お墓の豆知識や選び方について

お墓の豆知識や選び方について

お墓には3つの種類が存在している

故人のためや先祖のためにお墓を作ろうと検討している人も多いかと思いますが、せっかく作るならなるべく納得のいくところに立てたいと思っている人も多いので、今回は種類についてを紹介していきます。世の中にお墓は1種類しかないと思っている人もいるかもしれませんが、実際に霊園は3つ存在しています。それぞれ特徴も変わってくるので、選ぶ際には種類や特徴についてを知っておいた方が良いと言われています。では早速、種類について分からないと思っている方のために紹介をしていきます。

1つ目の種類は公園墓地というものです。経営体制としては、宗教法人や公営法人などが運営をしていることが多く、一般的な霊園と呼ばれている形態が公園墓地です。特徴としては石材の決まりがないことが多く、それぞれの好みによって作れるのは魅力的です。例えば今では昔から伝えられている伝統的なスタイルのみならず、洋風のお墓も存在しています。公園墓地ではこういった洋風のスタイルの導入が可能なところもあり、立てたいスタイルを選べるので魅力的です。また、遺骨がなくても申し込むこともできます。場所によっては遺骨がないと霊園の利用ができないところも存在していますが、公園墓地では遺骨がなくても申し込めるので、例えば先祖のために作るという人もいます。故人がいなくても先祖のために作りたいと思っているなら公園墓地を選択すると良いでしょう。

次の霊園は寺院墓地になります。寺院の境内にある墓地でお墓の設置もできますし、寺院で葬儀や法事なども行うことができます。特徴としては住宅地にあることが多いので、交通の便が他の霊園に比べると良いのが魅力的です。駐車場の設置もされているところが多く、車でのアクセスも可能なところがほとんどです。また、お寺との信頼関係が生まれるので、精神的な安定が得られるのも寺院墓地の特徴です。

最後の種類は公営墓地で都立霊園や市営霊園などと呼ばれることもある墓地です。経営体制は地方自治体が行っており、管理体制がしっかりとしている霊園になります。特徴としては石材店の制約がほとんどないことです。民営墓地に関しては石材店と契約を交わしているところもあり、基本的には限られた石材店から選ぶ必要がありますが、公営墓地では基本的に決められている事はないので自由に選ぶことができます。その他の特徴としては遺骨が必要になる場合や住居年数によって利用可能かどうかの制約がある場合が多くなっています。

このように、霊園には3つの種類が存在しています。それぞれ特徴が異なるので、選ぶ際には気に入ったところに申し込みをすると良いでしょう。

石碑の種類について

お墓を作るにあたって大切となるのが石碑の選び方です。昔は基本的には1種類しかないと言われていましたが、時代の変化と共に今では石碑の種類は3つ存在しています。選ぶ際に悩むこともあるかと思いますので、今回は種類についてを説明していきます。

まず、昔ながらのお墓を選びたいと思っている場合には和型墓石を選ぶと良いと言われています。和型墓石は江戸時代からあると言われている歴史が古い石碑になりますが、今でも人気を集めており、伝統的で美しいですし、高級感がある墓石になります。

2つ目は洋型墓石と呼ばれているものですが、ヨーロッパを中心に作られている石碑になります。モダンなイメージの墓石なので、近年では選択する人たちも増えてきています。高さは和型墓石に比べると低くなりますが、横幅があるので安定感がある石碑になります。

最後はデザイン墓石について説明をしますが、これはいわゆるオーダーメイドで作成をする墓石になります。近年ではオーダーメイドで対応してくれるところも多く、和型墓石や洋型墓石とは全く違うデザインで作成することもでき、オシャレに作り上げることが可能です。自分好みのオリジナルの墓石を作りたいと思っている場合にはデザイン墓石を選ぶようにすると満足度は高くなります。

霊園や墓石などを販売している業者の選び方

霊園を利用する際や墓石などを購入する際には仏事サービスを利用することが一般的になりますが、実際に販売を行っているところなどはたくさん存在しています。選ぶ際に悩むこともあるかと思いますが、今回はこれから検討している人のために選び方について紹介してきます。

まず、満足のいく霊園を見つけるには資料請求をすることが大切です。資料請求をすれば霊園の内容を詳しく見ることができます。満足度の高い霊園を見つけやすくなるので、資料請求が可能な業者を選択するようにしましょう。

また、石材の種類についても豊富に取り扱っているところを選ぶことで好みの石材を選ぶことができます。後々後悔をしないためにも豊富に取り扱っている業者を選ぶようにしましょう。

このように、選び方にこだわることで満足度の高いお墓を立てることができるので、業者を選ぶ際には慎重に選択するようにしましょう。

関連キーワード

関連記事