墓の形態による種類や値段について

墓の形態による種類や値段について

墓の形態による種類について知っておこう

現在、墓は基本的にさまざまな地域で点在しており、もし購入をすればお亡くなりになった方を家族は供養することができます。また、今では終活をする方も存在しています。終活をしている方の中には、余命まで家族に迷惑がかからないように葬儀を手配したり、霊園を経営しているところに足を運び、墓の購入を検討している方もいるでしょう。しかし、ご高齢で健康な方も事前に終活をすることもあります。初めて墓を購入の検討をされている方の中にはどのような形態があるのか知らない方もいるのではないでしょうか。

例えば、民営墓地があります。基本的に宗教法人や公益法人が運営、管理しています。一般的に霊園と呼ばれるのがこの形態が多くなっています。では、どのような特徴があるのでしょうか。

例えば、宗派を問わず申し込みができる点です。ご家庭によっては先祖代々から続く宗派がある方もいますが、現在では宗派を持たない方も多く、そのような方は申し込みがしやすくなります。また、お骨がなくても申し込みができるという点も特徴になります。そのため、お亡くなりになる前に、自分にお申し込みをして自分のお墓を準備しておくことが可能となります。形態の種類によっては、抽選で申し込みができるかどうか決められることもあります。そのケースでは申し込みたいと思われている方が多ければ多いほど抽選に当選する確率が低くなるため、申し込みさえできないことがあります。しかし、この民営墓地においては、基本的に先着順で決められるため、早めに購入の意志を決めれば申し込みが可能です。

お申し込みをする方の中には自分のお墓のイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。例えば、石碑の種類などです。形態によっては石碑などが制限されることもありますが、民営が運営する霊園では、基本的に石碑の制限などを設けていない所が多くなっているため、イメージに近いものを所有することが可能となります。

その他にも、寺院が運営するところもあります。寺院が運営する所では、住宅地の近くにあることが多くなっています。そのため、交通の利便性が高くなっています。交通の利便性が高ければ、お盆などに家族でお墓参りがしやすいというメリットを得ることができるでしょう。

また、寺院が経営している所は、基本的に経営基盤が安定しています。例えば、毎日お参りをしてくれる方もいるので、そこから運営するための資金を得ることができます。そのため、無くなってしまう可能性が低いのも特徴です。その他にも、自治体が運営している都立霊園や市営霊園もあります。この形態の特徴としては、管理体制がしっかりしている点です。例えば、霊園では管理する作業が豊富にあります。例えば、夏の季節には草が生えるため、草むしりをしなければなりません。このような管理をきちんと行ってくれる所が多くなっています。

しかし、申し込み時期が決まっているので、先着順ではなく抽選になるケースが多くなっています。

値段について

墓を持ちたいが値段が比較的高いため、なかなか購入にまで至らないご家庭も少なくありません。確かに日常的に買い物する中でも比較的値段が高額になります。しかし、お墓の値段はその場所によって変動するケースが多くなっています。例えば横浜市と多摩エリアを比較してみましょう。横浜市で多くの占める値段の割合は200万円から300万円のところが多くなっています。一方、多摩エリアにおいては150万円から250万円のところが多くの割合を占めています。これを見ればわかるように横浜市より多摩エリアの方が値段が安くなっているのです。購入を検討されている方は値段などをご家族と相談をして購入を決められてみてはいかがでしょうか。

霊園を手に入れるためには!?

霊園を購入するために申し込みをするには、業者を選択するのが一般的な方法になります。基本的に、数多くのところでお墓を販売してくれる所が多くありますが、人生に何度も購入するケースは少なくなっているため、しっかりと相談をして決めるのが通常になります。業者によっては、資料請求を受け付けてくれるところがあります。ホームページを見ればいいのでは?と思われる方もいますが、資料請求をすればその中に、ホームページからは知ることができない情報が記載されているので、霊園を選ぶ際の参考になるでしょう。

また、ホームページなどには電話番号が記載されているので、電話をかければ業者のスタッフに悩みなどを相談することができます。また、多くの業者ではアフターサービスなども提供してくれるので、安心して購入できるところが多くなっています。

関連キーワード

関連記事