お墓を購入する時の豆知識

お墓を購入する時の豆知識

霊園の購入を検討中の方は選び方もこだわろう

これからお墓の購入について考えている人はたくさん存在しているかと思いますが、お墓は長年使用していく大切なものとなっています。その為、できる限りじっくりと考えて選びたいと思っている人も多いかと思いますが、中には選び方があまりよくわからないという人もいるのではないでしょうか。霊園を選ぶときには知っておきたいポイントがいくつも存在しています。費用もそれなりに必要になるので、後悔しないためにも事前に調べておいた方が良いでしょう。今回は選び方で失敗しないための霊園の選び方について紹介していきます。

まず、1つ目は霊園の雰囲気について確認しておきましょう。基本的に選ぶ際にはどのような雰囲気なのか見学をすることがあるかと思いますが、見学をする際には隅々まで霊園を確認しておいた方が良いでしょう。例えば全体の雰囲気はもちろん、既に建っている他のお墓はどのようなデザインになっているのかなどを見ておくだけで実際に建てる時に参考になることもあるので、ただ単に雰囲気を確認するだけではなく、隅々まで確認をすると良いでしょう。

2つ目は費用について確認をしましょう。例えば費用面は見ておきたいポイントがいくつか存在していますが、その中でも区画の広さと価格のバランスが適当かどうかなどを確認するようにしましょう。バランスが合っていない場合には損をする可能性もあるので、パッと決めずにじっくりと考えてから選択するのがポイントになります。また、永代使用料は長年支払っていく大切なものとなっているので、後悔しないためにもどのくらいの費用を支払うのかについて事前に確認しておくと良いでしょう。

3つ目は立地条件の確認です。基本的にそれぞれの霊園によって立地条件は異なりますが、中には車でないと行くことが難しい霊園も存在しています。車を所有している人は問題ありませんが、所有していない人は通うのが大変になるので、立地条件は通いやすさなども考えて選ぶようにすると良いでしょう。

4つ目は管理状況の確認をしておくようにしましょう。霊園の管理もそれぞれの場所によって異なります。見ておきたいポイントとしてはしっかりと清掃がされているかどうかですが、霊園には共用部分が存在しています。例えばトイレなどがありますが、こういった場所がしっかりと清掃されているかなどを見ておくと良いでしょう。不快な思いをしたくないと思っている人が多いと思うので、事前に管理状況の確認はしておくと良いでしょう。

このように、今回は霊園を選ぶときのポイントについて紹介しましたが、納得のいくお墓を建てるためには大切な部分となるので、選び方がよくわからないという方は今回説明したポイントを参考にすると良いでしょう。

石碑を選ぶときに知っておきたい種類について

霊園の選択が完了したら石碑などを選んだりすることもありますが、石碑にもそれぞれ種類があるので、後悔しないためには種類について知っておくことが大切になります。今回はどのような種類が存在しているのかについて紹介していきます。

まず1つ目は和型タイプと言われている石碑ですが、これは日本で昔から使用されているタイプの石碑となっています。細かな彫刻がされていることがあり、高級感があるのが特徴的です。昔ながらの伝統的な石碑を選びたいと思っている方は和型タイプについて選択をすると良いでしょう。

2つ目は洋型タイプについてですが、これはヨーロッパのお墓を基について作られているタイプの石碑です。モダンな印象を与えるタイプなので、あまり日本にはない今風な石碑を建てたいと思っている人は選択について検討すると良いでしょう。

3つ目はデザインタイプの石碑になりますが、これは主にオーダーメイドで作りたいと思っている人が選択するタイプになっています。他にはない個性的なお墓にしたいと思っている人もいるかと思いますが、出回っていない石碑を作りたいと思っている人はデザインタイプを選択すると良いでしょう。

石材の種類について考えよう

石碑を選んだあとは石材の選択をする人たちが多いと思いますが、石材にも種類が存在しており、大きく分けると2つのタイプを選ぶことができます。

まず1つ目は国内産のタイプですが、国産のタイプは他の素材に比べると耐久性があるのが魅力的な部分となっています。お墓は外に建っているものとなりますが、国内産は長年外に置いていても簡単に壊れたりすることがありません。長年の使用を検討している人は国内産の検討をすると良いでしょう。

2つ目は外国産ですが、国内産のタイプに比べると価格が安くなっているのが特徴になります。なるべくお墓を建てる時に安く抑えたいと思っている人もいるかと思いますが、安くしたいと思っている方は外国産の選択を検討すると良いでしょう。いずれのタイプも耐久性を考えるならば、できるだけ水を吸わない石を選ぶことです。水を吸いにくいというだけで、汚れにくく、耐久性が増します。

関連キーワード

関連記事