りが粗いものや石目の細かいものなど、幅広い種類から選択できるので、その中から理想的なものを選んでみましょう

関連キーワード

関連記事