戸塚区で葬儀を執り行いたい方へ

戸塚区で葬儀を執り行いたい方へ

戸塚区の葬儀場を選ぶときのポイント

戸塚区で葬儀を執り行いたい場合、時間がないからと適当に選んでしまうのはよくありません。実際にいくつか会場はあるため、慎重に選んだ方が後悔することなく故人と最期のお別れをすることができるでしょう。では、具体的に戸塚区で執り行う時に何を基準にして選べばいいのかわからない人もいるため、ここでは選ぶポイントについて述べます。

まず一つ目は、希望する規模の葬儀を執り行えるかの確認をしておくことは大切です。例えば代表的なものとしては一般葬が挙げられますが、近年ではその他にも家族葬や企業と合同で行う社葬なども存在しています。それぞれの家庭で希望する規模は異なるため、まずは望んでいる種類があるかどうかのチェックは忘れずに行いましょう。二つ目にチェックしたいのが交通経路や駐車場の確認です。戸塚区で選ぶときには交通経路は事前にチェックすることが大切です。例えば遠くに住んでいる参列者が車などで通うことができるところでないと迷惑をかけてしまうため、駅から近い場所にあるかとか、パーキングスペースは十分に整っているかなどを予めチェックすることは大切です。続いて三つ目は安置室の確認も忘れずに行いましょう。基本的に安置場所は自宅を選ぶ人が増えていますが、中には自宅に安置できる場所を確保することができない場合は会場に直接運ぶことになります。しかし、会場によっては安置することができないところもあるため、事前に安置室があるかの確認をしておくことが大切です。

最後に四つ目は緊急時でも対応してくれるかもチェックしておくと安心です。葬儀場によっては営業時間が異なり、緊急時は対応してくれないところもあります。しかし、中には緊急時でも対応できる業者も存在するため、状況によって異なりますが緊急時でも対応できるところでお願いするといいでしょう。

このように、会場はどこにするか選び方は重要です。戸塚区では複数の葬儀場があるので失敗したくない人は家族と話し合いながら納得できる場所を探すようにします。

遺族の服装や挨拶について

葬儀ではやらなければならないことがたくさんあります。特に遺族の方は体力的にも精神的にも負担が大きくなります。さらに、初めてだという人は何から始めればいいのかわからない人もいるでしょう。その中でもここでは服装のポイントと挨拶のポイントの二つについて述べます。

まず服装についてですが、男性は黒のフォーマルスーツを着用します。スーツはダブルでもシングルでも問題ありません。基本的には靴や靴下も黒で統一しますが、ワイシャツに関しては黒ではなく白をセレクトするのが基本です。続いて女性ですが、洋装の場合は黒のフォーマルスーツの着用で男性と同じです。女性で気を付けたいポイントとしては過度な露出はしないことです。また、アクセサリーについてもキラキラしているのはマナー違反です。なるべくアクセサリーは身につけないように気を付けましょう。また、子供がいる場合には子供も私服ではなく、学校の制服があればそれを着用させるようにしましょう。制服が無ければ黒や紺、グレー系の服装を選ぶといいです。このように服装について大まかに説明しましたが何を選べばいいかわからない人は参考にするといいです。

次に葬儀でのあいさつのポイントについて、まず大切なのが伝えたいことを整理することです。整理せずに本番を迎えてもパニックになってしまえば上手く話すことができません。できる限り前もって整理をしておきます。また、長すぎないようにするのもポイントです。基本的には数分程度の挨拶で抑えるのがポイントです。また、人によっては緊張して早く話す人がいますが、早く話すと聞き取ることができません。できる限り気持ちを落ち着かせてゆっくりと話すようにしましょう。

万が一の時に用意しておくと安心なこと

急に葬儀を執り行うことになると段取りが分からずにパニックになりやすいですが、できる限り冷静に葬儀を執り行うためにもここでは万が一のために準備しておくと安心なことについて説明します。

まず一つ目は連絡先リストの整理です。葬儀では関係のある人たちに連絡をしなければなりません。連絡先リストがないと誰に連絡をしたらいいのか分からなくなるため、事前に準備をしておきましょう。

続いて二つ目は遺影写真も準備をしておきましょう。あまりにも画質が悪いものに関してはキレイな写真に現像することができないため、画素が大きい写真を用意しましょう。故人の希望に沿ったものが用意できるなら、それが一番望ましいでしょう。

また三つ目は印鑑も必要です。死亡届をしなければならなく、手続きで印鑑が必要となるため、忘れないようにするためにも準備しておきます。

このように、前もって準備しておくことで急な不幸があっても安心です。特に何を準備したらいいかわからない人は確認しておきましょう。

関連キーワード

関連記事