お墓に関する豆知識

お墓に関する豆知識

お墓の形態による種類について

先祖供養のためにお墓を手に入れるためには霊園の選択をすることになりますが、霊園はいくつか存在しています。購入後に後悔をしないためにも事前に形態による種類を把握することが賢明でしょう。ここでは霊園にはどのような種類が存在しているのかについてを説明します。

まず始めに紹介するのが公園墓地です。公益を目的とする事業を行う法人などが運営をし、管理している霊園です。日本の霊園の種類は複数ありますが、その中でも比較的利用者数が多いのが公園墓地です。公園墓地を選ぶ魅力は、宗旨、宗派を問わずに申し込みをすることができるというのが1つ目に挙げられます。それぞれの家庭によって宗旨、宗派が異なりますし、霊園の中には宗旨、宗派によって入ることができないものも存在しています。公園墓地に関してはどこの宗旨、宗派でも申し込みをすることが可能になっているので、誰でも申し込めばお墓を建てられる霊園です。2つ目の魅力としては遺骨がなくても申し込みが可能だというのが挙げられます。お墓は遺骨がないと建てられないのでは、と思っている人もいるかと思いますが、故人のために建てている人もいますし、ご先祖のためにたてている方も存在しています。そのため、ご先祖のために建てたいと思っている場合には公園墓地の選択について検討すると良いでしょう。このように、一部分ですが公園墓地にはいくつかの特徴があります。

次に紹介する霊園は寺院墓地です。これは公営墓地とは異なり、寺院の境内や隣接する場所にあるのが特徴となっています。寺院墓地の魅力は、1つ目に交通の利便性を挙げられます。お墓というとあまり交通の便が良くないのでは、と思っている人もいるかと思いますが、寺院墓地に関しては立地条件が良い場所にあることが多いので、交通の便が良い事が多くなっています。例えば車を所有していないという人や、なるべく通いやすいところが良いと思っている人は寺院墓地について検討してみると良いでしょう。

3つ目に紹介する霊園は公営墓地と呼ばれているタイプで、都立霊園や市営霊園とも呼ばれているタイプとなっています。これは寺院や宗教法人、公益法人が経営の主体になることはなく、地方自治体が住民のために運営している墓地です。特徴としては管理体制がしっかりとしていることです。公営墓地は地方自治体が管理しているので、運営ができなくなるということはほとんどありません。長年同じ場所にお墓を置いておきたいと思っている場合には管理体制がしっかりとしている公営墓地について検討してみると良いでしょう。

このように、霊園には大きく分けると三つのタイプが存在しており、それぞれ異なった魅力が存在しています。

石碑の種類について知っておこう

お墓を建てるにあたって石碑について考える人は多いと思いますが、基本的に何回も建て直すことはないので慎重に選びたいと思っている方が多いのではないでしょうか。大きく分けると石碑には3つの種類が存在していますので説明します。

始めに紹介するのが和型墓石です。これは簡単に説明すると日本ならではの墓石となっており、徳川幕府として知られる江戸時代から現在まで継承されている伝統的な墓石です。魅力としては高さがあり、加工も複雑になっているので高級感を抱ける点です。日本の伝統が好きな方は和型墓石について検討すると良いでしょう。

次は洋型墓石です。これはヨーロッパのお墓を基にして作られている墓石で、モダンな印象を与えるのが特徴的です。モダンな雰囲気は現在人気を高めているので、ありきたりではない墓石を検討している人は洋型墓石について検討すると良いでしょう。

最後はオーダーメードで制作依頼をする方法です。名前の通り自分の好きなお墓を作れる方法となっています。ゼロの状態から制作を依頼することができるので、こだわりのデザインを石碑に取り入れることができます。他の石碑と類似することが少ないデザインの墓石を作りたいと思っている方はオーダーメードについて検討すると良いでしょう。

石材の選択について

お墓を建てるにあたって石材の選択もすることがあると思いますが、大きく分けると2つあります。それは、国内産と外国産が存在しています。どちらを選ぼうか迷っている方のためにも今回は二つの利点についてを紹介していきます。まず国内産ですが、基本的には品質に優れているので簡単に欠けたり崩れたりすることはありません。高耐久性の石材を求めている方は国内産を選ぶと良いでしょう。

続いて外国産についての紹介をしますが、外国産の利点としてはコストパフォーマンスに優れていることが挙げられます。基本的に国内産と比べても安く購入することができるので、なるべく低価格でお墓を持ちたいと思われている方は外国産について検討すると良いでしょう。このように2つにはそれぞれの利点があるので、比較し、検討されることをおすすめします。

関連キーワード

関連記事