神奈川県でも増えてきた永代供養ということ

神奈川県でも増えてきた永代供養ということ

社会的にも重要になってきた墓における継承の問題

生涯未婚率という数値があります。実際には一生涯というわけではありませんが、50歳までに1度も結婚したことのない人の割合のことです。2015年での統計で、男性で24.2%、女性で14.9%という割合が出ました。1度も結婚をしたことがないという割合なので、非常に高い数値であることがわかるでしょう。実際に10年前よりも確実に伸びてきており、男性は4人に1人、女性は6人に1人にもなるのですから、人数で見ると余計に実感ができるはずです。

こうした独身者が、必ずしも生涯単身であるというわけではなく、それぞれの生涯のかたちがあるため、一概に言うことはできませんが、これらのことに加えて、核家族化に少子化といったことまで含めると、亡くなったときに大きな問題が発生するようになる事実に気が付くはずです。それは、先祖から墓を受け継いだとしても、その跡を継ぐ人がいなくなるということです。自分自身の墓でさえ、面倒を見てくれる人がいなくなる可能性もあります。少子化によって、負担が増えていくことは間違いありません。

こうした問題を解決することは、生前に考えておかなければならないものでしょう。そこで、永代供養ということが、神奈川県などでも考えられるようになってきました。墓というものに対して、十分な対応ができないような場合を想定すると、永代供養は優れた方法です。墓の継承者に関係なく申し込みをすることができ、管理も供養もお願いすることができます。継承する人がいない場合や、継承させることが負担になると考えた時、優れた方法になってくるでしょう。

永代供養墓を選ぶための基準

永代供養を考える場合、ポイントを抑えていくことが大切です。死後の自分の面倒を見てもらう場所でもありますし、先祖をお任せすることもあるでしょう。だからこそ、どんな場所でも良いというわけにはいきません。選ぶうえでのポイントを抑えておくことが重要です。

永代供養墓といっても、どこにでも全て同じというわけではありません。その設置場所によって違いが出てきます。例えば公園墓地の場合、宗教も宗派も不問で申し込みをすることができますが、寺院の境内にあるとそうはいかないことも出てきます。公園墓地の場合には、希望をすれば宗教的な法要もお願いできることがあります。

経営主体が、本当に安全かどうかも大事なことです。テレビなどでも取り上げられることがありますが、管理体制の信頼性が低いと、後々どうにもならない事態に陥ってしまう可能性があります。永代供養という性格上、確実に存続できる経営であることが必要です。

墓について考えてみても、場所がないというのは大きな問題になってきています。現在では、屋内墓地という考え方も浸透してきました。屋外にすることによって場所の問題が発生しますが、屋内であれば問題はかなり解消することができます。その代わりに、移転される可能性も考慮しておかなければならないことは、よく留意しておきましょう。

永続性を担保するために

永代供養には、必ず費用がかかります。この負担をどうするのかも検討しておかなければなりません。そのためには、いったい何が費用に含まれているのか、実際にどう使われていくのかを確認しておく必要があるでしょう。合同供養などが行われることがありますし、彼岸などの法要に関することもあります。

納骨方法に違いがある点にも注意が必要です。納骨されたまま一定期間過ごす形もありますし、合祀する形式もあります。いつ合祀するのかということでも違いがあるため、事前に確認しておくようにしましょう。納骨堂とは違うため、細かな部分まで確認をしておくべきです。

さまざまなポイントがある永代供養ですが、永続性があるかどうかということが最も重要になってくるのは間違いありません。もしも管理されないようなことが出てくれば、自分が後から手をつけることができないからです。そこで、永代供養を行う管理会社だけではなく、霊園などを手掛けている企業を入れるという方法が考えられます。この方法の場合、売りっぱなしということができなくなります。責任の所在がはっきりしないことも多い墓の問題ですが、サポートしている企業を入れることによって、責任の所在がはっきりします。管理体制と監視体制を敷くことにより、より確実な永続性を持たすことができるでしょう。

墓の継承という問題を考えたとき、現代では難しい部分がたくさんあります。一体どこまで管理していかなければならないのか、結婚した時にどこまで面倒を見なければいけないのかなど、挙げればきりがないほどの問題があるでしょう。どこかで区切りをつけなければならないとしても、その責任の重さゆえに、あやふやにされてきた部分もあるはずです。

永代供養なら、神奈川県でもこうした問題に区切りをつけることができます。自分の代ではっきりとさせてしまうことで、子供の代まで責任を負わせることもなくなります。人口の多い神奈川県だからこそ、こうした問題もよく考え、取り組んでいかなければならないと言えるでしょう。

横浜の霊園一覧はコチラ
霊園・お墓の開発コンサルタント鳳友産業TOP

関連キーワード

関連記事