永代供養について考えよう

永代供養について考えよう

永代供養とは

永代供養という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。しかし、聞いたことはあっても何のことかは分からない方が多いです。そこでここではそもそも永代供養とは何かについて述べます。永代供養とは簡潔に説明するとお墓参りをすることができない方に代わって、あるいはお墓参りをしてくれる人がいない場合でも、代行してお寺などが責任をもって永代に渡って供養と管理をしてくれるお墓のことを言います。また、一般的に他の人と一緒のお墓、あるいは同じ納骨室に安置されることから合祀墓や合同墓、集合墓など他にも様々な呼び方があります。永代供養について理解した方は、具体的に一般のお墓とは何が違うのかについても知りたい方が多くいるかもしれません。特にどちらか迷っている方のためにもここでは一般のお墓との違いとは何かについても説明します。

まず1つ目は常に綺麗に管理してくれることです。一般的なお墓は基本的に定期的にお墓参りに来て掃除などもしなければなりません。なぜ掃除をしなければならないのかというと、代わりに誰も管理をしてくれないからです。しかし、永代供養墓の場合は代わりに管理を行ってくれるので、常に綺麗な状態を保つことができます。

また2つ目は墓石代がかからないというのも一般のお墓との違いです。一般的なお墓に比べると基本的に墓石代や霊園使用料は安くなることがあります。例えば墓石に関しては安いものでも10万円以上はしますし、高いものだと100万円以上はします。料金はそれぞれ異なりますが、こういった料金が発生することはありません。例えばお墓は建てたいけど余裕がないという方は永代供養墓について検討するといいでしょう。

3つ目の違いは宗旨宗派について考える必要がないことです。一般的なお墓は宗旨宗派が限定されているところも存在しています。限定されるとその霊園に入ることができない人もいますが、永代供養墓の場合は宗旨宗派が問われないことがほとんどです。宗旨宗派にこだわる必要がないというのも魅力的な部分です。このように、違いについても説明をしましたが、特に近年では人気を集めているタイプになるので、例えばなかなかお墓参りに行くことができないという人や、管理ができないという方は検討した方がいいでしょう。

永代供養墓を選ぶときのポイントについて

これからお墓について検討される方も多いかと思いますが、特に永代供養墓を検討している方は選ぶときに悩むこともあるのではないでしょうか。選ぶときにはチェック項目がいくつかあります。大切なポイントをチェックしながら決めるのは重要なので、ここではどんなポイントを見て選択すればいいのかについて説明します。

まず1つ目は公園墓地にあるか寺院の境内にあるかをチェックしましょう。一般的なお墓では例えば宗旨宗派が制限されていて公園墓地などを利用することができないところもあるので、申し込む際に確認をしなければなりません。それに比べると永代供養の場合は宗旨宗派不問のところが多く、気軽に申し込むことはできますが、中には制限がされているところもあるので、自分の希望する霊園に制限がかかっていないかなどをチェックしてから選ぶといいでしょう。

2つ目は経営主体の信頼性をチェックすることです。永代に管理してくれるからと言っても安心して任せるためには経営主体の信頼性が重要です。経営状態があまりよくなければ安心して管理を任せることができないので、事前に経営主体はしっかりとしているのかはチェックしておいた方がいいでしょう。その他にも3つ目は屋内か屋外かもチェックしましょう。例えば屋内の場合は建物のメンテナンスが必要になるので、それによって建て替えや移動などが考えられます。それに比べて屋外はメンテナンスの頻度は少ないですし、建て替えなどがされることは滅多にないので安心です。どちらかを選ぶといいのかは重要なのでメリットやデメリットなどを見ながら選ぶといいです。

こんな悩みを抱えている方は業者に相談しよう

お墓のことやこれからのことで悩みを抱えている方もいるかと思いますが、悩みの内容によっては永代供養墓を検討した方がいいので、ここではよくある悩みについて説明します。

まず1つ目はお墓の承継者がいないことです。こういった悩みを持っている方は多く、特に近年では子供と一緒に同居している家庭は少なく、別々で暮らすスタイルが多いです。こうなるとお墓の管理をする承継者がおらず、困っている人もいるでしょう。こういった場合にはいくつか方法がありますが、永代供養墓を選択すると問題は解決されます。

また、2つ目は自分の死後に親族に迷惑をかけたくないという悩みを持っている方も多いです。この悩みに関しても永代供養墓を選択すれば、親族が管理する必要もなくなるので、迷惑をかける可能性が少なくなります。このように、ここで説明した悩みを抱えているという方は解決方法があるので、困っている方は業者に相談をするといいでしょう。

関連キーワード

関連記事