お墓の改葬と必要な費用について知ろう

お墓の改葬と必要な費用について知ろう

現代におけるお墓事情について

自分の家の大切なお墓が今どこにあり、誰が管理しているかなどを正確に知らない人も多いでしょう。お墓を持つということはただお墓を建てるという単純なものではありません。お葬式や法事など直接お墓と接する時はもちろんのこと、雑草の手入れや掃除などの日々の管理や、お墓を建てているお寺との関係など、様々な方向からの付き合いや管理が必要です。

自分が生まれた地域で一生を過ごすことが一般的であった昔は、自分の家のお墓を子供がずっと守っていくのが当たり前の時代でした。このまま自分の子供の世代が、そしてまた次の世代の子供が継続的にお墓を立派に守ってくれたらと願っている方は多いでしょう。しかし、近年の少子化や核家族化、高齢化社会などの社会問題と比例するように、お墓の存続や管理の問題も具現化してきました。各家庭の理由はさまざまですが、今後永続的にお墓を守って行くことが難しい、次の世代にはこのお墓を管理する人はいないであろうなど、今後のお墓のあり方を根本的に考え直さざるえない場合に直面することも増えてきました。

今回は様々な理由により大切なお墓を移動しなくてはならない、古くなってしまったお墓を新しいものにしなくてはならないなどの場合の「改葬」について説明します。手続きや費用などは少し専門的で独特のものがあるので、何も知識のない人でも必要な情報や知っておくべき重要な要点をまとめます。

改葬の具体的な方法と費用について

私たちの多くは大切な家族が亡くなった時、お墓に納骨を行います。1度納骨した以上、そこに永遠に納骨し、供養を行っていくことが理想的です。しかし、さまざまな諸事情によりお墓を移動しなくてはならないこともあります。これを改葬といい、大きく3つの方法があります。

1つ目は移動先の墓地に新しいお墓を建てる方法です。2つ目は思い入れのあるお墓を分解し、トラックなどを使用してそのまま移動先に移設する方法です。どちらもきちんと管理や供養ができる範囲の距離に思い切ってお墓を移動させます。遠方へ引っ越ししなくてはならない等などの事情により、今あるお墓に訪れることが困難になる場合などに行うことが多いです。移動先はそれぞれですが、共通して言えることは、管理や供養に配慮した先を見越した決断だと言うことです。そして3つ目はお寺などの納骨堂などに永代供養をお願いして納骨する方法です。この場合は、子供がいない方や後継ぎとなる人がいない、近い将来お墓の管理ができる人がいなくなることが明らかな場合などに選択される場合が多いかと思います。どの方法を選択してもそれぞれに必要な費用などは変わってきます。

改葬に伴う費用は大きく2つに分類されます。まず1つ目は移転元でのお墓の撤去等にかかる費用です。今までお墓を建てていた土地から完全に退去しなくてはいけないので、墓石の撤去や処分費用、遺骨の取り出し費用、新しいお墓へ移動させるのであれば、移転費用なども必要です。そして区画整備の費用はもちろんのこと、お世話になったお寺への離檀料などのお布施が必要となってくる場合が通常です。

移転先で必要な費用は通常新しくお墓を建てる時と同様に、永代使用料や納骨料、お墓に魂を入れるための開眼供養のお布施等が必要となります。また、以前のお墓を移動させ新たな区画に設置する場合は、区画の大きさや何か特別な条件などがお寺にないかなど、あらかじめの調査も必要です。

具体的に改葬を考えている方へ

お墓の改葬は今日すぐに行うという訳にはいきません。決して1人では決めることのできない大きな決断になるでしょう。かかる費用もそれなりに大きなものになることも予想されます。家族の今後の方向を決めることにもなりうる重大な決断なので事前に家族間、親族間できちんと話し合いを積み重ねる必要もあります。

石材店によってかかる費用もさまざまです。見積もりを取りながら、納得いくまで相談していくことが大切です。まずは改葬に伴う各々の事情や条件などの必要事項をしっかり伝えましょう。このヒアリングを大切にするか否かで、後悔のない、前向きな改葬へと繋がっていくでしょう。

さらに、改葬により改めて親族などを集めての法要を開く場合には、会場代や仕出し代などがかかることを念頭に置いておく必要があります。石材店やお寺だけでなく、他に各市町村に「改葬証明書」を提出し許可を得ることが必須です。「改葬証明書」を提出する際には、「埋葬・埋蔵証明書」や「墓地使用許可書」または「受入証明書」も必要となってくることも忘れてはいけません。

このようにお墓の改葬はただ単純に墓石の費用がかかる訳ではありません。移動元、移動先のお寺への費用や、各種証明書の発行手数料など付随のものも多くあります。自分が望んでいる改葬方法を明確にするとともに、かかる費用についてもある程度の知識の習得が必要不可欠です。改葬を考えている方、将来のお墓のあり方に不安を感じている方は1度お墓作りに実績のある石材店に相談してみると良いでしょう。

関連キーワード

関連記事