お墓の値段やお墓の形態の種類について

お墓の値段やお墓の形態の種類について

お墓の値段について

お墓の購入を検討している方は、数多くいるのではないでしょうか。お墓の買い方は、大まかに分けて二つあるでしょう。

一つ目は生前から購入しておく方法です。生前から購入する方はいるの?と思われる方もいますが、現在では晩婚化が進んでおり、30代後半や40代で結婚される方もいます。当然、遅くに結婚をすると子供が授かる確率は低下するため、結婚をしている方でも継続者がいないご家庭は少なくありません。継続者がいない方は生前にお墓を購入しておき、死後のお墓の悩みを少なくするために、お申し込みをする方は少なくありません。

二つ目はお亡くなりになられたご家族がいる継続者が、お墓を購入して供養をする方法です。継続者がいるのであれば、お任せをすることもできるでしょう。このように、現在では多くの方がお墓を購入していますが、今まで購入した事がない方は、お墓の値段が分からない方もいるのではないでしょうか。

当然ではありますが、お墓の値段はどこで建てても同じではなく、場所や石碑によって変動します。まずは、土地になります。土地は家を購入する時と同様に土地の相場があります。例えば、田舎においては土地相場が低いため、お墓の値段は安くなります。一方、都会においては土地相場が田舎よりも高くなっているので、その分お墓の値段の高くなることもあるでしょう。例えば、横浜と多摩エリアを例に取ってみましょう。横浜市は多摩エリアに比べて比較的建物や商業施設が充実しているため、横浜市の方がお墓の値段が高くなります。横浜市の、お墓の値段の平均は250万円を超えています。一方で多摩エリアにおいては、お墓の値段の平均は250万円を大きく下回っています。但し、平均には都市部、農村部、山岳部を全て含めた平均値です。

また、この統計は2013年から2014年に調査されたものになります。そのため、現在のお墓の値段は変動していることもあるでしょう。また、この購入価格の平均は永代使用料なども含まれています。基本的に横浜市は、多摩エリアに比べて永代使用料が高くなっており、その分が加算されていると考えられます。お墓の値段には、石碑も含まれます。

では、石碑にはどのような種類があるのでしょうか。例えば、和型墓石になります。和型墓石は江戸時代から使用されており、伝統的な石碑になります。スリン加工などが施されているため、高級感を得ることができるでしょう。その他にも、洋型墓石があります。基本的には、ヨーロッパのお墓をモデルとしてモダンな印象の墓石になります。横幅が他の石碑よりも広くなっているため、継続者に安心感や開放感を与えるお墓になります。

現在では、デザイン墓石なども販売されています。デザインに拘りがある方も少なくないでしょう。基本的にデザインをする事になるため、お墓の値段はその分高くなりますが、自分の理想のお墓を所有できます。石材によってもお墓の値段は変動します。石材には産地がありますが、業者においては国産、外国産どちらも扱ってくれる所が多くなっています。お墓の値段には、これら全ての要素が含まれるため、ご家族と検討をして購入されてみてはいかがでしょうか。

お墓の形態による種類を知ろう

お墓には様々な形態があるので、種類によってはお墓の値段の価格が変動することがあります。事前に知っておけば、自分の好みのものを選択することができるでしょう。

お墓の形態には、公園墓地があります。基本的に公園墓地は、公益法人や宗教法人が経営している所になります。一般的に、霊園と呼ばれます。特徴としては、宗派を問わずに申し込みができる点です。また、抽選ではなく先着順でお申し込みをすることが可能です。さらに、石碑に制約がありません。そのため、デザインされた石碑を使用する際にも、公園墓地では対応してくれます。その他にも寺院墓地があります。寺院墓地の特徴は住宅地の近くにあるケースが多くなっているため、交通の利便性が高くなります。例えば、交通の利便性が悪いと継続者がお墓参りをする際に手間がかかるため、お墓離れの原因になることもあるでしょう。しかし、寺院墓地ではそのようなリスクを少なくすることができます。

お墓の購入を検討されている方は資料請求やお問い合わせを業者にしよう

お墓を購入する時は、通常業者を利用することになります。現在では、スマートフォンやタブレットが多くのご家庭に普及していますが、ホームページからお墓のサービス紹介をしてくれる所もあるため、情報を知ることができるでしょう。

また、業者によっても異なりますが、資料請求を受け付けてくれるところもあります。資料請求をすればホームページに書かれていない情報をすることができるので、業者選びをする際に役立てられます。ホームページからお問い合わせを受け付けてくれます。お問い合わせフォームだけでなく、電話からの受け付けも行ってくれるので、お墓の値段などが気になる方は一度、相談されてみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

関連記事