永代供養のある霊園をさがすにはどのようにすればいいのか

永代供養のある霊園をさがすにはどのようにすればいいのか

お墓の管理は次世代の仕事

先祖代々のお墓の管理はどんどん次世代に引き継がれていくのが一般的なことでした。お寺の中にお墓を持っている家庭はそのお寺の檀家として、お墓の管理をお寺と共同で行っていくことが義務付けられていました。それが当たり前のことであり、それが出来ない場合には、無縁仏の扱いになってしまうことも考えられます。お墓の管理料が大きな負担になって、無縁仏になってしまう場合と子孫がいなくてお墓の管理者がいない場合の2通りの場合が考えられますが、現在では、安価ではないお布施としての管理料を払う習慣もすたれてきて、昔ながらの檀家制度が大きくすたれるようになってきています。

また、地方から東京などに出てきてお墓を東京につくるような場合には新たにお墓の場所を探さないといけませんが、東京は地価が高いので、簡単にお墓を手に入れることが出来ない場合もしばしばあります。このような状況に対応すべく最近では、バリエーションに富んだお墓のスタイルが確立されるようになっています。それぞれの予算規模に合わせたお墓が用意されるようになっています。もちろん立派な規模のお墓である場合には、それなりの管理料も必要になりますが、小規模のお墓であれば管理料の負担もそれほどではありません。また、立派なお墓はお手入れも大変で、こまめにお手入れをしなくてはなりませんが、小規模のものであればそれほど手間と費用を掛けなくても済むようになっています。

お寺による檀家システムが過去のものになりつつある昨今、新しいタイプの霊園が今後も多く出現してくることが予想されます。あの世に旅立つ前に、自分の理想とする方法で後世に負担をかけることなくお墓を選ぶことが可能な時代になってきているのです。

永代供養は次世代への負担軽減

霊園を選ぶ際に永代供養の有無は少子化の進むわが国にとって大きな意味をもってきます。すなわち、昔であれば子供がたくさんいましたので、一人の親のお墓を複数の子供が管理していくことができますので、分担すればそれほど大きな負担にならないものですが、近年では子供の数が減ってきていますので、親のお墓の管理を簡易化する考え方が増えてきています。お世話になった親のお墓ですから、子供からすればきちんと管理したいと思うでしょうが、霊園から離れて生活しているような場合には、物理的にも管理が難しいこともしばしばあります。お墓が汚れてしまったり雑草が生い茂ったりしているのは良い風景とは言えません。

また、管理料が払いきれないというような場合も出てきてしまい、そうなるとお寺の方もお墓の対応に苦慮することになってしまいます。そのような問題を解決してくれるのが永代供養です。永代供養ではあらかじめすべての管理料を親が霊園に支払ってしまうので、子供は管理料を後から支払う必要は全くありません。定期的にお墓参りに来るだけで用が足りることになります。場合によっては、お墓の周囲の掃除なども管理会社にすべて親の代で依頼してしまうことも可能となります。

子供がいない夫婦などの場合に、自分たちの死後のお墓の管理が心配になるというケースも考えられますが、永代供養のシステムを導入している霊園であれば、そのような心配からも解放されることになります。気になる費用ですが、永代供養の費用はそれほど高額にはならないことが多いので実際に霊園に問い合わせてみるといいでしょう。

トラブル防止のために

お墓の問題はいろいろなトラブルを発生する可能性を秘めています。一般のお墓の場合には、毎年のように管理料を請求されることがほとんどになります。また、お寺によっては檀家としての法事を全て義務付けている場合も多いのです。お墓の管理をスタートして初めて管理料の存在を知って驚くような場合も多くなります。さらには法事の際にお寺に提供するお布施も高額な場合もありますので、お墓を購入する際には長期的にどのくらいの費用が必要になってくるのかをしっかりと把握しておくといいでしょう。さもないと、管理料やお布施が払いきれないという困った状態に陥ってしまいます。

管理料やお布施が納められないと、無縁仏の扱いになってしまいますので注意が必要になります。また、近年人気の永代供養ですが、あらかじめシステムを把握しておかないと永遠に管理料が不要という訳にはいかない場合も多くあります。たとえば十三回忌までは管理料が不要だが、それ以降は管理料が必要であり、払えない場合には無縁仏になってしまうようなこともありえますので、契約をする際にきちんと条件を把握しておくことが肝要です。

また、お墓の契約をしてしまって管理料やお布施が払えないので、他のお墓に移したいと考えた場合も、それまでのお墓について費用が発生することがあるので注意が必要です。墓じまいにかかる費用も非常に高額となることがあるので、それも含めて契約の際には管理などのポイントをしっかり把握しておくといいでしょう。お墓の購入はその時だけのことではなく長年にわたって費用が発生するものであることを知っておかなくてはなりません。さらには、費用を負担するのは自分たちではなく子供や孫の世代であることも知っておくといいでしょう。

関連キーワード

関連記事