これからお墓を建てる場合に知っておくべき事

これからお墓を建てる場合に知っておくべき事

お墓を建てる場所について

お墓はいつか必要になるものですが、今はお墓を取り巻く事情も様変わりしているので、その分選択肢も増えています。自分のライフスタイルに合わせて選べるようになっているのは、メリットかもしれません。まず、お墓をどこに建てるかを見ていきましょう。

一般的には檀家となっているお寺の「敷地」か「霊園」です。遺骨は必ず納骨しなければいけないという法律はないので、自宅に置いておく「自宅供養」という方法もあります。例えば庭がある場合、ペットなら庭に埋葬する事もできますが、人の場合は埋葬する場所が決まっているので、お寺か霊園のどちらかになります。近くにお寺があったとしても檀家にならないとスペースを利用させてもらえないので、場所を探す前にまずは、檀家にならないといけません。しかし檀家になると、お布施や行事などに参加しないといけないという面倒があります。さらには、お寺ごとに宗派があるので、それ以外の人は檀家になれないという可能性もあります。昔はこういう事も面倒とは思わず普通に行われてきましたが、今は時代が違うので、煩わしいと感じる場合は霊園を選ぶのがいいかもしれません。

霊園なら宗教に関係なく、お墓を建てられます。しかし霊園に空きがないとこれも叶いません。一度霊園にお墓を建てると、長い間そこを利用する事になるためなかなか空きが出ないのが霊園のデメリットです。また空きがあったとしても、自宅から遠く通うのに苦労するような場所はあまり良い場所とは言えません。交通アクセスがいい霊園は人気も集中するので、すぐにいっぱいになってしまいます。新しく霊園も造られていますが、かなりのスペースが必要となるためどうしても郊外になってしまいます。

霊園とお寺はどっちがいい?

お墓を建てる場所は人によって違います。どちらがいいかは生活スタイルなども関係してきます。地域によって風習が違うので、年に何度か墓参りをするところもあります。この時、実家近くにある場合、実家から遠いところに住んでいると簡単に墓参りに行けません。また墓は建てたら終わりではなく、時々掃除をしなければいけません。大抵は、墓参りの前か墓参りの時についでに掃除をしますが、遠方で行くのに半日かかる様な場所では掃除もできません。最近は遠くに住んでいるというケースが多く、荒れてしまう墓も増えています。

墓石は地震などがあると崩れ落ちてしまう事があります。なかなか墓参りに行けないと様子を見に行くという事もできませんので、世代が変わった場合は、墓を移動させるという選択肢も考えておかないといけません。実際にこういったケースは増えており、この場合は新たに墓を建てる場所を確保しなければいけません。

しかし近くに建ててもあまり供養を重要視しない場合は、墓参りが面倒に感じてしまうので移動しても結局放置されてしまいます。こういう時に「永代供養」を選ぶという事もできます。最近は核家族化や少子化も進んでいて、あまり先祖を敬うという事が重要視されなくなっています。供養をしたくても墓の継承者がいない場合は、墓じまいしなければいけません。このため永代供養が増えている傾向にあります。永代供養なら墓参りに行けない人も、代わりに供養してもらえるので安心です。墓が建てられない事情があっても遺骨を安置するスペースは確保できますし、供養もできます。

永代供養のメリットとデメリット

永代供養はここ数年で増えている傾向があります。墓の継承者がいない人や、核家族化の影響で墓を守る人がいないという時も、代わりに遺骨を安置所に置いて、永代に供養してくれるという仕組みです。墓を建てなくても、遺骨だけ納骨堂などで安置できるから費用も節約できます。永代供養を任されたお寺では、永代に渡り供養をしてくれますし、年に何度か法要も行ないます。ただし、個別にするには費用が高くなりますし、永代といっても寺により扱いが違うのですが、ある程度時間が経つと合祀となります。永代供養の場合は、申し込む時に費用を支払い、それ以降は追加料金もありません。墓を建てるよりも費用負担が少なく済みますが、合祀となった場合は個別の墓参りができませんし、一度合祀になると遺骨を個別に取り出すという事ができません。中には永代供養でも個別に墓が欲しいと希望する人はいますので、個別の永代供養に対応しているところを選べば墓参りもできます。ただし何十年も通い続けるのは難しいため、ある程度の時間が経過すると合祀にするのが一般的です。永代供養は、メリットもあればデメリットもありますので、それをよく理解した上で決める事が大切です。

今はお墓の形もいろいろ選べるようになっているので、ライフスタイルに合わせ、何十年か先を見据えて決める事が大切です。せっかく高い費用をかけて墓を建ててもそれを受け継ぐ人がいなければ、無縁仏となってしまいます。今は少子化などで無縁仏になるケースも増えていて、それに合わせて永代供養も増える傾向にあるのです。

関連キーワード

関連記事