藤沢市でもお墓として永代供養墓を考える意味

藤沢市でもお墓として永代供養墓を考える意味

少子高齢化社会とお墓の問題

少子高齢化という問題は、一朝一夕に解決することはないでしょう。超高齢化社会になってきているのは、晩婚化といった問題も絡んでおり、社会的な問題も多数抱えているからです。子供の割合も減少してきている中、藤沢市でもお墓ということは大きな問題になってきています。

人間は、いつか亡くなります。死ということを迎えるからこそ、今を生きることに意味があるでしょう。その中で、亡くなった人を弔うのも、生きている人間の務めです。その後のお墓の管理もしていかなければいけないでしょう。ですが、現実的な問題として考えれば、超高齢化社会となり、その負担は確実に増えてきているのです。実際にお墓の管理ができなくなり、そのまま放置されている例も増えてきてしまっています。そこで、藤沢市あたりでお墓を考える方においても、将来的なことも含めて検討していく必要があるといえるでしょう。

将来的なこととは、管理ができるかどうかということです。自分たちの子供の代に、その責任を預けるべきなのかという問題もあるでしょう。将来を担うのは、自分ではありません。自分たちの子供が将来を担うことを考えると、早めに決断するということも重要になってきます。そこで、現実的な選択として出てきているのが、永代供養墓を考えるということです。

お墓の管理と永代供養墓

そもそもお墓とはどんな存在なのかということを考えていかなければいけません。社会的にも宗教的にも様々な考え方がありますが、亡くなった方を弔う場所であるということは同じでしょう。過去のことを思い出したりすることもありますし、代々の先祖を考えることもできる場です。そのために、定期的に訪れることもありますし、祭事をおこなうこともあるでしょう。記憶の上で風化したりしないようにするための場であるともいえます。

ところが、少子高齢化が進むと、そのお墓を整備したりする人がどんどん減ります。ご先祖の数が減るわけではありませんので、負担は増加する一方でしょう。それでも、長子相続制度ともいえる社会的風潮として、お墓は継承されてきました。だからこそ、その負担はどんどんと増加してきており、どこで線引きをするのかということが必要になってくるといえます。

永代供養墓という選択も、こうした背景があるといえるでしょう。お墓を相続する必要がなくなる方法で、亡くなった後は合同で世話をしてもらうことになります。お寺が責任を持って供養と管理をしてくれるため、だれかに責任を預ける必要がないのです。

少子高齢化がすすみ、藤沢市でも放置されてしまうお墓が目立つようになってきていますが、永代供養墓にすることができれば、こうした問題も解決することになります。それも、自分が生きている間に決断することができるため、後代に責任を取らせるようなこともありません。これも大きなポイントになってくる部分でしょう。

後代に責任を残すのか

永代供養墓ということで考えてみると、終活という言葉にもつながってきます。自分が亡くなったときのことを考えて活動することを指していますが、自分で決めることができることであるため、線引きをしっかりとすることができるでしょう。代々連なる実家の墓に入ることもありません。関係を整理するためにも、こうした永代供養墓を選択するということも一つの方法でしょう。代々の墓に入らないということは、その責任を継承しないということになります。複数の家族が使うことになっているのであれば、だれかがひとつの線引きをすることにより、継承する人間を明確にすることもできるようになるでしょう。その決断を自分でできるのですから、大きなポイントになってきます。

現在では、終活という言葉がニュースなどで取り上げられることがあります。終活とは、亡くなる前に周囲の方に迷惑をかけないために、お葬式の手配やお墓を購入しておく事になります。もし、お墓を購入しておけば、周囲の人に迷惑をかけることが少なくなります。永代供養墓では、生前から購入することも可能です。そのため、終活をしてお墓を購入し、心のよりどころとする事もできます。また、元気なうちに自分のお墓の心配を解消することができるので、永代供養墓を購入する事によって、多くの悩み事を解決することが可能です。

永代供養墓にするということは、現実的な手間をなくすということにもなってきます。遠方に住んでいて、お墓を管理することができない場合もあるでしょう。それが気になってしまうということも出てきます。それならば、すべてお願いしてしまうという選択も現実的ではないでしょうか。

もちろん、先祖代々を思う気持ちがないから選択するわけではありません。その逆にしっかりと考えているからこそ選択するべき方法ですので、これから先の責任の所在ということも考え選択していくといいでしょう。自身のこと、周りのことを考慮して、最善の方法を選択しましょう。

藤沢の霊園詳細はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事