神奈川県で永代供養を利用する際のメリットとデメリット

神奈川県で永代供養を利用する際のメリットとデメリット

どんなサービスなの

今の日本では65歳以上の老年人口が増え続ける高齢化社会が問題視されています。また晩婚化によって少子化も大きな問題となっています。この少子化は、結婚をしないといった人が増えていることも原因ですし、若い世代の所得がなかなか増えないことも原因の一つとして考えられています。

このような問題がある日本ではお墓の問題も切実です。子供がお墓を守ってくれると考えていたのに、子供が都会に出てしまいお墓の継承者がいなくなってしまう、子供に自分のお墓を建てることで経済的負担をかけたくない、自身が独身で身寄りがいないといったことで、お墓を建てるのが難しい、お墓の管理が出来なくなっているといった問題が発生しています。

そんな問題を抱えている人に注目されているのが永代供養です。永代供養とはお寺や霊園が永代にわたり遺骨の供養や管理をしてくれるというサービスです。これなら身寄りがない人やお墓の継承者がいない人でも、家族に負担をかける心配もありません。

神奈川県にある永代供養を提供している施設では、電話や公式サイトから資料請求をすることができる場合もあります。永代供養のサービスを提供している施設は多いですが、まだ馴染みがなくどのようなサービスなのか、どのような流れで利用するのかと不安を感じることでしょう。このような不安がある人は、まず資料請求をしてみましょう。資料を取り寄せることで、サイトでは分かりにくいことも詳細に知ることができます。

現代の日本では様々なお墓の問題を抱えていることから、これからさらに永代供養を利用する人も増えると考えられます。永代供養とはどのようなサービスなのか、メリットやデメリットなどもよく確認して上手く活用することが大切です。

メリットは

永代供養を利用する大きなメリットが、お墓の管理が必要ないということです。お墓を建てれば定期的に掃除をする必要もありますし、お寺の檀家になれば改修などにはお布施が必要となることもあります。このような手間や負担もなく供養できるのが大きなメリットです。

また、お墓を建てるよりも費用が安いことも永代供養のメリットです。このサービスを利用した場合でもお墓を建てることは可能ですが、合祀であればお墓などを建てることなく低料金でサービスを利用することができます。最近では非正規社員が増え若い人の給料がなかなか上がらないことも問題視されています。そんな中、自分のお墓のために子供に大きな負担をかけたくないという人も多いです。永代供養であればお墓を建てるよりも安い費用で供養をしてもらえ、子供に負担をかけることがありません。

今まで特定の宗派に属していた人は、どんな宗派でも利用できるのかと気になる人もいるでしょう。基本的に永代供養では、宗派は問わないところがほとんどです。そのため誰でも利用しやすいのもメリットの一つです。また、施設によっては希望する宗派の法要をしてくれるところもあります。

神奈川県にはアクセスのよい施設もあります。お墓参りでは、このアクセスが悪いと感じる人も多いことでしょう。施設によっては駅から徒歩圏内であったり、駅から遠いケースでも無料送迎バスを用意している施設もあります。またほとんどが駐車場を完備していることから、車での利用の方も便利です。このように多くのメリットがあるサービスであることから、利用者も増加傾向にあります。

デメリットはあるのか

永代供養では合祀で供養するのが一般的です。この合祀とは血縁は関係なく、遺骨を一緒にして供養する方法です。 そのため、一度合祀によって遺骨を一緒にしてしまえば二度と遺骨を取り出すことができません。

施設によっては個人墓によって供養することも可能ですか、この場合でも一定期間を過ぎれば合祀となり、合同墓で供養するのが一般的です。この供養方法は、神奈川県以外のお寺や霊園でも同じです。

このサービスを利用する場合、お墓の管理ができないために利用する人も多いです。墓じまいをしてこのサービスを利用する場合には、まず親族との話し合いができていないと、親族とのトラブルが発生する可能性もあります。お墓は祭祀財産といって相続する際には税金はかかりません。そのため親族の中には、お墓を継承したいという人もいるでしょう。お墓に対しての決定権は継承者にありますが、勝手に墓じまいをすることによりトラブルとなることもあるので注意が必要です。このサービスは低料金で利用できるケースもあるのですが、墓じまいをするためにはお墓を処分する費用がかかり、意外に多くのお金がかかることも忘れてはいけません。

また、子供に負担をかけたくないと、生前にこのサービスの契約をする人もいるでしょう。しかし子供によっては、先祖代々のお墓を守りたい、新しいお墓を建てて供養したいと考えているかもしれません。この場合でも子供とよく話し合ってサービスを利用するかどうかを決めると良いでしょう。

様々な問題を抱える今の日本にとって欠かせないサービスの一つですが、デメリットもいくつかあります。サービスを利用する際には、自分だけで決めるのではなく、周りにいる人たちの意見をよく聞いて、利用するかどうか決めることが大切です。

関連キーワード

関連記事